おとなの事情の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価

原題を意訳すると「真っ赤な他人」といったところか。
3組の夫婦と独り身の7人の会話劇。
小難しい要素は何もない深夜ドラマのような小気味の良い小品。


他愛も無い人間関係の中にも危うい平衡感覚が必要なのは万国共通。
外では月食が進む中で彼らの関係は満ちるのか欠けるのか。

何も全て話す必要は無い。
ちょっとした言い繕いでも、ついてはいけない嘘になる事はあり得る。
そんな言い繕いが決定的な綻びを生み結び直そうとしてもその前の一本の糸には戻らない。
結び目は不恰好なまま、時には再びいとも簡単に切れてしまう事もあるだろう。

R35くらいの設定が妥当か。
若いうちから見る必要は無いと思うが、良いテキストになるかもしれない。

ちょいとイイ感じで懲りないエンディングに深く長い溜息と苦笑が思わず漏れた。
ぬーの

ぬーのの感想・評価

3.5
最後夢オチなのかと思いました笑

もしもこんなゲームをしていたら、こんな風になっていたかもしれませんね〜

っていうタラレバの話なのかと。

それくらい
!?( ゚д゚)

なラストでした。

会話会話、アンド会話、とにかく会話で話が進んで行くので、脳を停止させている暇がない。
そういう意味では飽きない展開。

ただケータイ公開ゲームに持っていく流れは少し強引な気がした。
もう少しみんなが納得できるような理由があった上でゲーム始まって欲しかった。


兎にも角にも自分にはなかなか理解の難しいラストでしたね。

全部喋ってあースッキリした!

ってならねえだろおお∑(゚Д゚)

自分的には目的地よりも、そこに至るまでの道中を楽しむ映画でした。
たいし

たいしの感想・評価

4.1
おもしろい、おもしろい。
ただ見るだけじゃなくていろいろ考えさせてくれた。
一歩後退することは一歩前進することだ、みたいな言葉すごい残ったな。
Ukosaaan

Ukosaaanの感想・評価

3.6
人の携帯なんて見るもんじゃありません。なぜならそこには不幸しかないから。
以上です。
yuka

yukaの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

コメディのジャンルになっていたけどホラーです。
それぞれの秘密が重すぎた。後半はだれか死ぬんじゃないかってヒヤヒヤしながら観てました。

終わりが最初わからなかったけど幻落ちだったみたい。知らなくていい秘密と知っとかないとまずい秘密もあった気がするけど…それがオトナの事情か。
ai

aiの感想・評価

3.8
こうゆうの大好物です!今流行り?の浮気、不倫のオンパレードで友情にヒビが入るドロドロ系。こうなるよね〜という終わり方も好き。
ryt

rytの感想・評価

3.6
現代の携帯は、持ち主のブラックボックス。

映画だから、ちょっとオーバーに描かれてるのは分かるけど、イタリア人と日本人ってこんなに違う?笑

登場人物に、結構腹立つ 笑笑
秘密は誰にでもある。夫や妻あるいは恋人の秘密は知りたくなるものだけど、知りすぎてはいけないこともある。そして知りたくなかったと思うこともある。適度な距離感を秘密とするならば、少なからず秘密はあるべきで、お互いに詮索しないのがベスト!

このレビューはネタバレを含みます

最初は、携帯を見せ合いして、人の秘密を暴露させようとする、という設定に、何でわざわざそんな事を、いいことは一つも起こらないのに、、、。
と、そもそものストーリーの始まりに面白みを感じなかった。
見ていくと、想像以上の数々の秘密の暴露の嵐。
そして、他人のそれを知った時、
自分にとって不利益が生じた時、自分の本性が暴かれることになり、関係は破綻する。
人間の本質を描いた作品なのか?
私は、カミングアウトというのは、自分の意思でするものだと思う。
秘密を暴露すると人間はこうなる、的なことを描きたかったのかもしれないけど、浮気の発覚と、セクシャルな差別が関わることのカミングアウトを同列の秘密と扱って欲しくない。
最後のシーンの、何事もなかったかのようにそれぞれの生活に戻っていくシーンは、最初は全然わからなかったけど、
月食の闇と心の闇をかけて、もしお互いが秘密を暴露しあったらどうなるのか、という物語という解釈で納得がいった。
秘密の一つや二つ、誰もが持っているだろ。
みんなが秘密を持っていることで現実の生活はうまく回っているんだから、あえてばらさないことの大切さを描いた、ということでの、「おとなの事情」ということだったのかな、と私は思った。
vinotinto

vinotintoの感想・評価

3.7
序盤は大学生っぽくも、ラストはまさにおとなの事情といったところでしょうか。色々とイタリアっぽい。