JunTanimoto

おとなの恋の測り方のJunTanimotoのレビュー・感想・評価

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)
4.2
40センチ寸足らず?
それって深刻?
個性だ。
驚かれるけど
深刻なことじゃない。


一緒にいるときは
愛してると思う。
でも離れると
この状況をグロテスクに感じる。


障害は君の心の中にある。


何が一番つらい?
首筋。


これ以上父を傷付けないでくれ。
父を愛してるんだ。
放っておいて。


あなたが小さい。
体は普通でも心が小さいのよ。
心の器が小さくて
感情のキャパもちっちゃいの。


話す内容なんてどうでもいいの。
会えばいいの。





「気にする」「気にしない」
そんなこと考えてる時点で
もう気にしてるんだよね。

気にしないんじゃなく
受け入れるっていうことなんだと思う。

それはディアーヌだけじゃなくて
アレクサンドルにも言えること。

アレクサンドルの明るさだって
気にしないようにしてるだけ。

アレクサンドルだって
ディアーヌが気にしてしまってることを
気にして、気にしないようにしてるだけ。

受け入れてしまえば
気にしてしまってったっていい。

開き直るってことなのかも。

開き直った人間は
強いし、かっこいいし、
誰にも止められない。
って思ってる。

そういうことだったのかも。

開き直って。
受け入れて。

アレクサンドルみたいな
わかりやすいものじゃなくても

お互いがそうやって
短所だったり弱点だったり
コンプレックスだったり
そういうところもすべて
受け入れ合うことができれば
それが本当の愛なのかもしれない。

人の短所だったり弱点だったり
コンプレックスだったり
そんなこと実は
「深刻なことじゃない」

そういうことなんじゃないのかな。



大型犬飼いたい。