おとなの恋の測り方の作品情報・感想・評価

おとなの恋の測り方2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と…

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

kagikkt

kagikktの感想・評価

3.8
外見より中身が勝負って言ったって
そんなに割りきれないのが人間の性。

結局のところ多かれ少なかれ
誰しもコンプレックスはあるわけで
当人同士がよければ他人は関係ないじゃんってこと。

分かりやすい題材で
おもしろかったです。
女たらしの夫と離婚して3年、新しい恋から遠ざかっている辣腕弁護士のディアーヌに、建築家のアレクサンドルという男から電話がかかってくる。
ディアーヌがレストランに忘れた携帯電話を拾ったので渡したいというアレクサンドルの知的でユーモアあふれる口調に、仕事でむしゃくしゃした気持ちも一変し、アレクサンドルにほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく彼と会う約束をする。
久しぶりにドレスアップし、期待に胸を躍らせる彼女の目の前に現れたアレクサンドルの身長は、ディアーヌよりもずっと低かった。
期待がはずれたディアーヌは、早めに切り上げて帰るつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつしか魅了されていく。


身長136cmという小柄な体型、どんなに魅力的であってもその外見じゃ恋人の対象としては考えてしまうかな、という女側の気持ち。
なんでも「複雑」という言葉で片付けてしまおうとするディアーヌ。
すぐには受け入れられないし、もし恋人になったら周りの目が気になるという行為がどうしても気になってしまうこの葛藤が恋人にするか迷ってるんだよね。
同じ女性として気持ちは同意できる。
ただアレクサンドルの心の大きさ器の大きさ人柄の良さが滲み出てて、身長は小さいのに心はすごく大きくて、その人柄を見ていると身長なんて気にならないのかなって思えてくるね。

二人は心が通い合い、ハッピーエンドで終わったが、ラストのディアーヌがアレクサンドルに愛を語るシーンがなんだかあんまり説得力がなく、まだ揺らいでいそうな気がしないでもなかった。
ほかにいい男性が現れたらすぐそっちに乗り換えそうなそんな感じ。
そんな出会って間も無いのに、今までの固定概念を覆すような考え方、急にできるかって言われたら無理な話よ。

途中で流れる音楽が、絶妙なタイミングで絶妙なメロディが流れてくるもんだから思わずグッときたわ。ナイス選曲!
ピナコ

ピナコの感想・評価

4.0
楽しみにしていた映画。

シチュエーションが好き❗️
私の好きなユーミンの歌にもこんなシチュエーションあるんです。それは5㎝なんですけど。

不釣り合いって誰が決めるの?
この映画は身長のことですが他にだってありますよね。
自分はどうなのか?
相手が好きなのか?

顔はイケてる
面白い人、一緒にいると楽しいし仕事も出来る
それで充分じゃない?

でも
ディアーヌは
どうしても気になる。
人の目が気になる。
136㎝。

アレクサンドルだってこれまで悩んだことは私には計り知れない。
コンプレックスは簡単に無くなるものではなく、人の目が気になり、もしかしたら"自分の事言ってるのかな"と神経質になってしまう。
気にしていない振りをしながら
それを好きな人に"大丈夫だよ"と言ってもらえたらどんなに嬉しいか!
また、避けられたら一生立ち直れない😨

アレクサンドルは
これが自分の人生だからと。
そう自分の人生を自分で台無しにしたら悲しいよね。

それにこの彼お金持ってるからな〰️😅

人を好きになるってこういうことなんですよね。
なかなか難しいね。

小さい男性なのか?
大きい女性なのか?
基準は誰が決めた?


そして息子さんイケメン😃
若干、一人立ち出来てないけど
パパを愛してる。


アレクサンドルは『アーティスト』に出てた俳優さんですよね、だから本当の身長ではなく。
ディアーヌ役の女優さんとっても魅力的❗️


1点難を付けるとしたら
携帯を勝手に見られるのは好きじゃない。

フランス映画いいな☺️


ランペイジ観たい❗️ーーーー
と静かに家で映画を観ています😢
cateye

cateyeの感想・評価

3.6
フランス映画にしてはポップで観やすい恋愛映画でした

「普通とは違う」背の低い人男性と関係を深めていくが、周りの目が気になり…
みたいな感じだけど、観終わると
普通とは違う?普通ってなんだ?
ってなりますね

障害は君のこころのなかにある

この言葉がつきささる
まこと

まことの感想・評価

3.8
この二人は離婚することはないと思うな、それくらい強固で密接な心のつながりがこの二人にはある

コンプレックスなんて堂々と宣言してみた方がいいのかもしれません、宣言したうえで受け入れてくれる人こそまさに自分が大切にしなければいけない人だから


スパイや冒険家とかではなくて、一般人がスカイダイビングを二回やる映画は初めてでした笑
Delpy

Delpyの感想・評価

3.4
考えさせられる映画なんだけど、ああ考えさせられましたで終わってしまった映画。
障害はきみの心にあるって義理のお父さんのセリフがぐっときた。
「普通」ってなんだろう?固定観念に縛られがちな私自身もはっとさせられた。
とんとんと進むテンポの良さと、全体的にポジティブで軽やかなフランス恋愛映画。
めの字

めの字の感想・評価

5.0
とても良かった!
ゆか

ゆかの感想・評価

4.0
流石フランス映画!派手なBGMも観客を泣かせようという下心も無いけど、主人公の義理のお父さんの「障害は君の心にある」というセリフに感動した。元旦那が色々な関係者と寝てしまうのは理解し難いし、それが、恋人に飛び込んでいくキッカケになったのには、がっかり。恋人の息子がハンサムなのに良い人なのが、人は外見が全てでは無いとゆうメッセージかな?
価値観は環境と周囲の評価で形成されている。「障害は君の心の方にある」と言われたら?「小さいのはあなたの心」と言われたら?幸せのチャンスを今までのこだわりで見逃すの?自分なら、どうする?
>|