おとなの事情の作品情報・感想・評価

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価

7人の友人夫婦が集まった食事会。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人にディナーをキャンセルされたぺぺ。他愛もない話の中から、参加者の一人、エヴァの提案で、かかってきた電話やメッセージをディナーの間、皆にオープンにすることに。女性陣に詰め寄られ男性陣も渋々応じ、テーブルに7台のスマホが出揃うのだが。。イタリアのアカデミー賞で作品賞・脚本賞を受賞したコメディ。監督は本作日本初公開になるパオロ・ジェノベーゼ。アメリカ・トライベッカ国際映画祭脚本賞、ノルウェー国際映画祭観客賞などの世界でも各賞を受賞しています。

日本人にとっても、世界中の人々にとっても、身につけるツールとなっているスマートフォン。携帯電話と呼んでいる時代は、電話やせいぜいメールを使う端末というイメージでしたが、今ではカメラで写真やムービーを撮り、ゲームで楽しみ、SNSで情報を発信し、オフィスソフトで仕事をするなどなど、PCと同じというか、PC以上に現代人にとって身近なツールになっているかと思います。でも、こうしたマルチメディアツールであるからこそ、人には見せることができない超プライベートな情報も溢れること然り(笑)。愛する息子・娘、ペットの写真くらいなら可愛いものの、、アダルト系のアプリであったり、家族や友人には知らせてないSNSの裏アカウントであったり、愛人からのメッセージであったりと、人に知られたくない情報も含まれて当然。それでも何でしょう。人は潔白であることを良しというというか、自分がそんな不純なことをしていないという虚勢を張ってしまう。そのことによって発生してしまう悲劇を面白おかしく描いていきます。

イタリア映画って、本当に凄いなと思わせられる人情劇が年に1作は遭遇するのですが、今年はコレでしょう。基本的に、ロッコとエヴァの家で行われるアパートでの夕食会という閉空間で展開されるのですが、これほど人の心理をうまくえぐるような展開を考えるのがまず凄い。とはいいながらも、人間関係が崩壊してしまうようなドロドロな展開にならないと一歩手前のところで止めているのがいいと思います。それぞれのキャラクターが魅せる様々な表情にクスクス、ゲラゲラ笑えるように作ってあるのもさじ加減が絶妙ながらも、様々な人間関係の問題を織り交ぜて考えさせる作品にもなっているのです。

と、全般的に快作と思えるデキなのですが、ラストのオチのつけ方が若干セコいと僕は思ってしまいました。まぁ、ここまでドロドロにしてしまって収集がつかなくなってしまった分、締め方としては分からなくはないんですけどね。。それでも濃密な96分間を楽しめるオススメ作品です。
misora

misoraの感想・評価

3.7
携帯は生活のすべてが記録されたブラックボックスよ。
互いの携帯を見ても別れずにいられるかしら?

月蝕を見に友人宅に集まった男女7人によって繰り広げられる会話劇。
自分の携帯を卓上に置き、届いたメッセージはすべて読み上げ、かかってきた電話はスピーカーフォンで対応。
なんの気なしに始められたこのゲームによって、夫婦、友人たちのあいだの秘密が明らかになってゆく、、


男女関係をややこしくする1つの大きな原因だと思うんですよ、携帯。
もうあらすじ読んだだけで修羅場が目に見えていますよね(おもしろそう!)。

シリアスなのに清々しいイタリア産ブラックコメディ。


【どっちが幸せ?】
2つのタイプに別れますかね。知らないでいるよりは知ったほうがマシ派と、心穏やかでいたいから知りたくない派。
そもそも問いが間違っていて、知られると相手を傷つけてしまうようなことをするなよ〜とは思うのですが
どうやって収拾つけるんだ?と思いながら見てたんだけど…

オチが秀逸、ラストカットも最高。

恋人とは見ちゃダメ。
nagi

nagiの感想・評価

3.6

オトナ って 大変ね
Rucola

Rucolaの感想・評価

3.7
Filmarksの評価もまあまあ高いのと、イタリア映画ってほぼ見たことなかったのもあって見てみました。

携帯電話...この中にはその人の全てが入っているという考えのもとに展開されるお話です。
ほぼ食卓を囲むシーンで登場人物の会話中心で進むのですが、ずっとそんな調子で大丈夫かな...と若干不安になりました。
でも、物語が進むにつれてそんなのは気にならなくなり、結果かなり面白く見ることが出来ました!
食事シーンは美味しそう。ワインとお料理、でも会話はホラー(笑)

内容はあれこれ書くとネタバレになるので控えますが、時間も短めでテンポ良くさらーっと見れるので良いと思います。
一緒に見る相手は...慎重にお選びください。(笑)
表の顔はみんな仲良し。しかし携帯の中にある裏の顔の秘密とは…。

イタリア映画です。会話がオシャレでテンポも良く飽きずに観れました。伏線回収もうまいです。秘密ごとがバレて修羅場になりますが、かなり笑えました。最終的には笑えないとこまで行き着きますが…。

まぁ友達や夫婦といっても他人は他人ですからね。みんないろんな顔がある。

ラストは少し謎でしたが、なかなかの秀作です。一人で観たほうがいいかも…。
minAmi

minAmiの感想・評価

4.0
こっわ!!!最低最悪最高の入りまじり
女が一番怖いね。楽しかった♡
shoma

shomaの感想・評価

3.8
面白いけどラストが謎
最後の最後に視聴者だけに明かされる別の不倫も劇中の伏線を回収してて面白い
kana

kanaの感想・評価

3.7
携帯はブラックボックス
遊びに使っちゃいけない

このレビューはネタバレを含みます

イタリア語の授業で鑑賞。
友人達で開いた月食鑑賞の席で、「互いの携帯に届いたメールや電話を公開し合う」というゲームを行う。隠し事などないと豪語していた彼らの顔は、新たなメールが届くたびに少しずつ引き攣り、ギスギスとした雰囲気が漂い始める。
いやぁ、えぐいえぐい。主には浮気沙汰段々友人・恋人関係がグチャグチャになっていく様子が生々しいったらありゃしない。まさに月食がもつ狂気の力にあてられたような張り詰めた空気感。映画がおわってそこから解放されたとき、どっと疲れた。
しかし、一から百までドロドロな物語という訳でもない。ところどころに家族愛、恋人への愛情に溢れるシーンがあり、そのどれもが見ていて胸が熱くなるものであった。なんというか、愛ゆえの関心、愛ゆえの心配、拘束欲から、携帯という、現代におけるパンドラの箱に手をかけてしまった…という感じ。
この映画は、一辺倒な崩壊劇ではなく、「愛情」の煩わしい側面と、そして何よりすぐ壊れてしまう脆さを再確認させてくれるように思う。
>|