おとなの事情の作品情報・感想・評価

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価

ruru66

ruru66の感想・評価

3.5
結構笑えた。白黒つけて解決しない灰色を抱えて夫婦は続くのか、、、なぜか無力感に襲われる。

このレビューはネタバレを含みます

人の不幸は蜜の味っていうけどこの映画もそうだった。
2人の間で秘密は無しにしようって言ってたやつが色々秘密抱えててサイコーでした。
はち

はちの感想・評価

4.0
短いけど会話のテンポがいい。
医者の人はいい人だったのになあ...
Aix

Aixの感想・評価

3.8
つまらなそうだなと思っていたら全然そんなことなかった!というかかなり面白い!!タイトル通り「おとなの事情」を突いたブラックコメディ。

まず、いい年した大人たちが、携帯にメールが来たら読み上げるゲームを開始するっていうのが面白い!「あんたらは刺激を求める大学生か!」と心の中でツッコミましたよ(笑)
そんなゲームで浮気等が一気にバレるのだが、イタリア人からすればその程度の秘密は"おとなの事情"で隠し通したり、知っていても気づいてないふりをするのかもしれない。

そもそもイタリアでは、1970年まで"離婚"というシステムそのものが存在せず、夫婦間で隠し事がある自体、一般的だったんだろう。
今現在、離婚は認められているものの、手続きが非常に面倒で成立するまでに3年近くかかるとか。

「おとなの事情」のラストも、そういう融通が効かないところを表しているんじゃないだろうか?
どちらにせよ、イタリアのアカデミーと言われるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞を取ったくらいなんだし、それなりに共感を得られるストーリーなんだろう。
papico

papicoの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

初見で結末を勘違いしてました。

ゲームであんなに悲惨な状態になったはずなのに、どの人物もまるで何事もなかったかのように振舞って懐に収め、日常に戻れるの??と釈然としなかったので見返しました。

以下メモとして。


まず、
パオロ・ジェノヴェーゼ監督の
来日インタビューより抜粋

「実際にあのゲームが行われたならどうなるかを描きたかった。でも実際には誰もあんなゲームはしないし、秘密は隠されたままに終わる。映画は実際には何が起きたのかを見せて終わる。それぞれのカップルはお互いを知っていると思い込んでいつも通りに秘密を抱えたまま帰路につく。」


上記インタビューと
本編ラストを見返して、
ようやく実際にはロッコがゲームに反対して行われなかったことが分かりました。

理由としては、月食が終わったシーンのあとに、

・ペッペは自分にだけサッカーの誘いメールが来てないことを知らない。

・コジモがペッペの恋人ルチオをルチッラと呼び、熱が出て来られなかったという設定のままである。

・エヴァがコジモに返したはずのピアスを付けていた。

・コジモのスマホにマリカからメール通知が残ったまま。

・レレのスマホにクレメンティー二嬢からのメールが新着のまま。

…などなど、よくよく見てみるとそれを示唆している台詞やシーンが
たくさんありました。
(なぜ勘違いしてしまったのだろう…)


なんだ、月食の間に起こった夢オチか…と思わなくはないですが、


最後の最後での
ペッペのエクササイズシーンは、
スマホに翻弄されているメタファーとして分かりやすく映画全体のまとめとして秀逸でした。



以上、私のように勘違いしてしまった方のためにメモでした。
微妙かと思っていたら、あらめちゃ面白い。
携帯は見ちゃダメ。そう。
KaNa

KaNaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

携帯見せ合うってなるとそーなるよね…
けどこれはゲームやから、旦那が不倫して子ども出来てもゲーム終わったからって許すの?!

帰りも相変わらず、、、名前覚えてないけど、ビアンカ(?)
その人じゃない人見つけて幸せになってほしい!!

唯一和めたのがペッペの存在
ほんまにどこでもエクササイズするんや笑
道路だろうが関係ない笑
あれ人おる時にしたらどーなるんやろ\(^o^)/

友情も見えるけど、ほぼ負の連鎖…
Kiki

Kikiの感想・評価

3.6
携帯は「ブラックボックス」?!?!

月食の夜‥集まった7人の友人夫婦
全員がスマホをテーブルの上に置き、かかってきた電話はスピーカーにし、メッセージも見せ合うという残酷コメディ
ゲームのせいで夕食は大惨事に・・・

テーマは"身近な人のことをどれだけ知っているのか?"→実は互いをよく知らないのだ!
容赦なく全員のプライバシーが丸裸になる(えぐ)

イタリアっぽさ全開で男女の秘密が交錯していく面白さがある。イタリアのアカデミー賞の作品賞・脚本賞受賞作品。さすがに練られた展開!
自分から手放す覚悟がないとこんなゲームは居心地悪い


マルコ・ジャリーニが娘からの電話に応えるシーンは誰もが、ここだけええ話やなぁって思ったでしょう…。しかし、この奥さんのピ○スに1番驚いた‼︎

サクッと96分はおさまりがいい
これ以上長いと身が持ちませぬw
>|