店長はアームレスラー

おとなの恋の測り方の店長はアームレスラーのレビュー・感想・評価

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)
3.5

携帯拾ったどこぞの男から電話がかかってきて、根掘り葉掘り自分のこと聞かれたら気持ち悪くないかい、男女逆だったらまだ分かるけど( ̄∀ ̄)

金にモノをいわせスカイダイビングという非日常的な気の引き方から始まる恋!
ちょっとずるいかな( ̄∀ ̄)

息子が何不自由なく育ち、理想ばかりうんちくたれ、毎回親に金もらって遊びに行く!( ̄∀ ̄)

と、中盤まではなんだこの金持ち達の道楽的シチュエーション映画は!ってなってましたね(-_-;)

しかし! 中盤以降二人の葛藤がはじまってから持ち直しましたね、特に二人ベッドに座っての別れの会話のやり取りにはちょっとドキドキしましたね〜(´∀`)

彼女のお父さんが一番素敵でしたね、
彼女のお母さんは、車で逆走して自転車はねて無反応だったし 笑笑

最後はハッピーエンドなんだろうけど、
彼のあの表情は心からウエルカムじゃないですよね〜

キュンキュンしちゃおかなっ!(๑˃̵ᴗ˂̵)
って思い観たんですけど、ちょっと壁のある恋で、考えさせられるお話でしたね、
これ、彼を金持ちじゃなく貧乏人か普通の人でやった方が良かったんじゃないかな〜

オープニングとエンディングの曲が良かった〜 (´∀`)

フランス映画特有のちょっとシュールなところもありますが、身長136センチの建築家とブロンド美人弁護士との恋!皆様もどうぞご堪能あれ!(´∀`)