おとなの事情の作品情報・感想・評価 - 49ページ目

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価

うお

うおの感想・評価

-
まさか、そんなにみんな秘密を…?!って感じあるけど、それぞれ結構納得するし、それぞれよく作ってあって、俳優さんたちの演技もうまい。
超面白いわけではないけど、テレビとかでやってたらダラダラしながら見たい感じかな。
映画というか舞台っぽい感じ。
misuzu

misuzuの感想・評価

3.7
評価の高い作品だったので観る前から楽しみにしていたけれど、期待通り面白かった!
個人の秘密が詰まったスマホを通して、イタリア社会への風刺がうまく描かれていた。
一見、唐突に感じるけれど、これしかないと納得できる結末も良かった。
スマホの覗き見は相手のためではなく、自分のためにしない方が良いですね…。
an

anの感想・評価

4.3
想像していた以上に面白くて引き込まれます。ぜひ皆さんに観ていただきたい一本ですが、恋人との鑑賞は絶対にお勧めしません。絶対に…
もじお

もじおの感想・評価

2.9
月食の夜、親友とパートナー男女7人が、自分のスマホの着信メールと電話を全く隠さず暴露していくゲームを始める。あら?意外とイタリア人って真面目か!とか感心しつつ、ラストであらあら!と驚く。表情表現とセリフも多いので集中力必要。思い込みの妙演でクス笑い。‬オススメはしないが、イタリア会話楽しみたいならいいかも。
ProD

ProDの感想・評価

3.2
家族だから全部知る必要はない
親友だからさらけ出す必要もない

本音を言うのは怖いからこそ、ゲームとごまかすことで関係を変化させたい思いと維持しようとする大人な対応が交差する

「変化を恐れる男、打ち明けたい女」そんな構図に見えた

結婚生活を長く続けるために必要なのは愛ではなく相手を思いやり秘密を秘密のまま許容する少しの妥協なのかもしれない
りたお

りたおの感想・評価

3.4
めちゃ、声でちゃうくらいわらったし映画館も爆笑でほんと面白かった。んだけど。
ラストの超展開が理解出来なくて謎すぎる。言いたい事わからなく無いけど。それをやるにはちょっと急すぎないか。。

こういうのあるから結婚てほんと理解できないw
カウンセラーの夫が聖人すぎる。
transfilm

transfilmの感想・評価

4.1
イタリアのコメディ映画。
とても面白かったけど、終盤は少しやりすぎな感じもして、見てて少し疲れた。でも、観てると少し疲れるくらいやりすぎるところがとてもイタリアっぽいなと思った。
時間があったのでフラリと見たら、かなり面白かった。

イタリア語の軽快さが心地よく、終盤はやや為にする感じが無くはないけれど、ラストの「大人」な落とし所と結局はアレに振り回されちゃうのは好きです。

奥村隆「他者といる技法」収録の「思いやりとかげ口」の議論を思い出しました。
つぐみ

つぐみの感想・評価

3.8
日本でこういう会話劇が成立しないのって喋る量であったりテンポだったり間合いだったりが圧倒的にラテン語圏にくらべて足りないからなんだと思う。
男女問わず臆せず議論する文化がないせいもあるとは思うけど、多少の気まずさももろともしないイタリア人は女性が強いね、ほんと。

展開もオチもそれでいいのかっていうくらい日本人には理解ができないところばっかりだけど、ワンシチュエーションでここまで引っ張っていけるのはやっぱり会話力なんだよね…

私もいつか家を購入したらホームパーティでがぶがぶワインを飲みたい。
一緒に見た人がヨーロッパでの生活が長かった人で「私もあれと同じサイズのパイレックスの器持ってるし、ラザニアとか作りまくってた」って言ってたから、ヨーロッパ的なライフスタイルも垣間見えます。
あさみ

あさみの感想・評価

3.9
ワンシチュエーションの会話劇。
脚本うまい、面白い。ある意味ホラー。
スマホあるある。

3組の夫婦と、1人の独身男の計7名で美味しそうなご飯を囲みながら月食ホームパーティ。
思いつきで、携帯電話をオープンにする「信頼確認ゲーム」という趣味の悪いゲームが始まってしまう。携帯電話なんて今の時代、対人関係の全てが詰まっているようなものなのに!

不倫、LGBT、変態趣味、出てくる出てくるパートナーにも友人にも知られたくない情報が、、、長年の関係も携帯1つであっという間に崩壊。

7名だからこそ、自分がそのテーブルにいるようなドキドキ感が味わえる気がする。
最後に驚く展開。笑