おとなの事情の作品情報・感想・評価

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

3.5
めっちゃ見たかったやつ。

イタリア人やからよーしゃべるわ。
月食で皆が狂気に憑かれ、携帯オープンゲームしてしまい、まぁややこしいことになりますわ。

ま、ても月食終わったら皆もと通りでめでたしめでたし、なんですかね?

なんやねん❢と突っ込みましょう。ホストファミリーの奥さん、やさぐれたナタリー・ポートマンみたいで良かったっす。豊胸せんでも。

娘へのアドバイスも良かったっす。自分には言えませんけど。
Sadao

Sadaoの感想・評価

-
記録‼️
わちゃ〜やってもうた!

こんなゲームしたら、そら修羅場になるわな、、。

これは面白い、、人ごとやからやけど、、(^^;;

一幕ものの演劇みたい。脚本、上手いなぁ〜よく出来てます。

イタリアやから、これドタバタコメディにするのかと思ったら、そんなことなくって様々な教訓含んだシビアな人間ドラマやった。

誰にも秘密にしておきたいことはある。やましい事なくっても身近な人に知られたくないことはあるよなぁ。その扉を開いてもいいことはない、、(^_^;)

エヴァが一番ゲスいと思うんだけど、、?
サニー

サニーの感想・評価

4.1
かなり笑えた!

お父さんと娘の電話のシーンでの、お父さんの言葉は、本当に素敵でした。
emi

emiの感想・評価

3.0
仲間の集まりでスマホを小道具に思わぬ秘密が次々に暴露されていく密室劇。役者は好演だが、秘密がそれほど意外なものではなくシニカルな笑いを誘うほど可笑しくもない。
まつこ

まつこの感想・評価

3.4
携帯って怖いなって思った。
Sanko

Sankoの感想・評価

3.5
気づいた事。私、会話劇あんまり好きでないみたいです。すごくいい脚本ですが、いやだなぁ〜大人って。みんなこうなの?爽やかに生きたいなぁ〜
まゆみ

まゆみの感想・評価

3.1
知らぬが仏の携帯ゲーム。
終わり方「ん?」ってなったけど、どっちかが妄想でどっちかが現実なんだろうな。
LEONkei

LEONkeiの感想・評価

2.8
と、とてつもなく恐ろしく危険なゲームを始めようとする、男女7人夜物語。

敗者は剣を飲み込み、爪を剥がされ、舌を抜かれ、煮えたぎった熱湯を浴びせさせられる過激で残酷な公開処刑。

と言った内容ではまったくありません、が…

人によってはそれより恐ろしい、スマホの全ての着信(電話・メール・メッセージetc)を全員に公開するというゲームを3組の夫婦+独身男の7人で行うとは正気じゃない。

そもそも何でこんなゲームをやろうと言い出したのか、エヴァよ。

大人には大人の事情があるんです。

念のために言っておきますが、自分は決して後ろめたさはないのでゲームに参加しても構わないのですが…。

しかし友人が隠したいと思っている事実を、無理矢理知る必要はないではないですか。

やはり自分はゲームに参加せず、帰らせていただきます。

楽しいゲームなら喜んで参加しますが、誰にも〝徳〟がないゲームはすべきではない。

人の恥部など隠している秘密を知りたい心理は怖いもの見たさで理解できない事はないですが、真実を知る事が必ずしも良い事とは限らないのです。

その隠しているモノこそ本当の姿だったとしても、人間は複数の面を誰もが持ち合わせているものです。

どちらが本物でどちらが偽物ではなく、光と影の双方あるからこそ人間は面白い。

決して光が善で影が悪と言う訳でもないのです。

途中までは良かったのですが、結末がイマイチ納得がいかないのはイタリア人の気質なのか…

何故だか今回は不思議と敬語になってしまいましたが、決して疾しい事があったり何かを偽っている訳ではありません…。

この映画を観て自然にこうなっただけで、これももう1つの自分の一面なのです..★,

このレビューはネタバレを含みます

近年のイタリア映画についてはあまりいい評判を聞いていないのだけれど、この作品は特にイタリア映画である必要のない、普通によく出来た面白い会話劇だったと思う。イギリスとかアメリカでリメイクしても十分イケそう。
 ただ、話の肝になるゲイに対する反応は、明らかに英米とは異なるのだろう。保守的でマッチョな価値観の強いイタリアらしい。あと、マンマがめんどくさそうなところとかも。
 多分どこかでコッテコテのイタリアらしさを期待してもいたので、その点ちょっと物足りない気はしたが、イタリア人のユニークさより、普遍的な人間性の方が表立って感じられて新鮮だった。
 そこまで典型的イタリア人という感じではない俳優さんたちも、それぞれ個性が際立っていてよかった。ペッぺ役の一見アメリカ人みたいなオタクっぽい俳優さん、特によかった。

イタリアといえば、一般家庭でも超お洒落なお宅の内装が見どころ。この映画でも楽しませてもらった。女子高生のお部屋のキッチュな雰囲気は、万国共通なのかな。冷蔵庫にいろいろくっ付けてるのも日本と一緒だけど、ちゃんと装飾になっているところが違う。

初めの方で?会話にちらっとピンク・フロイドの話が出ててビックリ。イタリアではピンク・フロイドがやたら人気があるそうだ。面白い。

これはあくまでお話のためのお話ですよ、面白いけど、こんなこと実際にやるなんてあり得ませんよ、という意味での最後の展開ではないかと解釈した。
>|