おとなの事情の作品情報・感想・評価

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価

7人の友人夫婦が集まった食事会。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人にディナーをキャンセルされたぺぺ。他愛もない話の中から、参加者の一人、エヴァの提案で、かかってきた電話やメッセージをディナーの間、皆にオープンにすることに。女性陣に詰め寄られ男性陣も渋々応じ、テーブルに7台のスマホが出揃うのだが。。イタリアのアカデミー賞で作品賞・脚本賞を受賞したコメディ。監督は本作日本初公開になるパオロ・ジェノベーゼ。アメリカ・トライベッカ国際映画祭脚本賞、ノルウェー国際映画祭観客賞などの世界でも各賞を受賞しています。

日本人にとっても、世界中の人々にとっても、身につけるツールとなっているスマートフォン。携帯電話と呼んでいる時代は、電話やせいぜいメールを使う端末というイメージでしたが、今ではカメラで写真やムービーを撮り、ゲームで楽しみ、SNSで情報を発信し、オフィスソフトで仕事をするなどなど、PCと同じというか、PC以上に現代人にとって身近なツールになっているかと思います。でも、こうしたマルチメディアツールであるからこそ、人には見せることができない超プライベートな情報も溢れること然り(笑)。愛する息子・娘、ペットの写真くらいなら可愛いものの、、アダルト系のアプリであったり、家族や友人には知らせてないSNSの裏アカウントであったり、愛人からのメッセージであったりと、人に知られたくない情報も含まれて当然。それでも何でしょう。人は潔白であることを良しというというか、自分がそんな不純なことをしていないという虚勢を張ってしまう。そのことによって発生してしまう悲劇を面白おかしく描いていきます。

イタリア映画って、本当に凄いなと思わせられる人情劇が年に1作は遭遇するのですが、今年はコレでしょう。基本的に、ロッコとエヴァの家で行われるアパートでの夕食会という閉空間で展開されるのですが、これほど人の心理をうまくえぐるような展開を考えるのがまず凄い。とはいいながらも、人間関係が崩壊してしまうようなドロドロな展開にならないと一歩手前のところで止めているのがいいと思います。それぞれのキャラクターが魅せる様々な表情にクスクス、ゲラゲラ笑えるように作ってあるのもさじ加減が絶妙ながらも、様々な人間関係の問題を織り交ぜて考えさせる作品にもなっているのです。

と、全般的に快作と思えるデキなのですが、ラストのオチのつけ方が若干セコいと僕は思ってしまいました。まぁ、ここまでドロドロにしてしまって収集がつかなくなってしまった分、締め方としては分からなくはないんですけどね。。それでも濃密な96分間を楽しめるオススメ作品です。
熱海

熱海の感想・評価

3.4
イタリア映画ということでご飯がめちゃくちゃ美味しそうだった。知る覚悟が出来てないのに他人の携帯なんて見るもんじゃないですよ!!
coma

comaの感想・評価

3.9
どろどろ。でも、この日、バレなかった秘密の方が怖いのでは…
携帯はなんでも知ってるって…ホラー

やはり人の携帯は勝手に見てはいけないし、見せるものでもない

ラストはどっちの意味かわからなかったから調べる
sonozy

sonozyの感想・評価

4.0
2016年イタリア映画。
イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で作品賞と脚本賞のW受賞。

友人の家の夕食会に集まった7人の親友たちが、それぞれの携帯電話にかかって来たメッセージを共有するというゲームを始めちゃうというシチュエーション・ドラマ。
“個人の情報をすべて抱え込んだブラックボックス”である携帯電話を通じて、それぞれの秘密が暴かれていく・・・

脚本が素晴らしく楽しめましたが、これは絶対参加したくないゲームですね〜。(ヤバい隠し事はないですが..笑; )
各自の携帯電話を机に置き、かかってきた電話はスピーカーホンで共有して、メッセージは見せるor読み上げるorSiriに読ませるんですよ!

新婚カップルのコジモとビアンカ、倦怠期の夫婦レレとカルロッタ、思春期の娘との確執を抱えているエヴァとそんな妻と娘の間に板挟みに合って悩むロッコ、そして最近“彼女ができた”が、ひとりでやってきたバツイチのペッペという7人。

疑惑、不安、怒り、呆れ、悲しみ、批判、嫌悪・・・7人の感情が露わになり、親友の信頼・友情はどうなるのか?

しかし、新婚カップルの夫コジモのサイテー野郎ぶり!

ラストも秀逸でした。

このレビューはネタバレを含みます

「月食があってもまた満月になる。」ところから難を乗り越えるストーリーならまだしも、もしもチックな終わり方はないわ。
ほぼワンシチュエーションの会話劇。会話劇はかなりキャストに左右されるけどなかなか見事な配役でした。『神様の思し召し』のマルコ・ジャニーニ以外のキャストは初見だったけど。
コメディ→シリアスへと展開していく中で序盤の伏線を後半どんどん回収していくところが素晴らしい。途中の初体験を迎える娘への父の言葉はヒューマンドラマ。いろいろな映画の要素が詰まった作品。そして「これどうやって話をおさめるのかなぁ」と心配していたら、なるほどの終わり方。ここも序盤から張っていた“月食”という伏線(メタファー?)を使ってくる。月が蝕まれる月食は浮世を離れる“非日常”の時間だからね。
友達にも薦めたい良作でした!
tachinoumi

tachinoumiの感想・評価

4.3
めっちゃおもしろかった!

登場人物ほとんどゲスやったけど

ビアンカの秘密はペッペやったんでしょうかね

最後、終わり方が良かった

人には大なり小なり秘密はあるものですね

秘密はなくても、誤解されてしまうようなことはあるのかも

そんな秘密を握り潰して気付かないふりして生きているのですね笑

わたしもスマホは見せたくないな。

うん、良かった
いつみ

いつみの感想・評価

4.0
脚本面白いなぁー。

携帯見せ合うゲームなんて絶対やったらいかんやつです。笑
なんでもないやりとりでも疑ってしまうやろし。

これ、どう収拾つけるんやろって思ったけど、別のバージョンで締めてくれるなんて素晴らしいなぁ。

秘密は秘密であり続けるとあんな風に幸せでいられるのに、、。
でもそれって所詮本物ではない訳だけど、本物に見え続けるなら本人からしたら紛れも無い本物な訳で、、。

携帯はなんでも知ってる。
携帯というパンドラの箱を開けてしまった時、いったいどれだけのカップルが同じ関係でいられるんだろ。笑

私があの場にいたら自分は変なメールや連絡の来たりする事ないので、好奇心に負けて彼女達とおんなじように悪ノリしちゃうかも。笑
>|