おとなの恋の測り方の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

おとなの恋の測り方2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と…

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

ラストシーンの彼の無言が何とも言えない。

服とかオフィスとか家とかオシャンティなとこに加点。
S

Sの感想・評価

3.0
【フランスの雰囲気と大人の恋、あまり変わり種ではないけれど、少しだけ大人な世界観を持つ1本】


設定は◎
ストーリーはシンプルすぎ
編集の仕方とBFMが素敵
しかし、
映画作品としての厚みはないかな


いろんな点で大好きな男性。
ただ、
1つ足りない。

例えば、生活力。
例えば、外見。
例えば、金銭感覚。


たくさん条件があって、
100%理想の人なんてそうそういない

「妥協」
という、言葉は嫌い。

「享受」
しましょう。


あなたの人生の
半分を一緒にいる相手、
なにを求める?

そんな課題を
とても極端に表現した作品です
だって、相手の男性は
自分の2/3しか身長がないんだもの。

結末は見えきっていました
この手の作品ではありがちですね

それでも
少しは楽しめた作品です


ユーモアとフランスの雰囲気の溢れた
大人のラブストーリーがみたい方におすすめです
nori

noriの感想・評価

-
個人主義のフランスだから、こういうことでこだわりはないかと思ったら、ある人にはあるようだ。

彼の背が低すぎて悩む。
あとはすべてOKなのに見た目に悩む。
男性が190㎝で女性が140㎝だと悩まないんだろうな。
女性が190㎝で男性が140㎝だったら悩むってことか。
彼女が普通の身長だから悩む。
これが190㎝だったら、悩まないと思う。
愛は心よとなると思う。
できないことを補うのはどんな夫婦でもあること。
彼女の器が小さかったのは確か。
元夫なんて最低。

秘書のほうが良い目を持っていると思う。
素敵!これでいいじゃない。
この秘書の衣装が可愛くて次は何を着るのかなとワクワクした。

息子もイケメンだったな~

違うところに目が行った私は、実際の話しとなるとどうなるかな。
ここまでこだわらないとは思うけど。
Him

Himの感想・評価

3.3
「障害があるのは君の心だ」
「昔から植え付けられてきた理想の恋人像」は自分自身がつけたもの
ゆーぴ

ゆーぴの感想・評価

3.1
人間やっぱり中身だ
自分の幸せは自分しか決められない

そう分かるのは大人か子供かじゃなくて
経験値かなあ
色んな人を見たからこそ分かる
本当の"大きさ"というもの

幼少期に植え付けられた理想の基準
これは大きいと思うやっぱり

共に生きるって
幸せじゃなくて困難を一緒に越えれるかって話なんだよね

ストーリーは最初から予想できたから意外な感覚はない
CG感が否めん!
男は中身ですね。

気丈に振る舞うアレクサンドルが、身長低い事を「つらい」って息子に言うシーンが辛かった…

松竹ってこういう考えさせてくれるテーマの作品多いよね。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.2
腕利きの弁護士ディアーヌは、女癖の悪い夫と離婚して3年が経つものの、まだ新しい恋とは出会えていない。元夫は仕事のパートナーでもあり口論が絶えず、いらいらが募っていた。そんな中、彼女がレストランに忘れた携帯を拾ったアレクサンドルという男性から連絡が入る。知的でユーモラスな口調にほのかにときめくディアーヌ。翌日会うことになり、胸を躍らせ待ち合わせ場所に向かったところ、やってきたのは自分よりもずっと身長の低い男性だった。期待が外れ早々に引き上げようとしていたが、リッチで才能あふれる建築家のアレクサンドルの話にいつの間にか魅了される。アレクサンドルはディアーヌが経験したことのないようなエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出、二人はデートすることになり、スカイダイビングを体験したり、闇営業のバーに繰り出したり、デートを重ねる中でディアーヌはアレクサンドルの知性やユーモアや優しさを知り惹かれていくが、周りの人の目線が怖くてアレクサンドルと付き合っていることを隠してしまう。果たしてディアーヌは、周りの人の反対や目線、何より自分の中の恋人像を乗り越え、アレクサンドルとの未来を歩むことが出来るのか?
アレクサンドルは、身長こそ136㎝で低いものの、息子を一人前と扱い大人として付き合え、周りのじろじろ見る目線はスルー出来るし、例えば「デカイ」と言った時に部下などが怪訝な顔をしたらちゃんと冷静に自分が不快な思いをしていることを伝えることが出来るし、空気を変えるためにジョークを言えるし、相手と真っ直ぐ向き合える成熟した大人なジェントルマン。それに対して、ディアーヌの元夫は、ディアーヌの潔癖なところを小馬鹿にしたり、仕事場でも独占欲を見せるなど子供っぽい。
ディアーヌは、背の高いハンサムな白馬の王子様ではアレクサンドルがないことを気にして、自分の気持ちに正直になれない。
ふたりの身長差が、恋の決断を鈍らせる恋を通して、ごく普通の人間が持っている差別心「みんなと同じじゃなきゃ嫌だ」を炙り出し、こうした差別心を乗り越え自分とは違う人間とちゃんと向き合うことがなんなのかを問うほっこりした後味のラブストーリー映画です。
erkssss

erkssssの感想・評価

3.5
2018.2.11
人が人を好きになるって何だろうと
考えさせられる時間だった。
「誰を愛するかは私が決める
私の人生よ」
当たり前だけど、刺さるセリフでした。
mar6

mar6の感想・評価

3.6
コンプレックスは誰でも持っているものだけど、人目を気にしたり人と比べずに、
自分の人生を楽しむことが、魅力ある人間になれる秘訣なんやと感じた映画でした!
widderchan

widderchanの感想・評価

3.5
コンプレックスを受容ではなく、享受した人は強い。
そんなことを思わせてくれる作品。
私は女性ではあるが背は低い。
もちろんコンプレックスである。
皆多かれ少なかれコンプレックスがあるだろう。

意外と脇役のコリーナ?が言った言葉『幼少期に原因があり頭に先入観を植え付ける』『違うものを受け入れられない』
という言葉は印象に残る。