おとなの恋の測り方の作品情報・感想・評価 - 49ページ目

「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

KKMX

KKMXの感想・評価

3.6
「障害は心の中にある」という、世界の真実を言い当てたパンチラインがとにかく印象に残ります。
ヒロイン・ディアーヌは2人きりの世界のときは問題ないのですが、他者の視点(鏡を見たときも含む)が加わると、恥ずかしい、理想とは違うといった「心の中の障害」が発生し、本当に大事なもの、本当に求めるものが覆い隠されてゆきます。
そんな「心の中の障害」を超えていくストーリーは、中々に骨太。軽やかな雰囲気ですが、結構な手応えがありました。

特に心に残ったのは、アレクサンドルの息子ベンジーが、ディアーヌと身長の件で一旦破局し、落ち込む父親を励ますシーンです。「品位がある」という彼の言葉にハッとしました。
アレクサンドルは極端な低身長という逃れられない運命の中で、腐らず勇敢に誇り高く生きています。心の中の障害にときに敗れることはあっても、屈服はせずに果敢に挑み続ける姿には、確かに品位がある。ベンジーはそんな父の姿勢をこの言葉で表現したのかな、と感じました。
心の中の障害を超えたときの晴れやかさに品位は宿るような気がします。ディアーヌの継父には品位があるように感じるし、ディアーヌの母やブルーノには品位がないように思える。

演者はおしなべて素晴らしく、特にディアーヌ役のビルジニー・エフィラは親しみやすい魅力があって好感を持ちました。
そして音楽は、キャット・パワーやアントニー等、何故か米国のインディーロックが多用されています。とてもいいんだけどフランス感はなかったかな。
pier

pierの感想・評価

3.8
デュジャルダンは障害を持ちながらも中身は理想の男性。
フランス映画らしく楽しんで鑑賞できた。
身長差カップルのお話。
主人公のディアーヌが出勤する風景ですれ違う人が振り返っていた。サングラスしてたから顔ははっきり見えてないはずだが、見知らぬ人がつい目を止めてしまう風に目立つ女性。可愛らしさの内面も透けている。
置き忘れた携帯を拾ってくれた男性。アレクサンドル。素敵な会話に心弾んで待ち合わせの場所に行ったら…

ハンサムで優しく器が大きく、仕事も才能が溢れている。文句のつけようのない素晴らしい男性。ただ身長が低かった。
彼に戸惑いながら惹かれていってディアーヌは恋に落ちる。でも真面目になっていけばいくほど自分の固定観念が壁になっていく。
アレクサンドルみたいないい人いないのに…と、彼女が自分の偏見を理屈で固める毎に歯がゆさを感じた。けど、これは映画として見ているから出た傍観者としての感想。実際に彼女の立場に立てばすぐに自分は受け入れられるかはイエスと言い切れない。
アレクサンドルの苦悩はディアーヌほど強くでていないが、彼がディアーヌに惹かれていくのと同時に自分の身長に苦しんでいるのが重かった。冗談で相手の心を軽くする陰でどれ程葛藤してきたんだろう。


しかしアレクサンドルの息子、めちゃくちゃ美形。
泡

泡の感想・評価

3.6
結末は観る前から予想できちゃったけど、
楽しく観られました!


見た目気にしないなんて無理だよね ふつう
でも自信持って明るく生きてたら、周りの人は最初は驚くかもしれないけど、関わってるうちにそんなに気にしなくなるし…

「障害は君の心の中にある」っていうの刺さったな〜

アレクサンドル役の人ほんとは身長高いんかい!いちばんの皮肉だな(笑)

フランス映画久々に観たけどフランス語の発音気持ちよかった
重くなりすぎず程よく軽率でよかった
長さもちょうどいい
まつえ

まつえの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

始まるまでアメリカらへんの
映画かと思ってたらまさかの
フランス語きてフランス映画
だった事を知りました笑
すいません。

タイトルと大凡のあらすじを
見て観る事を決めたので
それ以外は何も知らず💦

内容に関しては面白い!
けど、、、って感じです!!
どうやって撮ってるのかな?
っていう邪念が払われず
終始もやもや笑

付き合い始めて、自分の身長の
事でディアーヌが抱えている
不安を感じているときの
アレクサンドルの悲しい
表情が切なすぎた。
そしてディアーヌがプレゼント
した子供用の服を着てデート
中にそれを着た少年とばったり。心の中のあぁ〜〜😨という
感情が抑えられず口にでて
しまいました。近くに居た方
すいませんって感じでした笑

差別や偏見を取り入れた
恋愛映画。そして1番良き
だったのが親子愛した💮
息子のベンジー、素敵です。


ラストはちょっと無理が……。
そこだけ残念だったかなぁ。


私だったらどうするか考えた
けど答えは出てきませんでした。
【吹替版】
〇'18 1/10 DVD発売及びレンタル→
●'18 9/20 WOWOWプライムにて放送
発売元: 松竹
9/20 4:25〜 WOWOWプライムにて観賞
HD 1080i
2.0ch


【字幕版】
●'17 9/23〜10/6単館公開
配給: 松竹
後援: 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本→
発売元: 松竹
ワイド(PANAVISION/シネスコ)
音声仕様表示無し
10/2 11:00〜 メトロ劇場にて観賞
DCP上映
LPCM
パンフ売り切れ
※劇場では字幕版のみ。

所謂、遺伝子的欠陥または病気による背の低い人とは違うんだよな。
標準的成人男性より30cmくらい低いだけで、手足の長さのバランスも変わらない、しかも二枚目。
生活も標準より上っぽい。
コメディしてはそこそこ面白いが、あまり共感出来ない。
Osan

Osanの感想・評価

3.6
面白かった。映画では男の身長の事を捉えてコメディにしているが、本質的な所は大人になると、どうしても瑣末な情報、条件、見栄が頭からはなれず、本当に好きな人は誰なのかを見失ってしまう。一緒にいて楽しく自分の鎧を外して素直な自分でいられる相手これが1番大事。フランスの映画はオフィス内一つのカットでも映像が綺麗。オシャレというより成熟matureしている。
追伸、俳優さんは実は182センチあり、画像はCGらしい…おどろき。。
Omiki

Omikiの感想・評価

1.0
外見よりやはり中身のの重要性!ってかんじでした!最後は思った通りの結末
たくみ

たくみの感想・評価

3.8
背が低いことを気にしない素振りで強気に振る舞うアレクサンドルが、「僕が見える?」と尋ねる場面が切なかった。

「障害は君の心の中にある」と語られているように難しい問題をテーマにした作品ではあるが、所々で挟まれるコメディや2人の純粋な恋模様なども描かれている楽しい作品だった。
魚

魚の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりのフランス映画 障害は心の中にあるって言葉、ずしっときた