おとなの事情(2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:
  • イタリア
  • / 上映時間:96分
    監督
    Paolo Genovese
    脚本
    Filippo Bologna
    パオロ・コステッラ
    Paolo Genovese
    キャスト
    ジュゼッペ・バッティストン
    アンナ・フォリエッタ
    マルコ・ジャリーニ
    エドアルド・レオ
    ヴァレリオ・マスタンドレア
    アルバ・ロルヴァケル
    カシア・スムートニアック
    あらすじ
    「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

    「おとなの事情」に投稿された感想・レビュー

    shibamike
    shibamikeの感想・レビュー
    3日
    2.5

    このレビューはネタバレを含みます

    結局、ゲームしなかったんかい!
    というオチだったのね。

    ヒゲは巨乳に興味ないと言いながら、巨乳の同僚を妊娠させた、ということでカウンセラーにも巨乳が好きと言っていたのでは。それでカウンセラーは豊胸の決心したんかしら。

    スマホゲームをやろうって言い出したカウンセラーの本当の意図は?
    ヒゲを困らせたかったのか?
    それともヒゲの恋人をやっつけたかったのか?ヒゲ絡みの気がすんだけど、さっぱりわかんねえや。
    木葉
    木葉の感想・レビュー
    3日
    3.5
    面白かった。
    日本でも、舞台や映画にしたら、面白そうな題材だ。
    ケータイは、ブラックボックスであり、自分自身が把握してないことまで知ってると。
    皆が集う食事の場で全員がテーブルの上にケータイを置き、かかってきた電話、送られてきたメールをオープンにするというゲーム。こういう時に限って、変な電話や、メールがかかってくるから、大変だ。
    人生、知らないままの方が幸せなこともあるんだよなぁ。
    秘密を抱え、その秘密が他人に知られた時、どうするか。受け入れられるか、関係を見直すか。
    他人に言えない秘密や、知られたくないことは多分歳を重ねていけばこそ、誰にだってあるだろう。
    親友や、夫婦でも、結局は他人であり、見知らぬ人になりうると教えてくれてる気がする。
    面白かったが、どんな人間関係においても言っていいことと、悪いことがあるし、モラルの問題を、プライバシーの問題をそこまでオープンにしていいものか、いろいろ考えさせられた映画だった。
    たまご
    たまごの感想・レビュー
    4日
    4.3
    Win&Mac:)
    ずん
    ずんの感想・レビュー
    4日
    3.8
    何だか面白いことが始まった
    男も女も本能のまま欲だらけな実態が露わになっていくのにズルいほどにスタイリッシュ 下衆くない
    今までの関係は破綻したかと思いきや外に出れば何とやら
    イタリア風(かぜ)感じました
    shikoku
    shikokuの感想・レビュー
    4日
    3.6

    このレビューはネタバレを含みます

    スマホを使った、いわば「信頼ゲーム」を通じて泥沼化していく人間関係

    疑心暗鬼が疑心暗鬼を呼び、ヒミツがどんどん明かされていく

    部屋を出た瞬間、各々のカップルがパーティ前のノリに戻るのはギョっとした

    フィルム内では唯一「ヒミツ」が出なかった女性

    他の参加者から見てズレたノリをしているシーンがその潔白さを示していた気がする

    特に違和感なく観終わった
    まさみつ
    まさみつの感想・レビュー
    4日
    4.0
    誰の携帯にも秘密が詰まっているのは当たり前の時代。

    みんなに自分に来たメールや電話を公開するゲームをする幼なじみとの4人とその妻計7人(1人は独身男)。

    少しずつみんなの秘密が暴露されて行くよくできた脚本。

    月と携帯が鍵。

    イタリアのホームパーティは食べ物が本当に美味しそう。

    最後をスッキリしたオチにしてほしかったけどワクワクする96分だった。

    43本目
    mpc
    mpcの感想・レビュー
    4日
    3.8
    3組の夫婦と一人の男のハウスパーティーでの群像劇

    それぞれのスマホを机の上に置き、これから来るメールや電話をみんなで共有しようということに

    拷問のようなゲームで色々な暗部や秘密が明るみに

    良くできた脚本だけど、本音はハリウッド映画で見たかったかなあ

    さすがイタリア炭水化物多めのお料理が美味しそうでした!
    Yuka
    Yukaの感想・レビュー
    5日
    3.9
    『他人の不幸は蜜の味』

    単純に面白かった!ん?って最後はなったけどよく考えたら理解できた!

    イタリアの俳優を全く知らない私がマルコが出てるのに気づけたのが嬉しかった!またお父さん役なのね!イイヨ!グラッツェ!
    タダ氏
    タダ氏の感想・レビュー
    6日
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    「ラスト5分、驚きのラスト」的なコピーをつけず、ありきたりな邦題をつけた配給会社えらい。これはやられました。

    所謂ちゃぶ台ひっくり返しオチなんですけど、でも結局それぞれが抱えてる大なり小なりの秘密がifじゃない恐ろしさったらなかった。脚本よくできてるなあ。
    夫婦っていい、愛する人がいるのは素晴らしいって幻想を清々しいまでにぶち壊してくれるサスペンスホラー(だとわたしは思う)。
    面白かったし、怖かった。
    八木
    八木の感想・レビュー
    6日
    4.0
    1シチュエーションの映画なので、見た目があんまり変わらずまったりした感じはどうしても否めなかったです。が、会話だけで少しずつ登場人物たちのキャラクタが浮き上がってきて、7人の小さなサークルに対してわずかなひび割れが致命傷になって、あっという間に居心地悪くなるスリラー感はとても楽しかったです。全体で96分という短さも、画替わりの少なさを考慮されていて、行き届いた印象を受けました。
    「隠し事がなければ携帯電話は誰に見られてもよいはず」という理屈が、あっているようで全く見当違いであることがよくわかります。映画でなくとも、テレビのトークのネタとして、恋愛や親愛についての会話でも挙げられやすいので、改めて考えさせられる題材です。隠し事が仮にない状態があったとしても、いうべきことといわないほうがよいことは両方『事実』として共存が可能なわけで、その辺を調整するのがコミュニケーションということですな。まあ、この映画の場合はあらかじめ破たんが約束されているような秘密がいくつかあるが。
    が、ラストの展開は急だったのであんまり理解が追い付きませんでした。この一夜で明らかになったことはゲームとして割り切れたっていうことでしょうか。原題は「赤の他人」ですので、明らかになった事情については、所詮他人同士の出来事であって、このサークルにおけるつながり自体がとても弱く、どうでもよく、不安定だからこそ復活することも可能で…というような意味なのかな?と帰り道に考えておりました。
    コメディとしていくつかはっきり劇場で爆笑取ってるところもよかったです。コメディの山場は「携帯の交換」てことになるのでしょうが、常にペッペの表情がぼんやり映るカメラの位置が最高でしたね。
    僕にとっては見返したくなるような映画ではなかったですが、見て満足感のあるシャレオツ映画だと思います。出てくる女性はどれもエロくて美しいです。コジモの奥さんのビアンカさん(一番嫌いな女だった)は非常に上地雄輔に似ているので注目してください。