おとなの事情の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.8

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価

Izumi

Izumiの感想・評価

3.7
携帯なんて一番見せられない。だれにも
かとー

かとーの感想・評価

4.2
"男はWindows、女はMac"
えりこ

えりこの感想・評価

3.7
三組の幼なじみ夫婦+1のある夜の食卓にて。
この仲なら秘密はないでしょって事でそれぞれ携帯を出し、メッセージや電話があったらそれを見せ合うというとんでもない展開に。
こうして様々な秘密が暴かれて行くのですが…
それぞれの駆け引き、慌てっぷり、諍いなど見ていてハラハラしながらも笑えました。
だけどやはり携帯の中身を誰かに見せるなんて…嫌だなぁ(*_*)特に秘密はないですが。
こんなことしたら、確実に関係が悪くなる自信ある。
汗だくになるだろうな〜。
おとなになるにつれて、秘密や嘘が増えて汚くなるのがよくわかる
akokuso

akokusoの感想・評価

3.5
「 ゲームをしない?届いたメール、電話を全てシェアして見せ合うの 」

新婚カップルや倦怠期を迎えた夫婦、娘の反抗期に悩む夫婦などが、スマートフォンに掛かってくる電話やメールをみんなの前で披露するというゲームをきっかけに巻き起こるイタリア製のワンシチュエーションコメディ。……と、あらすじで言われているが、コメディではなくて軽くホラーだった。
とある女性が提案したゲームのせいで和気あいあいだった晩餐会が修羅場となっていくという展開で、邦画では「キサラギ」が構図の似ている作品として挙げられる。ただ、修羅場が本当に修羅場なので観ているこちらとしては気が気でないほどハラハラするし焦る。「ヤリたくなってきた」「あなたが欲しい」と言った意味深なメッセージ、電話で明かされる秘密など、思わず頭を抱えたくなるような登場人物のピンチに感情移入すること間違いなしだ。

この映画は教えてくれる、信頼=全てを曝け出すことではない、と。
やましい事がなくても、私だって携帯を覗かれるのは大嫌いだし、小さな秘密はある。例えばfilmarksにこうしてレビューを書いていることも友人に明かしていない。このような口調で偉そうにレビューを書いているのが知れたらそこそこ恥ずかしいし、わざわざ言う必要性も感じない。どんなに親しい仲でも、信頼している相手でも、秘密を抱えているから関係性が保たれているのだろう。何事も全て打ち明けることが信頼の現れではない。時には秘密を抱え、隠し通すことも大切なのだ。この映画からはそんなメッセージが感じられる。

「 シリアルキラーがそうするように、自分の正体を暴いて欲しかった。……こんな形じゃなくて 」

ブラックさが効いたラストにも注目。それはまるで月食のように、綺麗に元通りになる。ゾッとするが、人間ってこんなモンかと考えると不思議と心が軽くなった。結局全てを曝け出せる存在というのは、世界で自分だけなのかもしれない。
movieJack

movieJackの感想・評価

3.8
これは地獄のゲーム
妻・彼女とは一緒に観ちゃダメなヤツで
コント番組等でやりそうなネタだが
観る人にやましい事の有無により全く違う印象を受けるだろう
純粋なるコメディーかブラックになるか紙一重

今作ではパーティー中に全員スマホをテーブルに置いて着信はスピーカー通話で
受信メールは全員に見せるというルールだが
誰しも異性にスマホを見られて何の問題も無いという人は皆無だろう
メール
ライン
SNS
画像
ネット(検索)履歴等々
という擁護的な言い訳をするだけで負けな気もするが…(泣)

序盤は皆笑って楽しんでいるが
当然それぞれの不貞等が徐々に露になると共に
それを発端にパートナーに対する感情も露呈しだすと一気に修羅場に…
予想・期待通りのその展開を楽しむ作品なのだが
男女や親子間の在り方
差別・偏見等にも言及する上手いストーリー

次々と変わるゲームの被害者
被害者だが加害者で「はい、アウト~👍」的な面白さ

ヤッパリ言い出しっぺが一番怪しく
豊胸も彼の好みなのね…

ただ
あれだけの大騒動の後
パーティーが終われば「またね~」って感じで解散し
不倫等は些細な事みたいにパートナー同士も何事も無かったように仲良く自宅に一緒に帰るのは
イタリア的な寛大さか夢○○的なことか…
Yum

Yumの感想・評価

3.5
え、ラスト、え?え?
これは面白かった

7人の友人夫婦が食事会をしているだけのワンシチュエーションなんですが

携帯をテーブルに置いて包み隠さず見せるという危険なゲームを始める

人間の深層心理をよく付いてるなぁと思いました

携帯の中身を愛する人に見せれますか?

そもそもパートナーの携帯とか見るもんぢゃない

見ても後悔しかしない

でも、やっぱり気になる

元嫁も、よく俺の携帯をコソコソ見てました

私の彼氏、彼女は大丈夫って思ってる貴方が一番危ないですね(*_*)

最終的にこの作品の様にドロドロの修羅場と化す

きゃりーもつぶやいてただけあるwww
YUKIiii

YUKIiiiの感想・評価

3.7
男はWindows 女はMac 秘すれば花
mazda

mazdaの感想・評価

4.0
いい大人が7人もそろって夕食会中に、スマホを見せ合いっこしようというゲームによって繰り広げられる会話劇を描くイタリア映画。
美味しそうな料理が並ぶテーブルにはそれぞれのスマホも並べられ、メッセージがきたらみんなで開き、電話ならスピーカーで話すというとても中年の大人がやるようなゲームではないのだが、これが倦怠期のマンネリ夫婦や、些細な家族間トラブルを抱えた中年夫婦だからこその面白みがある。

とくに人に言えない秘密がなかったとしても、誰かにケイタイを見られるというのは抵抗がある。家族に送るはずのLINEを友達とのグループラインに誤って送った時とか、別に見られちゃまずい内容じゃなくても無性に恥ずかしくなった覚えがある。学生の時に、ファーストフード店で友達とダベダベしながら財布の中身を全部ひっくり返して、レシートやらポイントカードの整理をするという謎の遊びが流行っていたけど、やっぱりその時もどんなものを買ったかというのを見られそれを話題にされると何故か恥ずかしいきもちになった。

相手によって自分を見せられる範囲が違う。どんなに心を許してるといっても家族には見せられない顔があったり、恋人には言えないことがあったり、友達によって変えてる自分がいたりするもの。口調も表情も態度も、生活のあらゆる場面で無意識的に自分を表現することに制限をかけてる。本当の自分というのは自分しか知らない。
そんな自分しか知らない多くの情報が一番つまってるのがケイタイだろう。鍵がかけれるからなおさら、鍵をあけたその先というのは自分をみせることの制限がゆるくなっている。

あらすじだけ聞くととても面白そうなのだが、そのあらすじから十分、この先何が起きるのかは想像できてしまうから、どんな風にこの映画を締めくくるのか、私には最後までわからなかった。そしてわかっていた展開でも、どんどんシリアスな空気のただようディナー、笑顔の引きつっている何人か、画面にうつらないはずの冷や汗もなんだか見えてしまって、わかっていてもバレるバレるとこっちがヒヤヒヤして、最終的には笑えなくなってくる。アングルなのか構成なのか、まるで自分も夕食会にいる一人のような感覚を得るから、順番に回ってくるようなジリジリと追い詰められるようなドキドキを得られる。
そんな緊迫感をまとめきった結末は予想していなかった展開で、おもわずそういうことか、すごい、、!と言ってしまうような、この作品の見せ方とその脚本の出来にちょっと感動した。別に何か特別目新しいことをした脚本とかじゃないのだが、最初の会話劇にしっかり引き込まれてしまうとラストの展開には十分な驚きが待っている。

結果的にもおそらく一番まともであたっただろう医者のロッコが7人の中で一番好きだった。彼氏と初めての夜を迎える娘にかける言葉は、なんて優しいお父さんなんだろうときゅんとくる。日本よりもこういうのがオープンな文化っていうのもあるけど、普通自分の子供の性事情に優しくアドバイスなんてできないだろう。女の子なら誰でも憧れそうな父親像。
個人的にはWindows、女はmacの例え話が一番面白かった。
かなり偏った偏見だけどイタリアはチャラ男大国ってイメージがあったから、浮気とかがあってもそんな深刻なことにはならないイメージがあった。逆に考えればイタリアだからこそ、こんな問題重なるか?っていうくらい男女問題がでてくるのかも?笑 ほとんど勢い任せなスピーディーに繰り広げられる会話劇は、イタリアらしさが溢れていて好き嫌いの別れる映画だろうけどこの会話がツボにはいればそれなりに楽しめるだろう。
自分がこの中の関係者だったら絶対嫌だけど、映画としてみる分には楽しい。人の修羅場も聞いてるぶんには面白いネタだし、人ごとだから笑えちゃうけど、こんなの本当にあったらたまったもんじゃないですね。絶対やりたくない。笑