おとなの事情の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.8

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価

K

Kの感想・評価

3.5
ラスト‼︎ ん??
。。。からの、なるほど。
シノ

シノの感想・評価

3.8
幼馴染みの三組の夫婦と一人の独身男性が食事中に携帯をテーブルに出してメールや電話を全て見せるゲームを始め、秘密にしていた事が携帯によってバラされていきます。

最後はどういう流れで終わると思ったら、予想外の展開でした。

イタリアのアカデミーで作品賞と脚本賞を受賞したのも納得!
shuco

shucoの感想・評価

3.5
結構リアルなんじゃないかなぁ…
携帯はパンドラの箱
登場人物も限られててワンシチュエーション、「おとなのけんか」を彷彿とさせるからこのタイトルにしたのかな。
人の揉め事を楽しく観る映画。
私だったら、やっぱり、全部知れてしあわせな方を選ぶ。

このレビューはネタバレを含みます

3組の夫婦+独身の会話劇。
みんなの前で携帯をオープンにするゲーム!

倫理的にやましいことがなくても、それぞれのコミュニティの中での自分の顔は様々なので、それを公開するのは恥ずかしいですね。

脚本が絶妙でこれでもかってぐらいそれぞれに穴が出てきます。
手術(豊胸)から出会い系やら浮気相手の妊娠やら人身事故の誤魔化し。

携帯を交換したくだりは笑えました。
娘からの電話へのパパの対応は感動したけどママの立場からすると切なかったです。

色々バレてみんなバラバラになるのですが………ラストはこのゲームは本当はやらなかったってオチ!!!
全てもってかれました。
Izumi

Izumiの感想・評価

3.7
携帯なんて一番見せられない。だれにも
かとー

かとーの感想・評価

4.2
"男はWindows、女はMac"
えりこ

えりこの感想・評価

3.7
三組の幼なじみ夫婦+1のある夜の食卓にて。
この仲なら秘密はないでしょって事でそれぞれ携帯を出し、メッセージや電話があったらそれを見せ合うというとんでもない展開に。
こうして様々な秘密が暴かれて行くのですが…
それぞれの駆け引き、慌てっぷり、諍いなど見ていてハラハラしながらも笑えました。
だけどやはり携帯の中身を誰かに見せるなんて…嫌だなぁ(*_*)特に秘密はないですが。
こんなことしたら、確実に関係が悪くなる自信ある。
汗だくになるだろうな〜。
おとなになるにつれて、秘密や嘘が増えて汚くなるのがよくわかる
akokuso

akokusoの感想・評価

3.5
「 ゲームをしない?届いたメール、電話を全てシェアして見せ合うの 」

新婚カップルや倦怠期を迎えた夫婦、娘の反抗期に悩む夫婦などが、スマートフォンに掛かってくる電話やメールをみんなの前で披露するというゲームをきっかけに巻き起こるイタリア製のワンシチュエーションコメディ。……と、あらすじで言われているが、コメディではなくて軽くホラーだった。
とある女性が提案したゲームのせいで和気あいあいだった晩餐会が修羅場となっていくという展開で、邦画では「キサラギ」が構図の似ている作品として挙げられる。ただ、修羅場が本当に修羅場なので観ているこちらとしては気が気でないほどハラハラするし焦る。「ヤリたくなってきた」「あなたが欲しい」と言った意味深なメッセージ、電話で明かされる秘密など、思わず頭を抱えたくなるような登場人物のピンチに感情移入すること間違いなしだ。

この映画は教えてくれる、信頼=全てを曝け出すことではない、と。
やましい事がなくても、私だって携帯を覗かれるのは大嫌いだし、小さな秘密はある。例えばfilmarksにこうしてレビューを書いていることも友人に明かしていない。このような口調で偉そうにレビューを書いているのが知れたらそこそこ恥ずかしいし、わざわざ言う必要性も感じない。どんなに親しい仲でも、信頼している相手でも、秘密を抱えているから関係性が保たれているのだろう。何事も全て打ち明けることが信頼の現れではない。時には秘密を抱え、隠し通すことも大切なのだ。この映画からはそんなメッセージが感じられる。

「 シリアルキラーがそうするように、自分の正体を暴いて欲しかった。……こんな形じゃなくて 」

ブラックさが効いたラストにも注目。それはまるで月食のように、綺麗に元通りになる。ゾッとするが、人間ってこんなモンかと考えると不思議と心が軽くなった。結局全てを曝け出せる存在というのは、世界で自分だけなのかもしれない。