おとなの恋の測り方の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

おとなの恋の測り方2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と…

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

理想の王子様像のなかに
高身長って高確率で入ってる

人は見た目ではないってわかってはいても
やっぱ見た目も大事ではあるよな〜

でもコンプレックスがある人って
周りに優しいあるある。
nuts

nutsの感想・評価

3.5
フランスのラブコメ面白い❗️
異性の見た目重視の感覚は全世界共通かー。
人は見た目じゃないっていうけど、やっぱり気になっちゃうのはどうしようもない。

イケメンなのに、背が低くかったら残念なのは、申し訳ないけど共感してしまう。

金持ちのオジさんに遺産目当てじゃないの?と思われちゃいそうな若い女性もいるくらいだから、人は見た目じゃないと信じたいです。

2018-97
後からCGで低身長に見せてるって知って驚いた🤯
みんな人を見た目で判断するよね🙄罪深い…
にこぺ

にこぺの感想・評価

2.5
「ワンダー 君は太陽」の大人版だね。
人間見た目でどうしても判断するし、そもそもアレクサンドルだって、モデルの様なディアーヌの容姿に惹かれてるもんね。
難しい問題です。理屈ではわかっていても、どう見えるかを気にしてしまう自分が誰だってあるのですから。

映画だから結末はわかっているけど、観る側が納得させてもらえるディアーヌの気持ちの切り替えがよくわからなかった。人に言われてじゃないでしょ?でも家族になれば、そういうのは無くなっていくのかな。

CG加工で小ささくしていると思うけど、背が低い人というより、縮小した人って感じでした。
miyon

miyonの感想・評価

3.0
いつか王子様が。
女の子達のDNAには刻まれている理想の王子様像。
このヒロインもそれは例外じゃない。むしろバツイチなら次こそは!と願い、仕事もステータスも美貌もあるからこそ、その期待値は意識せずとも高まる。
アレクサンドルとの日々は意表をついた出会いから強行突破の上空初デートまでテンポよく奇想天外な展開を次々見せてくれる。
仕事もできてユーモアもある彼に人生を見たとしても、もたげてしまうのは人は見た目が9割っていうところ。
人がじろじろと彼を目の端に捉えて薄ら笑うことに耐えられない。という表向きの気持ちの裏に、自分自身の中のイメージが邪魔をしていることにもげんなりする。
彼もコンプレックスがないわけじゃない。だからこそ、痛みのわかる器は深いし、人の迷いには聡い。自分が彼女を大切だからこそ、彼女の払拭できない迷いに幻滅もするだろうし、苦しむ姿を見たくもないと思うから別れが来てしまうのだろうとなんだか納得した。
結果オーライの大きな伏線はその払拭にはそのくらいの派手な犠牲が必要だったのだろうと思った。
ただ、これも映画の中のおとぎ話。現実はなかなか厳しいと思うのは、どちらかといえばアレクサンドル側の人間だからかもしれない。
JUSA

JUSAの感想・評価

3.0
背が高い女性側としては
背の低い男性と付き合うのはどうしても難しいと思ってしまう
故に、話が進むにつれて共感できず

器が小さい
というセリフには異論ナシ
なかじ

なかじの感想・評価

4.0
背の高さは男の価値なのだろうが、背の高さで評価するやつは信用しない。
あおい

あおいの感想・評価

3.1
見た目、中身、小さくて困るのはどっち?

予告編から気になってたフランス映画。逆身長差カップルによるラブコメ。主演は、「アーティスト」のジャン・デュジャルダン。

◎ストーリー
敏腕弁護士のディアーヌは、男運に恵まれず旦那とは離婚協議中。そんな彼女がある日出会ったのは、身長140センチの小男アレクサンドル。身長は低いが、紳士でリッチで人望のある彼に惹かれていく。しかし、付き合うにも、ディアーヌは周りの彼に対する目が気がかりなのだった…

低身長の男をナメてはいかん!まさに、心の器の小ささが問われる映画。展開やラストともに、予想の範囲内でしたが、フランス映画にしては割と笑えて、楽しめました。

やっぱり主演のジャン・デュジャルダンがあまりにもしっくりきすぎてて驚き。実際はかなりデカイ俳優さんらしいけど、まったく違和感のない合成でした。小さくてもダンディすぎた( ^ω^ )

子どものセーターとお揃い笑った。あと、ナプキン置くとこ上すぎ!嫌がらせかよ!普通の人でも取れへん位置やんか( ^ω^ )

ディアーヌが、アレクサンドルとの出会いで、成長する過程、周りの目に負けないアレクサンドルの強さと、その逆境を乗り越えた力を人に伝えていく様など、中々考えさせられる内容でした。

でもただの小男ではなく、金持ちでイケメンで優しいというオプション付きであることはやはりフィクションやなと言ったところ( ^ω^ )現実甘くないから、ジャン・デュジャルダン以外なら上手くいかなかったでしようね( ^ω^ )

まぁ暇つぶしには使えるお手軽フランス映画。
こもえ

こもえの感想・評価

4.0
ラブストーリーながらもメッセージ性のある作品ですね。

冒頭のディアーヌとアレクサンドルが出会うシチュエーションがなんともよかった。

この人いいかもって思っていた男性が自分よりかなり身長が低かったら…?

驚き、とまどい、まぁそれが一般的な反応だろうなぁ。
それでもアレクサンドルの人柄に惹かれていくディアーヌ。

人は見た目で判断するもんじゃないと頭でわかっていながら、やはりそこに引っ張られてしまう。二人の関係を心配するディアーヌの家族や同僚。

「障害は心の中にある」ガツンとくる言葉ですね。

見た目か内面か? 人の本質を考えさせられるラブコメ。なかなか面白かった。

父をありのまま受け入れるアレクサンドルの息子。この親子が素敵。
Erina

Erinaの感想・評価

3.7
“プレイヤー”で注目してた、
ジャンデュジャルダン🎩
甘い。甘すぎる。
長身ブロンド美女と、身長136センチのイケメンセレブ建築家。

自分の身長を個性だと笑いに変えて、良い意味で自信を持ってる彼は素敵です。
こうなれるまでに人は時間かかるのだと思うけど、克服した彼の魅力が全面に溢れていました。
こんな人なら、身長なんて関係ないよね。

出会い方は超非現実的というかある意味サイコ。笑 でもジャンデュジャルダンなら許されるというフランス感🇫🇷笑

ステキなラブストーリーでした💋