おとなの事情の作品情報・感想・評価

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.8

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価

7人の友人夫婦が集まった食事会。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人にディナーをキャンセルされたぺぺ。他愛もない話の中から、参加者の一人、エヴァの提案で、かかってきた電話やメッセージをディナーの間、皆にオープンにすることに。女性陣に詰め寄られ男性陣も渋々応じ、テーブルに7台のスマホが出揃うのだが。。イタリアのアカデミー賞で作品賞・脚本賞を受賞したコメディ。監督は本作日本初公開になるパオロ・ジェノベーゼ。アメリカ・トライベッカ国際映画祭脚本賞、ノルウェー国際映画祭観客賞などの世界でも各賞を受賞しています。

日本人にとっても、世界中の人々にとっても、身につけるツールとなっているスマートフォン。携帯電話と呼んでいる時代は、電話やせいぜいメールを使う端末というイメージでしたが、今ではカメラで写真やムービーを撮り、ゲームで楽しみ、SNSで情報を発信し、オフィスソフトで仕事をするなどなど、PCと同じというか、PC以上に現代人にとって身近なツールになっているかと思います。でも、こうしたマルチメディアツールであるからこそ、人には見せることができない超プライベートな情報も溢れること然り(笑)。愛する息子・娘、ペットの写真くらいなら可愛いものの、、アダルト系のアプリであったり、家族や友人には知らせてないSNSの裏アカウントであったり、愛人からのメッセージであったりと、人に知られたくない情報も含まれて当然。それでも何でしょう。人は潔白であることを良しというというか、自分がそんな不純なことをしていないという虚勢を張ってしまう。そのことによって発生してしまう悲劇を面白おかしく描いていきます。

イタリア映画って、本当に凄いなと思わせられる人情劇が年に1作は遭遇するのですが、今年はコレでしょう。基本的に、ロッコとエヴァの家で行われるアパートでの夕食会という閉空間で展開されるのですが、これほど人の心理をうまくえぐるような展開を考えるのがまず凄い。とはいいながらも、人間関係が崩壊してしまうようなドロドロな展開にならないと一歩手前のところで止めているのがいいと思います。それぞれのキャラクターが魅せる様々な表情にクスクス、ゲラゲラ笑えるように作ってあるのもさじ加減が絶妙ながらも、様々な人間関係の問題を織り交ぜて考えさせる作品にもなっているのです。

と、全般的に快作と思えるデキなのですが、ラストのオチのつけ方が若干セコいと僕は思ってしまいました。まぁ、ここまでドロドロにしてしまって収集がつかなくなってしまった分、締め方としては分からなくはないんですけどね。。それでも濃密な96分間を楽しめるオススメ作品です。
mazda

mazdaの感想・評価

4.0
いい大人が7人もそろって夕食会中に、スマホを見せ合いっこしようというゲームによって繰り広げられる会話劇を描くイタリア映画。
美味しそうな料理が並ぶテーブルにはそれぞれのスマホも並べられ、メッセージがきたらみんなで開き、電話ならスピーカーで話すというとても中年の大人がやるようなゲームではないのだが、これが倦怠期のマンネリ夫婦や、些細な家族間トラブルを抱えた中年夫婦だからこその面白みがある。

とくに人に言えない秘密がなかったとしても、誰かにケイタイを見られるというのは抵抗がある。家族に送るはずのLINEを友達とのグループラインに誤って送った時とか、別に見られちゃまずい内容じゃなくても無性に恥ずかしくなった覚えがある。学生の時に、ファーストフード店で友達とダベダベしながら財布の中身を全部ひっくり返して、レシートやらポイントカードの整理をするという謎の遊びが流行っていたけど、やっぱりその時もどんなものを買ったかというのを見られそれを話題にされると何故か恥ずかしいきもちになった。

相手によって自分を見せられる範囲が違う。どんなに心を許してるといっても家族には見せられない顔があったり、恋人には言えないことがあったり、友達によって変えてる自分がいたりするもの。口調も表情も態度も、生活のあらゆる場面で無意識的に自分を表現することに制限をかけてる。本当の自分というのは自分しか知らない。
そんな自分しか知らない多くの情報が一番つまってるのがケイタイだろう。鍵がかけれるからなおさら、鍵をあけたその先というのは自分をみせることの制限がゆるくなっている。

あらすじだけ聞くととても面白そうなのだが、そのあらすじから十分、この先何が起きるのかは想像できてしまうから、どんな風にこの映画を締めくくるのか、私には最後までわからなかった。そしてわかっていた展開でも、どんどんシリアスな空気のただようディナー、笑顔の引きつっている何人か、画面にうつらないはずの冷や汗もなんだか見えてしまって、わかっていてもバレるバレるとこっちがヒヤヒヤして、最終的には笑えなくなってくる。アングルなのか構成なのか、まるで自分も夕食会にいる一人のような感覚を得るから、順番に回ってくるようなジリジリと追い詰められるようなドキドキを得られる。
そんな緊迫感をまとめきった結末は予想していなかった展開で、おもわずそういうことか、すごい、、!と言ってしまうような、この作品の見せ方とその脚本の出来にちょっと感動した。別に何か特別目新しいことをした脚本とかじゃないのだが、最初の会話劇にしっかり引き込まれてしまうとラストの展開には十分な驚きが待っている。

結果的にもおそらく一番まともでたったろう医者のロッコが7人の中で一番好きだった。彼氏と初めての夜を迎える娘にかける言葉はなんて優しいお父さんなんだろうときゅんとくる。日本よりもこういうのがオープンな文化っていうのもあるけど、普通自分の子供の性事情に優しくアドバイスなんてできないだろう。女の子なら誰でも憧れそうな父親像。
かなり偏った偏見だけどイタリアはチャラ男大国ってイメージがあったから、浮気とかがあってもそんな深刻なことにはならないイメージがあった。逆に言えばイタリアだからこそ、こんなでてくるか?っていうくらい男女問題がでてくるのかも?笑 ほとんど勢い任せでスピーディーに繰り広げられる会話劇はイタリアらしさが溢れていて、好き嫌いの別れる映画だろうけどこの会話がツボにはいればそれなりに楽しめるだろう。
自分がこの中の関係者だったら絶対嫌だけど、映画としてみる分には楽しい。人の修羅場も聞いてるぶんには面白いネタだし、人ごとだから笑えちゃうけど、こんなの本当にあったらたまったもんじゃないですね。絶対やりたくない。笑
YUKI

YUKIの感想・評価

3.5
くっそおしゃれな恋の渦?
NNen

NNenの感想・評価

3.4
こんなにぽんぽん秘密ってケータイから出てくるもん?笑
まあそうじゃなかったら誰もパスコードとかいらないのかな
ペコ

ペコの感想・評価

3.4
ブラックジョーク満載のイタリアらしい映画。舞台劇のような内容で話はどんどん進んでいくんだけどラストのオチが面白いから見逃さないように…
スマホ解放ゲームなんて絶対にやめましょう(笑)
ワンシチュエーション大人の会話劇。ときどきシュールがすぎて笑えない。修羅場の連続で段々笑えなくなって来る。
mikinko

mikinkoの感想・評価

3.0
2017.09.20
QHEY

QHEYの感想・評価

4.0
別に僕は何もないので全然参加できますけどね…。みんながやりたくないならやめときましょう
eman

emanの感想・評価

3.7
こういう映画好きです
会話劇、おとなのケンカ好きな人にオススメ
ブラックユーモアな映画ですが、笑えない場面も多々あり
ブラックコメディというか
ワンシチュエーションコメディかな
イタリアらしい会話劇です

これは終始飽きなかった
すごい映画でした
ある意味おそろしいw
着信音が鳴る度にドキドキ!
どんな内容かな?
思わずみんなの会話にのめり込んでしまいました
会話劇でこんなに短く感じた映画はめったにないです

しかし、これはやっちゃいけないゲームかもしれない
今や誰もが持つスマホ
そこには自分のプライバシーの全てが入ってると言っても過言ではないです
まさにブラックボックスです
私も他人の携帯を無許可で見たことはないし
今まで彼女の携帯を、彼女がいないうちにコッソリ勝手に見たことはないです
私は知らない事は知らない方がいいという考え
下手に見ると深く考えてしまうし、怖い

しかしラストは衝撃というか謎です
観終わって私は2つのパターンを考えました
書いちゃうとネタバレにはなるからやめときますが
たぶんどっちかだと思います

見事な脚本でした
結構ドキドキしながらも笑える所もあったかな
そのバランスが良かったです

超おすすめ映画ですが
結婚されてる方や恋人がいる方は
1人で観る事をおすすめします
気まずくなったり
後でこっそり見られたり
あなたもしくは君はどうなの?
とか言われるかもですよ
>|