おとなの事情の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価

どんな間柄であれ、プライベートは必要だし言わなくていい秘密もある。
終わり方に救われたけど、ぐっちゃぐちゃでした(笑)
ただ、お父さんが娘に話した内容は、いいなと思って、私も子供にはそう言いたい。
寝落ちしようと思って見たのが失敗。
見終わった後も色々考えさせられて逆に寝れず❗️

幼馴染の男4人がそれぞれパートナーを連れての月食を見ながらのパーティ。

携帯オープンゲームでそれぞれの闇の部分が暴き出されるというもの。

提案したエヴァの腹黒い事。断られへん提案するなよー。

男と女はWindowsとMac
娘へのアドバイスは最高
あんな洒落てて、カッコいい事言ってみたい
ラストもあれでいい
まほに

まほにの感想・評価

3.6
やられた
観終えたら笑えるけど観てる最中は笑えない
むしろ恐ろしい
まさに知らぬが仏
ディナーがイタリアらしくお洒落で素敵でした
Pinkman

Pinkmanの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

「なぜ人は月食に魅かれるの?」
「"狂気"を呼ぶからさ」

危険なゲームを始めた7人の男女。
愚かな大人たちの矛盾した姿。

同族嫌悪?類は友を呼ぶ?
行動には理由がある。誰かの影響も・・


「君のことが心配なんだ」
最後までゲーム反対派のロッコ。
学んだことは避けること。優位に立とうとして争わないこと。譲ることは弱さじゃない。むしろ賢明だ。
ロッコはエヴァの浮気に気づいてた?

女好きの友人にエヴァを紹介したり娘の連絡先を教えちゃう辺りロッコは脇が甘い。
自分から献上してるようなものだ。
そのうちスイスの医師のところで豊胸するかも。
巨乳好きのコジモのために。

犬のフリをしてたコジモ。犬って子供沢山作るからね。

ロッコのカウンセラー役をしてるのはおそらくビアンカ。(元カレの相談役をしてたように)
夕食会でカウンセリングの話をバラしたのもビアンカだし、ロッコが別荘の予約が取れた連絡を受けたとき落ち込んだ表情をした。

カルロッタの10歳の息子、
ブルーノ(Bruno)はイタリア語で『褐色』を意味する。
レレの子ではない可能性が高い。
あの中で一番肌が焼けてたのはコジモだけど、、あの場にいた女性全員と(過去を含め)デキてた可能性は・・

2つの月食、二重の秘密。
皆で写真を撮る時にペッペの後ろにレレが隠れるように移動しペッペの肩を動かないようにガッチリ抑える。皆の背後で月食化する二人。

ペッペに絡むものはいつも2つ。
(持参したワイン・月食・携帯電話・真正面に座るロッコ夫婦)

ペッペは教職を解雇される。
Siriの使い方やアメリカのダイエットアプリを最近覚えた。
携帯の着信音がカエルの鳴き声(=両生類)
(着信音を茶化されたレレは「子供の仕業だろう」という。)
電話の相手ナチオの声は妙に若い。
ペッペの相手は元教え子?
解雇の理由はゲイだけじゃない?
裁判沙汰にならないのは2人共ゲイだから?
(解雇で罪を最小限に抑えた)※あくまで憶測

デート前メイクする娘に怒る時も、
コジモに「最低のクズね。」と唾を吐いた時も鏡にはエヴァの姿が映る。
娘に厳しいのは鏡のように似ているから。

ビアンカがテーブルの上に置いていった回転する指輪は月食の輪のようで、
数秒でパタンと倒れる。

夕食会の修羅場の後、
着替えたはずのロッコが青いシャツのままだったり、エヴァが突き返したはずのピアスを耳から外していたのを見ると、

月食の間に起きた出来事は幻だったようだ。


月食が終わりいつもの満月に。

それぞれの日常に戻り隠してた秘密をいつも通り一人密かに実行してるラストがいい。
shizumi

shizumiの感想・評価

3.6
真実を知ることが幸せとは限らない それはそう だけど 隠された真実をそのままに過ごす日常が果たして幸せなのかと言われればそれも違う

みんなどこかで秘密を知って欲しくて 裁かれたくて でも秘密を暴かないのは 優しさか 受け止める気力も自信もないからか
この映画は観た方がいい。
とても面白いから。
ただし、恋人とは観ない方がいい。
不安になるから。
3組の夫婦と1人の男が、スマホをテーブルの上において、通知をシェアし合う。
こんな恐ろしいゲームがもしも流行ったら困る。だから、あんまり多くの人の目には届かないで欲しい。
でも、めちゃくちゃ面白かった。。
葛藤です。観て欲しいけど、大切な人には観て欲しくないような。笑

この世で、一番信頼できるのは、今やスマホだと思う。
スマホにだけは自分の感情も欲望も全てが露わに剥き出されてる。そのおかげで、他人とのコミュニケーションは円滑になる。そう言う側面もあるのではないか。
「スマホはもはや臓器」と歌ったキュウソネコカミの的確さに舌を巻く。

映画の序盤で登場人物それぞれがなにかを抱えていると言うことを最短で適切に描写し、全員が集合。
そしてこのゲームが始まる。
人間関係の配置が絶妙で、付き合いの長い幼なじみに新参者を配置することで違和感を生じさせている。そこから徐々に、夜が更けていくにつれて、ゲームがどんどん絶望へと導かれる。誰にでも隠し事はある。隠すには理由がある。自分がやる事を反対されるのが嫌だから。怒られるから。揉めるから。今までの関係を壊してしまいかねないから。
そのゲームを始めたシリアルキラーの、秘密。あのシーンが最高にエロかった。一瞬なんだけど。結局、見えないからエロいのだ。

最後のシーン。今のところまだ咀嚼し切れてないけど、あれはあくまでとある月食の日の一夜に行われたゲームに過ぎない、ということなのか。
現実とゲーム。どこまでがリアルなのかがわからない。でも、それは現代人にも置き換えられる。スマホの中の自分と、誰かに接する自分。どちらがリアル?


多分、もう一回見るとまた新たな発見がありそう。
7人の大人がケータイ(スマホ)を見せ合うゲームをはじめる。そもそも設定に無理がある。なぜだ?なぜスマホを見せ合うのだ?なぜ誰もゲームをやめないのだ?スマホは見ちゃダメ。誰にでも秘密はある。オチにがっかり。
candy

candyの感想・評価

4.2
誰にも思い当たる大なり小なりな秘密

それが 携帯によって暴かれていく
そして 壊れていく

ほぼ 会話のみの映画ですが
イタリア人のホームディナー
イタリア人のユーモア会話
イタリア人の洒落感
飽きません

お開きシーンが イタリアン
好きです

愛とは 何か
愛をどう扱うか
愛を どうしたいか


大なり小なり秘密があって壊れやすい

携帯は全てを知っている

その上で
愛を育て愛でたい な

このレビューはネタバレを含みます

仲良し7人(夫婦3組と独身男1人)が月食の夜にケータイを見せ合うゲームをし始めて信頼関係が崩れ家庭も崩壊、、のように見せてなんだパラレルワールドだった?のオチ。ピアスのシーンがないとよくわからなかったよ!!でもなかなか面白かった。
怖い、怖すぎる(∩´﹏`∩)

たかが1,2時間携帯をオープンにしただけで、大人たち7人の現状がドリフもびっくりのハチャメチャ展開に(・∀・;)

私たちはもう、携帯のなかった昭和の時代には戻れないのです。。。

「ダメだこりゃ!!!」←昭和


ホラー((( °ω° ;)))