KKMX

おとなの恋の測り方のKKMXのレビュー・感想・評価

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)
3.6
「障害は心の中にある」という、世界の真実を言い当てたパンチラインがとにかく印象に残ります。
ヒロイン・ディアーヌは2人きりの世界のときは問題ないのですが、他者の視点(鏡を見たときも含む)が加わると、恥ずかしい、理想とは違うといった「心の中の障害」が発生し、本当に大事なもの、本当に求めるものが覆い隠されてゆきます。
そんな「心の中の障害」を超えていくストーリーは、中々に骨太。軽やかな雰囲気ですが、結構な手応えがありました。

特に心に残ったのは、アレクサンドルの息子ベンジーが、ディアーヌと身長の件で一旦破局し、落ち込む父親を励ますシーンです。「品位がある」という彼の言葉にハッとしました。
アレクサンドルは極端な低身長という逃れられない運命の中で、腐らず勇敢に誇り高く生きています。心の中の障害にときに敗れることはあっても、屈服はせずに果敢に挑み続ける姿には、確かに品位がある。ベンジーはそんな父の姿勢をこの言葉で表現したのかな、と感じました。
心の中の障害を超えたときの晴れやかさに品位は宿るような気がします。ディアーヌの継父には品位があるように感じるし、ディアーヌの母やブルーノには品位がないように思える。

演者はおしなべて素晴らしく、特にディアーヌ役のビルジニー・エフィラは親しみやすい魅力があって好感を持ちました。
そして音楽は、キャット・パワーやアントニー等、何故か米国のインディーロックが多用されています。とてもいいんだけどフランス感はなかったかな。