おとなの恋の測り方の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

おとなの恋の測り方2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と…

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

周りの人達ひどいこと言うなあと思ったけど,自分なら言わないにしても思ってしまうだろうなあと思った.見た目や世間体を気にせず前に進んだ二人がかっこよかった.


2017.09.23
#映画館
東

東の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ハッピーで可愛い映画
コンプレックスと世間体の話

気付かなかったんだけどこれアレクサンドルは『アーティスト』のジャン・デュジャルダンだったんか!久しぶりにスクリーンで会えて嬉しかった

オープニングが身長差を表しててちょっと好き
あと鏡を見て我に返るシーンも良かったなあ
世間体気にするヒロインがめちゃくちゃ人間らしくて好きです

テーマが実はちょっと深い
障害は心の中にある
SACCO

SACCOの感想・評価

4.5
軽い気持ちで観に行ったら凄いツボだった。
人の目ばっかり気にして外見で判断するよりも内面で人を愛するって話。ヴィルジニー・エフィラも可愛いけど、何より濃い顔好きな私としてはこの映画で初めて知ったジャン・デュジャルダンに一目惚れしてしまった(*´艸`*)
Iris

Irisの感想・評価

3.6
静岡ではやっと公開!笑 映画の出だしの、主人公がウキウキして街を歩いてみんなが振り返るシーンがとっても好き!笑
洗練された服装とメイクがパリ美人って感じ✨
小さいながらにビッグハートのアレクサンドルもかっこいい!見た目じゃなくて考え方だなー。としみじみ。でもごめんなさい。息子がモデルさん並みにかっこよくて目で追っちゃいました笑

心の障害だ。

誰がなんと言おうと、あなたを愛することに決めた。私の人生なんだから。

の言葉が心にきた。

自分がすごい好きだな。って思えたり、愛されてるなって思えるのって当たり前のことじゃないよね。

私もスカイダイビングしよかな笑
you

youの感想・評価

-
人の目をどこか気にして、本当に素敵な彼を絶対に自分は選んでないと自覚し、客観視しかできなかったから心温まる作品だなと感じた。
プライドか。
chippi

chippiの感想・評価

3.6
"他の人生を知らない"

コンプレックスとプライド

もし他の誰かの人生だったらと思ったりするのは自分だけじゃない、自分のこともう少し大切にしてあげようと思った
ともも

とももの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

なんだか観ていて辛くなる映画だった。

彼の低身長は、私の中で「コンプレックス」と呼べるレベルを越えていて「障害」。たぶん主人公もそう思ったんじゃないかな。だからあんなに迷ったと思う。

いい人だけど障害者。障害あるけど、仕事できるし、お金あるし、センスも良くて、頭も良い。それを本人も自覚してて、あんな出会い方だったと思う。しかも別れは彼女に決めさせる。ほんとずるい男。でも、ハンディを持ったらそのくらいしないと生きていけないんだろうな。生きる術。

このふたり、今後どうなるんだろう。ハッピーエンド的だったけど、彼女にはまだなんだか引っ掛かりを感じた。

そんなこんなで観ていて辛い映画だった。
ラブコメと思ったら、笑を混ぜつつも、互いに偏見を乗り越えるカップルの物語が主だった。

本人よりもパートナーの方が周りの視線や他人がどう思っているかを気にするのは、実際ありそうだった。ハンデのある本人も気にしているのだけど、パートナーにとっちゃ初めての経験だからけっこう疲れる。お母さんの二重基準とか、自分にもありそうでハッとさせられる。

考えさせられるところはあったけど、映画としては、あんまり面白くなかった。
映画のギャグがハマらなかったのと、自分の思ってる事を全部話す会話がきつかった。話さないと分からないのもあるんだろうけど、観ていると長くてキツイ。
卓球対決の話はどっかいくし、終わり方も突然な気がして、編集で切った場面があるんだろうか。構成がすこしガタガタな気がした。
チナツ

チナツの感想・評価

3.9
これめっちゃ好き(笑)
若いうちはやっぱり相手に見た目とか求めちゃうけど、それなりに歳とったら一緒にいて幸せになれる人がいいなぁって思うようになった。他人からどう見えるか、とかじゃなくて自分自身が。

「障害は君の心の中にある」名言だと思った。
体は大きいけど心は小さいっていう予告にも出てきたセリフが頭から離れなかった。
この映画を見るとちゃんとしなきゃなぁって←表現力(笑)。思いました!
アレクサンドルの息子さんかっこよかった😍