いちごみるく

おとなの事情のいちごみるくのネタバレレビュー・内容・結末

おとなの事情(2016年製作の映画)
3.0

このレビューはネタバレを含みます

最初は、携帯を見せ合いして、人の秘密を暴露させようとする、という設定に、何でわざわざそんな事を、いいことは一つも起こらないのに、、、。
と、そもそものストーリーの始まりに面白みを感じなかった。
見ていくと、想像以上の数々の秘密の暴露の嵐。
そして、他人のそれを知った時、
自分にとって不利益が生じた時、自分の本性が暴かれることになり、関係は破綻する。
人間の本質を描いた作品なのか?
私は、カミングアウトというのは、自分の意思でするものだと思う。
秘密を暴露すると人間はこうなる、的なことを描きたかったのかもしれないけど、浮気の発覚と、セクシャルな差別が関わることのカミングアウトを同列の秘密と扱って欲しくない。
最後のシーンの、何事もなかったかのようにそれぞれの生活に戻っていくシーンは、最初は全然わからなかったけど、
月食の闇と心の闇をかけて、もしお互いが秘密を暴露しあったらどうなるのか、という物語という解釈で納得がいった。
秘密の一つや二つ、誰もが持っているだろ。
みんなが秘密を持っていることで現実の生活はうまく回っているんだから、あえてばらさないことの大切さを描いた、ということでの、「おとなの事情」ということだったのかな、と私は思った。