おとなの事情の作品情報・感想・評価 - 75ページ目

おとなの事情2016年製作の映画)

Perfect Strangers/Perfetti sconosciuti

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:96分

3.7

あらすじ

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケット…

「今では携帯はプライベートの詰まったブラックボックス。ゲームをしない?食事中、かかってきた電話、メッセージをみんなオープンにするのよ」。友人夫婦7人が集う夕食の場で、エヴァはいきなりそう提案した。新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に悩むロッコとエヴァ、倦怠期を迎えたレレとカーロッタ、恋人に今日のディナーをキャンセルされたペペ。「何かやましいことがあるの?」と詰め寄る女性陣に、男性陣も渋々ポケットを探り、テーブルには7台のスマートフォンが出揃った。メールが来たら全員の目の前で開くこと、かかってきた電話にはスピーカーに切り替えて話すことをルールに、究極の信頼度確認ゲームが始まる――!

「おとなの事情」に投稿された感想・評価

コメディの皮を被ったサスペンス
物語を乱暴に収集する感じがいい

::::::::::::::

月食の夜に集まった幼馴染みの4人の男とその妻たち。
長年の付き合い・夫婦関係で築き上げた互いの信頼関係を確かめるべく、それぞれのスマホを持ち寄りゲームを始める。
ルールは単純、①画面が見える状態でテーブルに置く ②メールが来たら読み上げる ③電話が鳴ったらスピーカーフォンで話すこと
ちょっとした遊びで始めたつもりが、普段見えない相手の顔や秘密を暴いていくが……

::::::::::::::

イタリアのアカデミー賞、ダヴィット・ディ・ドナテッロ賞で作品賞と脚本賞をW受賞した話題作。ドナテッロ賞がどれくらい権威のある賞なのか、いまいちピンとこないので、賞レース云々はまあいいや。

見終わってみれば原題(「Perfetti sconosciuti」赤の他人)の方が、全体しっくりくる。
どんなに分かり合ってると思う仲でも、秘密にしてることがあるハズ。
秘密を暴いて浮かび上がるのは、隠してた人のことより秘密を知った人たちの品性や人格で、スキャンダラスな事実に対してどう接するかを試し合う100分に思えた。

ケータイやスマホ・ネットの発展は、個人個人を近づけたようでいて
他人に言えない秘密のブラックボックスを増幅させて、実際は一人一人を遠ざけてるんじゃないかっていう現代風刺にもなってて、ゲラゲラ笑って見てられるコメディなのに時折ドキリとさせられてしまう。

スマホ以外にも、中年を迎えて家庭と子供を持つ価値だったり、
人生の折り返しを過ぎて、後半戦の展望にたいして期待が持てない感じとか
酒場名語録ゴロゴロ出てきて痺れる。

欠けてく月食に合わせて、互いの心の仲に暗雲広がる描写もいい。
ゲスい暴露話なのに、登場人物たちが服装含めてイチイチ洒脱で、
セニョール・セニョリータな格好良さを貫いてるのも良かった。

惜しむらくは、せっかく食卓を囲んでメシにワインに舌鼓を打ちながら会話に華を咲かせてるのに、料理に全然クローズアップしてくれないせいか、観客がこのパーティーに参加してる気がしない!
っていうか、単に食いしん坊としてどんな料理食べてるのか、気になってしょうがない!凸(`△´+)
ティラミスのハコ食い、いっぺんやってみたい!

33本目
tomoo1106

tomoo1106の感想・評価

3.9
大人だらけの密室劇。
みんなで食事をしている最中に来たメールや電話は全員に公開。電話はスピーカー通話。スピーカー通話なことは、もちろん相手に伝えてはダメ。

数時間の間に、みんなの秘密がどんどん出てくる。
浮気問題だけに留まらず、色々な問題が上手いこと繋がっていったりして、観ていて全く飽きなかった。ラストの突き放したような終わらせ方も好み。

面白かったけど、観ていてちょっと悲しくなった。世の中の人はみんな裏の顔を持ってて、それが身近にいる人を傷つけるものばかりに思えて。知らなければ幸せだけど、それって本当に幸せなのか…。
そんな人ばかりじゃないと思いたい。
R

Rの感想・評価

4.0
友達とピザ食べながら観たい
笑えるポイントが随所に見られて楽しかった
やはり他人のスマホの中には自分にとっての幸せなどひとつもないな…なので、あの終わり方に大賛成だし、おもしろかった。
おとなの事情、とか言ってるが99パーセントが浮気とかエロメールとかセクシャルな事情でまあどうでもいい感じだった。申し訳程度に老人問題とか入れてるけど超枝葉末節。
テンポよく見せるのは良いと思うけど、若者のフリした多情中年の痴話がいくら交錯したところでまあ勝手にしろやという感じ。本当にイタリアの40代はあんな好色なのか?『オトナの事情』にタイトル変えろ。
同じ中年を描いても、昨日観た『未来よこんにちは』の主人公とこの映画のヤツらは人格が断絶しすぎている。階層は大差ないと思うが。フランスとイタリアのお国柄の違いなのか。ヤバい。
あと、なんか分からんけど音楽使いが異様にダサかった。韓流ドラマかよ笑。画面はちゃんとしているのに何故。
tomoko

tomokoの感想・評価

3.9
会話が面白かったし実際自分が8人目でテーブルを囲んでるような視点で観れた。
イタリア映画は毎回際どいネタをぶつけてくる。
父から娘の電話に感動した。

ラストはアレでもありなんだと思えるようになったけど最初観た時は肩透かしをくらったな。
yuuiii

yuuiiiの感想・評価

3.6
自分がいたら最悪なホームパーティ笑
あのまま終わってなくてよかったけど、もっといいオチあった気する?
どろっどろで 観てて疲れた。
舞台が家から変わらないのに飽きなかった。
konomo

konomoの感想・評価

3.6
ホームパーティ時間中の携帯着信は全て公開するというゲームをやったばっかりに、という話。いい話あり、下品な話あり(でもギリギリどぎつくない)、カミングアウトあり、修羅場あり。脚本が上手くてとても楽しかった。
その場にいたメンバーの関係がぶっ壊れるほどドロッドロにしてしまってからのあのラスト。果たしてどっちが幸せ?と考えさせられたり。

残念だったのは、せっかくイタリアのホームパーティーの話だったのに、料理がまともに映らなかったこと。いや、本題じゃないから罪はないんだけど、個人的にどんなものを食べてるのかとても興味があったので…。
marie

marieの感想・評価

3.9
大人の愚かさ、携帯というものの恐ろしさ、そのどちらもを兼ね備える自分への戒めのような映画。
これは友達と笑いながら見るやつですね。
1人で見ると、グサっときました。
久々のワンシチュエーション。会話劇。秀逸。