おとなの恋の測り方の作品情報・感想・評価 - 61ページ目

おとなの恋の測り方2016年製作の映画)

Un homme à la hauteur/Up for Love

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と…

辣腕弁護士のディアーヌは、女たらしの夫と離婚して3年経つが、新しい恋は未だ見つけられず。仕事のパートナーでもある元夫とはしょっちゅう口論になり、今日もむしゃくしゃする気持ちで帰宅した彼女のもとに、一本の電話が入る。相手の名はアレクサンドル。ディアーヌがレストランに忘れた携帯を拾ったので、渡したいという。彼の知的でユーモラスな口調に気分も一変、ほのかなときめきを覚えたディアーヌは、さっそく翌日彼と会うことに。久々にドレスアップをして、期待に胸を膨らませて待っていた彼女の前に現れたのはしかし、自分よりもずっと身長の低い男性だった。 当てがはずれた彼女は早めに切り上げるつもりが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルの話術にいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼は、そんなディアーヌにいままで経験したことのないエキサイティングな体験をプレゼントしたいと申し出て、デートの約束を取り付ける。果たしてこの恋の行方は…?ディアーヌは周囲の目を気にすることなく、自分自身の先入観も克服して、アレクサンドルを受け入れることができるのか?

「おとなの恋の測り方」に投稿された感想・評価

普通に楽しめる大人の恋愛映画。でもそれ以上のものはないかなぁ。
予告を超えてくるものすごいものとかはない。
振り返れば、回収されてない話もあったりで、あのエピソードは…?なとこもある。

でも恋愛映画としては十分に楽しめるし、あんな風にオシャレに積極的に来てくれる男性はそれだけで夢があっていい。
ヒロインの女優さんもバリキャリ風なのに、可愛げがあって素敵でした。
役者が素敵だと、やっぱり素敵な映画になるなぁと思いました。
ゆしを

ゆしをの感想・評価

3.5
自分が良ければ良い。
要は自分次第。
人間の大きさは見た目ではなく中身。

笑える中に米国よりのフレンチヒューマンがあってとっても良かった^ ^
eri

eriの感想・評価

3.1
フランス映画のハンディキャップをお涙頂戴に誇張して描いたりしない、バランスの良いドラマツルギーが大好きで、期待したのだけど、ディアーヌの動機と解決がちょっとわかりにくい。もっと理由が欲しいし、ドラマが欲しい。卓球のくだりを回収しないところなどにアラを感じる、カタルシスは細部に宿るようである。普通にアレキサンドル主人公の目線で見てみたかったな。
A

Aの感想・評価

2.5
序盤はとても良い。
音楽も素敵だし、出会い方もロマンチックで電話のシーンもとても好き。

だけど、2人が良い感じになるのが早すぎる。
背が低い彼を周りにどう思われるか彼女が気にしだすけど、最後まで2人にとっての障害はそのくらい。
問題が無さすぎて面白みに欠ける。
さらっと終わってしまった。
SUIKA

SUIKAの感想・評価

2.9
「障害は君の頭の中にある」

身長が極端に低いけどユーモアがあってリッチで顔が濃い系のハンサムという分かりやすいキャラクターを通して「人は見た目か中身か」っていうn番煎じ問題をコメディータッチで表現したフランス映画。

自分の中でのモヤモヤ(キスしながらふと見た鏡で彼との身長差にはっとし、自分が気にしていることを知るとか)だけではなく、いかに周りがその「不自然さ」に過剰に反応し、受け入れてくれないことにイラつく(=1番自分がその状況を気にしている)ことをちゃんと描いているところは、現実での葛藤をリアルに映しているとは思う。

けど、娘がそんな彼と人生を共にしたいという告白を伝えただけで、道路を逆走して事故を起こす(そしてそれを悲鳴を上げながらも告白し続ける娘)シーンはコメディーだからっていらないし、そもそも冒頭のシーンで、主人公の彼女がまるで絶世の美女かのように周りの男性が振り向くシーンもいらない。(彼女が美人だってことで何かが発生することはないけど、なんでいれたんだろ?あと彼女はそんなに「誰もが振り向く美女」なタイプではないと思うんですが、これは私とフランス映画の好みの違いですか?)

最後だって、理想像を植え付けられたんだって言う彼女に対して、それは自分で植え付けたんだろって言って、その言葉が2人の超えられない壁をくっきりさせて別れになったはずなのに、結局最後また会いに行く彼女は「私は植え付けられたから…」ってまた同じ言葉を繰り返してはいませんでしたかね?それなのに彼女を受け入れる彼…。「なぜ!?」で尽きました…

3年ぶりに会ったお姉さん方の友人が、彼氏欲しいなんて一言も言ってないし、むしろまた同じことを繰り返しそうだからいいって言っているのに、勝手に私に合う人を選び出したり、昔の占い結果であった結婚が遅いをわざわざ蒸し返したり、私は好きになってくれる人ではなくて自分が好きな人を選ぶからダメなんだ等々言うモヤーとした食事会が先日ありまして、「じゃあ、これ観て恋愛学んでやろうじゃないの!」と観たんですけどね… うーん、振り返ると全てが予告編の内容でしかなかっな…とちょっと残念な映画でした。

あっ、息子さんはハンサムで、それは実際に観たから気付けた点でよし!親子関係はとても素敵だったと思います。
ai

aiの感想・評価

3.5
お金に余裕のある大人の男女の、トレンディドラマのようなオシャレなラブコメ。ひとつだけ違うのは、男性の背が平均よりかなり低いこと。ディアーヌが他人の目を気にしてウジウジ悩むのがイライラしたけど、これが現実なのかも…。冒頭、颯爽と歩くディアーヌが周りの注目を集めているのは、アレクサンドルの境遇にも似ているように見えたけど、それには触れられないのが気になる。美しさで注目されるのと、背の低さで注目されるのとは性質が違うけれども、意味ありげに思えた。
ぴ

ぴの感想・評価

3.0
息子がヒモすぎたけど案外いい人でびっくりした 障害はあなたの心の中にある、っていい言葉だな
Yukino

Yukinoの感想・評価

-
フランス映画らしく、
いわゆる"ふつうの"恋愛映画では
なかった。
冒頭部のふたりの出会い方も
なかなかよかったけれど、
彼の登場シーンもすごくよかった 。

それから、デートの誘い方も、
デートの場所もセンスありすぎて
どんどん彼女と同様彼に惹かれて
いった。

たいせつなことは、
目に見えないのだ。
Alexandre みたいな、
カッコよくて品のある
素敵な人になりたい。
すごくすごく良かった。
スマートで本当に素敵な男性。
低身長以外悪いところない。
メッセージ性もしっかりあって、皆にオススメしたい映画◎
Pandaful8

Pandaful8の感想・評価

4.5

「かぼちゃワイン」「ラブコン」に次ぐ、逆身長差ラブコメm9`д´)
前半はポップなラブコメに見せつつ、後半は「自分の理想の男性像と現実のギャップをどう乗り越えるか」
「この身長差にどう向き合うか」
と、シリアスで考えさせられるシーンも多かった。

携帯電話の拾い主・アレクサンドルは、高コミュ力・高収入・更にとてもジェントルマンなハイスペックガイm9`д´)
初対面の女性をスカイダイビングに誘うなんて、なかなかできませんなぁ(;´д`)

アレクサンドルは、
「仕事もプライベートも充実してるし、ありのままの自分を受け入れてるよ!(*´∇`*)ドヤサ!」
と、身長のことを一見気にしてない風に振る舞っていたけど、実は内心かなり気にしていて…。
「本当は、周りにも自分にも嘘をついているんだ」
と、息子に心情を吐露するシーンには、泣けた(´;ω;`)

「本当は身長のことを気にしてるのに、それを周りには気付かせないよう振る舞えるのは、とても品位があることだ」
と慰めてくれるアレクサンドルの息子、めっちゃいいヤツ…(´;ω;`)ニートだけど。
早く定職に就いて、お父さんを安心させてほしい!m9`д´)



低身長のアレクサンドルとの交際を良く思わないディアーヌの母親が、耳の不自由なご主人に対して、

「あなたの耳が聞こえないのは傍目にはわからないけど、彼はパッと見てすぐわかる。だから、あなたの障害と彼のそれは、度合いが違う」

と言うのを聞いて、障害者同士でもどっちが上にとか下とか、ヒエラルキーみたいなのがあるのかなと思ったり…。

その後ご主人が言い放つ、
「障害があるのは、君の心の方だ!」
と言う台詞には、ハッとさせられました。

大型犬の飼い犬に押し倒されたり、棚に捕まって宙ぶらりんになったり、低身長あるある?なシーンはコミカルで可愛らしくて、ホッコリ(*´∇`*)アラアラ

観賞後、柔らかい気持ちになりたい人へオススメ。