おとなの事情の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価

mak24

mak24の感想・評価

3.0
記録。
なんでこんなゲームしたんだろ。結末が結果、丸く収まったの?
知られたくない秘密は、大なり小なりある。それをオープンにする信頼関係は素晴らしい。ただそれは、理想であって、現実はそうでないことが多いって思った。
megu

meguの感想・評価

3.0
会話のみのストーリーですが、テンポが良くて面白かったです。
はじめのうちは、クスッと笑っていたけどゲームが進むうちにどんどんシリアスな展開になっていきます(。-∀-)
現実的にできるゲームだけど、こんなゲーム喜んでやる人いないわ。
だってみんな携帯📱見られたり
自分のプライベート知られたくない事もあるっしょ?
楽しいご飯会台無しになる事間違いないなし🌚
見てる分には楽しいけどね〜
ほら〜そんなゲームするから、そうゆう事になっちゃうよ〜って…
思いますぞ!
Marquez

Marquezの感想・評価

3.5
ラストの寝室でロッコがブルーシャツを着ているのが謎だった。
あれ?白シャツに着替えたはずなのに、と。
あーそういうことか、騙された。
秘密のバレ具合が都合良すぎると思ったわ。

誰でも秘密があって、親しくても知らない方が良いことだってあるよね。
「私達、なぜ一緒にいるの?」
カルロッタが発した言葉。これ、即答できないかも。
オトナの事情はなかなかビターだからね。
Bambi

Bambiの感想・評価

3.8
舞台演劇を観ている様なクラシックな感じ。人物描写や会話が楽しめる。途中がヒステリックになりイマイチ。最後があっけなくて「秘密なんて知らない方がいい」となっているのにちょっと興ざめ。
テンポのよい会話劇。

それぞれ夫婦のピンチが一室で同時に巻き起こる。まるでハリケーン。彼らの秘密は映画の設定としてはありきたり。なのにおもしろい!ネタバレされても充分たのしめる内容です。

『おとなのけんか』を思い出した。こちらはイタリアらしくちょっぴり情熱的。皮肉なのはこのゲームをただ「やらない」と言って降りる勇気があればこんなことにはならなかったこと。
その点、SNSに参加せざるを得ない現実と重なりました。

このレビューはネタバレを含みます

見事に引き込まれました!

ネタバレします

最後のオチがよく分からなかった人も多いと思うし、自分も分からなかったけど最後のシーン見返したらなんとなく分かりました!

端的に言うと、
あの現実ではケータイ見せのゲームは行われず、みんな浮気とかしてたけどバレずに楽しい食事会が終わった
というオチでした。


この映画は月食が鍵となります。

最初満月から始まり、段々光が影に隠れてきて最後には満月に戻りました。

これはこのお話の光(表)と影(裏)を指します。

おそらく月食の間のシーンは
、、もしもゲームをやっていたら、、
という話です

みんな、少なからず隠し事がありそれを隠す事で立場や環境を壊さずにやっていけるんだよ、って話かなと思いました。

でもなんかリアル過ぎましたよね!

長文になりましたが個人の感想なので間違ってたらずいません
kit

kitの感想・評価

3.0
まず、サブタイトルは「悪魔のゲーム」とかの方が妥当だと思う笑

幼馴染の仲良し4人組とそれぞれの奥さんとで囲まれた食卓、
序盤は、こういう「友達との家族ぐるみの付き合い」みたいなんに少し羨ましく思いつつ、イタリア人の会話て洒落てんな〜
て思いながらも全然話が展開しないソワソワ感があった

でも1人の女性が「来たメールは音読して、掛かってきた電話はスピーカーで出る」という、まさに鬼の所業なゲームが始まってからは、また別のソワソワ感🙄

なんとも言えぬ、気まずい雰囲気というかドロドロ感というか、序盤のたわいもないイタリアンの洒落乙な会話のせいで映画に引き込まれたもんやから、自分もなんか気まずくなる

話が進むごとに、策略や、浮き彫りになって行く真実、嘘で嘘を塗り重ねる様が現れてきて面白くなると同時に、「人間てほんま😩」てため息が出るわ出るわ

真実をさらけ出すことで、お互い毒素が抜けて、元どおり、かと思いきやまた新たな真実が現れる、という今作のなかなかな性格の悪さが出てた

ていうか、こんなゲームを発案した女子がほんと腹立つ!人間大なり小なり皆んな秘密抱えてんだよ!暴露するなんてなんのための"秘密"なんだよ!🤬
てか発案者やからよっぽど自信あると思いきや、おめぇも秘密抱えてんかいいい!🙂
最近よくテレビでも文春砲の餌食になってる人よく見るけど、週刊文春さん、「ほっといたって」笑

もはやこりゃ箱庭デスゲームですわ、
携帯電話にはプライベートがいっぱい詰まっている。
家族や友達、どんなに近い存在でも携帯の中をさらけ出すことはできる?
と見ている自分自身にも問いかけてしまう。
会話劇の中で、かなり深刻な話題になったりするけど、イタリア映画だから、許されちゃうんだよな〜。滑稽で明るく愉快!
それでいて、それぞれの人生観も見えて良い。
うめ

うめの感想・評価

3.5
こんなゲームをしながらの食事会は、嫌だ!!
美味しいご飯も喉に通らないよね。観てる分には、楽しめたけどね。
PalmaRosa

PalmaRosaの感想・評価

3.5
面白かった。コメディだと思いたいけど、どんどん凄いことになっていき笑えなくなっていく。