おとなの事情の作品情報・感想・評価 - 75ページ目

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価

murataku

muratakuの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

これだけの場面で全く飽きずに見続けることができたことがすごい。
予定調和で終わらない面白さ。

そして暴かれたものが浮気とか性癖とかそういう秘密だけでなく、人が持つ偏見であることも物語の深さを感じた。
Garu

Garuの感想・評価

3.8
たまーにあるこういう映画。

スリラーやサスペンスではないこういう密室劇のような映画は、しっかりした脚本と役者の実力があり、それなりに面白くないと成立すらしなそうなので、上映していればだいたいおもしろい説。

この作品はあの『グランドフィナーレ』をおさえてイタリアの映画賞を取ったとか。すごい。比べるような感じでもない気もするが。

スマホをテーブルに置き、着信したメールは読み上げ、通話はスピーカー。
徐々に登場人物の本当の姿が露呈していき、信頼関係が崩れて行く。クズさがバレて行き、観ている側も疑いの目でしか観れないクズ決定戦のような展開に。

スマホと言う現代的な個人ブラックボックス。予告編でもあるみんなで自撮りしている時にヤバイ画面通知が出て来てしまったりなど現代あるあるの感覚がおもしろい。

賛否がありそうな終盤ラストまでのシークエンスが個人的には良かった。一瞬戸惑うが空気感も違うし、こちら側に考えさせるよう意味深な結末。あれがあるとないとでは映画全体の印象が違う。

自分も食卓を囲んでいるかのような視線での会話劇。誰もが秘密を抱えながらこれからも生きて行くのでしょう。
カップルで観に行って終わった後「見せられる?」系の話になったら地獄。
TS

TSの感想・評価

4.0
結婚してても
ブラックボックスに包まれてる
世界的生活必需品のスマホ

天国と地獄を生み出す
最強のモンスターマシーンを
人間は開発したもんだと
改めて実感しました

普通に面白いです!
cocomacos

cocomacosの感想・評価

4.4

痛快でリアル。
キャストが本当にその辺にいる感じの中年で、そこがリアルなんだが、
実際にこんな事したらこんな事になるんだろうか?なるんだろうな。って、映画。

携帯に現実世界以上のリアルが詰まっている。

人ごとだから、最高に面白くてストレス解消になっ
iku

ikuの感想・評価

3.2
映画向きというより舞台向きな映画でした。題材面白い!絶対に恋人同士、夫婦で見に行っちゃダメ(´艸`)最後の展開が納得出来なくてちょっと消化不良な感じ。

日本で同じ題材で映画が撮られたら全然別物の映画になりそう。
さち

さちの感想・評価

4.3
2017.05.16

現代が生み出した新種のスリラー映画(笑)
ロッコパパの電話はよかったし、後半のレレ、コイツ結構いい奴やん!て思ってしまった(笑)
最後まで人を売らない、こーゆー人好きです。
ストーリーも展開が読めなくて釘付けやったけどそれ意外にも差別偏見とか信じるとか愛情と友情とか色々盛り込まれてた。
kemaridan

kemaridanの感想・評価

4.0
岡山メルパで鑑賞
いつ何時スマホを見られても大丈夫なようにしなきゃです!
幼馴染みたちが連れ合いと一緒に集まったディナーの席で携帯にかかって来る電話、メッセージを公開、共有するゲームを始める。各人の思いがけない秘密が暴露されて行くハラハラドキドキの展開な大人のコメディー。イタリアの素晴らしい俳優達の共演でとても贅沢なひと時を過ごせた。
イタリア映画祭からエドアルド・レオ4本目、ヴァレリオ・マスタンドレア3本目。昨年秋から今年にかけて2人が来日して会えたのは最高の思い出。
知らぬが仏とは まさにこのこと…。ただ何も知らないままその時を楽しく生きるのと、真実は真実として受け止めて前に進むのとどちらが良いんだろうか。わたしは真実を見つめて生きていきたいなと思う。
Ruka

Rukaの感想・評価

3.4
そりゃあね、なんでもかんでも秘密にしない方がいいわけがないよね。私は知らないで幸せでいられるなら真実を知らないで幸せに生きていたい。