おとなの事情の作品情報・感想・評価 - 59ページ目

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価

秘密って大体理解されない。
「通常」であることが正な世の中だから。

でも、「通常」って、全然慣れない。
だって、相田みつを曰く、人間だもの。
でも、その秘密は少しでも人を裏切ってはいる。

けど、しょうがないし、それを愛せって俺は思うけどな。
だから、この映画の結末は納得できる部分もあり、
納得できない部分もある。

テンポはやはりいいです!
さすが会話劇!超えてます!
ただ、ラストのどんでん返しで疑問が100くらいでてきたのですが…。
えい

えいの感想・評価

3.0
なんていうかザ・イタリアという感じの話題揉め方終わり方というか…私的にはあの終わり方は理解不能。だけど大人ってこういうことかなとか。
結婚してから見たら変わるのかもしれないけど後味スッキリという感じではなかった…でも結構笑えたしテンポはよかった。
Who

Whoの感想・評価

4.0
僕のようにワンシチュエーション映画が好きな人にはオススメ!
もう予備知識なしでも全然楽しめる!
冒頭からの茶番劇が本題をより楽しくさせてくれるね!始まってすぐは、失敗したって思ったもん。
まあ、大人なのでそれぞれ闇を隠してるんだけど、妙にリアルで笑えたな!個人的に一番嫌だったのは、ノーパンの奥さんかな!顔はタイプだけど!
ラストもすごく良かったけど、あれがイタリア映画って感じだったね。なんかイタリア映画って優しいイメージがあるんだよね!
あのラストが優しさだとは言わないけど、なるほどそうきましたかって感じで好きでした!
関係ないけどイタリア料理がとても美味しそうでした!
スマホを題材にしていてなんとなく面白そうだったので。

家のリビングを舞台に繰り広げられる会話を中心にした群像劇。結婚してから観たらまた違ったんだろうなぁ。今の歳でこれを観ると結婚したくないし汚い大人にはなりたくないと思った。

スマホはまさしくブラックボックスで、きっと昔なら絶対に知ることができなかった相手の秘密がスマホを覗くだけで知ることができてしまうというのは良くない。スマホは絶対に必要だけどあまり好きではない自分としてはやっぱり便利すぎる世の中というのは良くないなぁと。

きっと世の中には知らないほうがいいこともあるはずなのに、秘密というのはついつい知りたくなってしまう。あえて触れなければ傷つくこともないのに自ら傷つきにいってしまう、人間というのは難しいなぁ。

この映画であえてゲームを提案したカウンセラーの奥さん、策士だし自分は高みの見物でぶっちゃけ最低。夫が本当にいい人だっただけに胸糞の悪さが半端じゃない。
自分だけは傷つかない距離からスリルを味わって周りの関係を崩壊させる。それでも大人の関係は夫婦だけじゃないし家庭がある。ラストの展開は自分には理解不能だった。口裏を合わせてたのかと思ったけどそれじゃさすがに辻褄が合わないし、あれだけのことがあったのにそれでも仮面を被って人生を続けていくというのが理解できなかった。きっと明日からはいつも通りの生活を続けるんだろうなぁ。全くもって理解不能。
まさしく「おとなの事情」。もっと歳を重ねれば理解できる日がくるんだろうか…。

それにしてもやっぱりカウンセラーの奥さんが最低すぎてモヤモヤが晴れない。夫の素晴らしさに気づいてないし、なんか生々しくてリアル。改めて、これが大人の現実だというのなら結婚したくないし、汚い大人にはなりたくないと思いました。純粋な人間でいたいです。
けろえ

けろえの感想・評価

4.2
ウィットに富んだオトナの会話劇。どう話が転がるかわからないから面白い。
のん

のんの感想・評価

3.5
スコアつけるの難しい…

月食をみんなで見ようと集まった男女七人が、「スマホをテーブルに置いて受信したメールも電話も全て晒すゲーム」を始めるワンシチュエーションコメディ。

このゲームを提案するのが心理カウンセラーというのがひっかかったけれど、いやーな感じに笑えました。
なんとかその場を切り抜けようとする時の俳優さん達の表情が最高。

私自身は「秘密は無し。隠し事一切だめ」なんて、夫婦であれ何であれナンセンスだと思うし、「知らぬが仏」で生きてます。
そんな私には、こーゆーノリは腹立たしい(特にカウンセラーがそんな事言い出すなんてなんだそれ?!)。

けれど、それ言っちゃうと始まらないですしね。
月食なんだし特別なひと時だったというわけで…。

なんだかんだ、かなり笑えました!
結婚しててもしてなくても、途中までは古来からの「嘘は許されるか」テーマとして見れるんじゃないかな。
aymm

aymmの感想・評価

4.5
友人夫婦3組と、バツイチの男性1人がホームパーティに集まり、お互いのケータイに入ったメールや電話を見せ合うというゲームを始める。
やめておけばいいのにそんなこと、、(笑)なぜそんなゲームを始めようと言い出したのかも最後まで観れば分かる。

7人がある家の中で交わす会話だけで展開が繰り広げられて、笑いもあって、リアリティがあってとても楽しめた。

最後まできちんと楽しませてくれて、本当によく出来た作品。
コテコテな音楽の使い方はイタリア映画らしいところなのかな?

このレビューはネタバレを含みます

会話劇の舞台を見ているような面白さ。人の携帯なんて見るもんじゃないね。ソフィアとお父さんの会話が唯一の救いだったかな。あと橋の上で車停めてフィットネスかw
ところでみんな飲酒運転じゃないの?
めっちゃおもしろかった!!
もう一回見たい

おとなのけんかみたいな感じかなと思ってたら予想以上にブラックでした

精神的にエグいしあの場にいたら精神的にもたない笑



やっぱ携帯はみんなに見せるもんじゃないすねー笑
月食見ながらワイン片手に美味しい料理出てきて、いつまでたっても若々しくて情熱的で。そんな仲間の一員になった気分になる映画館に行くことをオススメします。劇場にぜひ。