おとなの事情の作品情報・感想・評価 - 49ページ目

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価

KMD

KMDの感想・評価

3.2
面白くないことないけど、不快な割に深くもなく考えさせられることもなく、ただ終わる。構成と演出に拘ってるのは分かる。娘のバージンの件は凄くよかった。
誠治

誠治の感想・評価

3.5
ガラケーの人いなかった…
皆さん、食べ過ぎ、飲み過ぎ
ずっと、飲み食いしてた。
月蝕が終わり、満月の下
皆さん何事もなかったように帰宅って
それが大人なのか!?
産まれてくる子ども(達?)はどうなんの?
え?夢落ちなの??
matsuitter

matsuitterの感想・評価

3.6
3組の夫婦が集う食事会でお互いのスマホをオープンにしてみようというイタリア式の昼ドラ映画。イタリア最高映画賞のドナテッロ賞を受賞作なので鑑賞。

以下ネタバレで雑感だけ。

好きな点は、1室の食事会のシチュエーションゲームという設定そのもの。どう考えても何か起こるに決まってるw この設定はポテンシャルが高い。

撮影技術的には、1室の劇なので懲りようがないのだが、印象として、夫婦の2人や共謀した2人を同じ画面フレームに出してる。心理的な距離を表す画面作りに感じた。こういうのは好き。

画面に携帯の文字を大写しにしたり効果音つけたりするコミカルな演出もありえたはずなのにそんなことはやらず、つまりはリアル路線で淡々と描いていく。だから後半のシリアス展開には重みが出ていた。

ネガティブな感想。

おおすごいとか心が動く部分は個人的にあまりなく。ゲイのくだりは結構好きなんだけど、浮気がバレる展開は月並みな印象。

余談。

何も無かったかのように終わる最後はどう解釈するか。配給会社の人に聞いたら、実際はゲームやってなかったってことだって言っていました。
脚本と役者の勝利!
マンションの部屋とベランダだけのホームパーティの一晩のお話なのに〜飽きずに最後までおもしろかった。

おとな、なんだから、事情はある!でしょ〜う?
事情トハ秘密だったり言わずにおくことだったり。それをおとながこのゲームするなんて、参加してもいいって即答できるおとなって、おとなじゃない気がします。

これ、観た人と語りたくなる映画。
最初は分かりにくいなーとか思ってたのに、段々と見えてくる人間関係に隠されたプライバシー。

こちらも段々とのめり込んで、いつの間にかそれぞれの事情に共感したり、「信じられんない!」と怒ったりしているのにびっくり。

ラストはちょっともやっとするけど、結局なかった事にするのが大人の付き合いかもなぁ〜?と思った。
実際、自分も「隠し事はない」とか口で言っても、本当に携帯の中身を見られたら慌てるし、知られたくない隠し事もあるしね。

そんな意味で、ちょっとしたホラー映画でした。
「怖いもの見たさ」という言葉があるが、他人の携帯なんて見て良いことがあるわけない。
まぁそんな話を基本会話劇で描いているんだけど、ずっとハラハラして飽きさせない巧みな作品。
debadgal

debadgalの感想・評価

3.0
お互い隠したいことがあるのを知りながら聞くようとしないのが大人の付き合いではないのか?
映画鑑賞中ずっと機嫌が悪かった。楽しい晩餐会のはずなのに馬鹿馬鹿しいゲームのせいで...
morph

morphの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

話の構成を理解出来てなかった。登場人物たちが何事もなかったように撤収してまた元の生活に戻ってゆくラスト、「えっ、これって水に流したの?!それが“おとな”ってことなのか…夫婦であり続ける秘訣なのか?…人生の凄み…」と解釈したものの、パンフを読むと、あのゲームは実際に行われたことじゃないとある。ゲームはif世界で起こったことのようだ。もう1回観ないと分からない。どこでパラレルだって提示があったんだろう。「月がダブってる」っていうセリフの繰り返しもそのイメージ?でもピアスのくだりは謎が解けた…。

ゲームが現実にあったことだったら、みんなが反省を見せていたから後味もまぁ最悪ではないし、荒療治として抱えきれないことをぶちまける機会を設けたって思える。なのにあえて、秘密が暴かれなかった世界(現実)を維持している。おとなにとっては、秘密とは選択だ。明るみに出すこともできるけどそうしない。にも関わらず他人の信頼を欲しがるずるさ、たくましさ。

スマホ見せっこのワンシチュエーション自体良いアイデアだし、登場人物の葛藤にはかなり共感したところもあった。こんな映画観たよと人に話したくなる。
miyani65

miyani65の感想・評価

3.5
エンディングの大円団がどうなんだろう。
やっぱりおとなの事情!
cinema

cinemaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

十数年築きあげたものが、たった2時間弱で焼け野原のごとく崩れ落ちてしまうような秘密をみんな持っている(のかもしれない?)。それが明るみになるべきか否か、どちらが幸せをもたらすのかはわからない。でもこの映画を見終えた今……なおさらそれはわからない…

ただ面白かったなー