おとなの恋の測り方の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

おとなの恋の測り方2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と…

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

#35

心の中の障害…これ自分も持ってるのかもしれないなぁ。人ってどこかでそんなものを持って他人を見ているのかもしれない
あんまり期待してなかったんだけど(失礼!)本当に素敵な作品でした!
バツいちのディアーヌが出会った男性アレクサンドルは、ハンサムで、仕事ができて、お金持ちで、女性を大切にしてくれて……そして身長は136㎝だった!
彼にひかれながらも、背が低いことに向けられる周囲の心無い視線や言葉に、だんだん疲れてしまうディアーヌ。さらに自分の中に植え付けられた理想の男性像とも比較し始めて……彼女は、果たしてアレクサンドルへの愛を貫けるのか?

アレクサンドルの他人と自分を比べない堂々とした態度が良かったです(心の中では悩んだりしてるのですが)。息子が言っていたようにまさに「品位」を感じました。また、「心に障害がある」とか、「皆と同じでないといけないと思ってる」とか考えさせられる台詞がたくさんありました。
どうして人は異質なものに対してあのような態度をとってしまうのだろう……

二人が、ドナ・サマーのLast Danceに合わせて踊るシーンが最高だった。
切身

切身の感想・評価

3.7
君の心に障害がある
普通ではない人を受け付けない

などなど、ラブコメにしては人生の教訓とも言える名言が飛び交う。
そうか、ヨーロッパ映画だからか。どうりでハリウッドっぽくないわけだ。
Toku

Tokuの感想・評価

3.4
気になった音楽たち
Brake You As I Go/Emillie Gassin
Last Dance/Donna Summer
Freed from Desire/Gala
Hope There’s Someone/Antony and the Johnsons
Let Me Break Down/Emillie Gassin
The Gratest/Cat Power
England Skies/Shake Shake Go
Follow Blind/Emillie Gassin
たろす

たろすの感想・評価

4.1
アメリカの王道ラブコメだと思ってたらフランス映画でビックリした。
そして思ったよりもすごくいいストーリーだった。
身長は130センチ代でも器の大きさは誰よりも大きい!!
障害は君の心の中にあるというセリフにほろり。
CINEMAK

CINEMAKの感想・評価

3.8
「女子だったらみんな白馬の王子様に憧れる」きっとこれは間違いない。
だけど、この映画は教えてくれる。
誰がどう言おうと、自分のことを理解してくれる愛おしい人と一緒になりなさいと。
それは誰もが憧れる白馬の王子様よりも、きっとずっと楽しい人生になる。

心に障害があったのはわたし自身だ
外見や人の評価なんて関係ない。
気がついたら想ってて、一緒にいると楽しくて愛しい人。その気持ちが答えだと思う。
君の心に障害がある。
すごく深い言葉でした。
ラブコメだけど色々と考えさせられた映画です。
ステキなロマンティックコメディー。
身長136センチの男性と恋に陥る、女性の心理を面白、可笑しく描いた作品。
Ron

Ronの感想・評価

3.6
私もコンプレックスがあって子供の頃からすごく気にしてて最近やっとプラスに考えられるようになったところにこの作品をみました。
コンプレックスにどう向き合っていくか、愛しい人のコンプレックスだとより一層難しいなって。
クスッと笑えるシーンも考えさせられるシーンも兼ね備えてる映画。
義理のお父さんの「君こそ心に障害があるようだな」って台詞がめっちゃ良かったわ。
つかだ

つかだの感想・評価

4.0
一緒にいる人に対する、周りからの視線だったり評判だったり…
外見に特徴がある人特有のことじゃなくて、きっと誰にでも当てはまることなんだろうなとしみじみ。
主演二人の表情がとっても可愛らしかった…