キットカットガール

おとなの事情のキットカットガールのレビュー・感想・評価

おとなの事情(2016年製作の映画)
3.8
最初はあまり面白くないと思ったが、後半の追い上げが個人的に衝撃的で中々面白かった。

誰でも秘密があるのが当たり前で、それを隠すことは罪ではない。正当な理由があるから隠してしまう。だから、秘密があることは人間的な要素であり、ある意味魅力かもしれない。