m

おとなの事情のmのレビュー・感想・評価

おとなの事情(2016年製作の映画)
2.5
発想は良かったんだけど・・・明らかに話の展開や言いたい事の為に登場人物が駒になっていて、行動にリアリティが無い。そこでもう失望する。

全体を貫く軸としてゲームの言い出しっぺの強い動機を作っておくべきだったのと(酔った勢いっつったってこんな自分にもリスキーな事やらないでしょ)、登場人物に感情移入させる気が無いのだから映画としての『面白さ』をどうやって作るか策を講じるべきだったと思う(具体的に言うとブラックコメディの方向に明確に行くべきだった)。

部屋を出てからのラスト、監督や脚本家の意図は分かるけど、性急過ぎるし極端過ぎる。