ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣の作品情報・感想・評価

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣2016年製作の映画)

Dancer

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:85分

4.2

あらすじ

19歳で英ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなるも、人気のピークで電撃退団。バレエ界きっての異端児の知られざる素顔に迫ったドキュメンタリー。

「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」に投稿された感想・評価

FumiyuKo

FumiyuKoの感想・評価

4.1
ダンスに全てを奪われても、やっぱりダンスに戻っていってしまうそれを運命とよぼう
Yamanen

Yamanenの感想・評価

-
瞬きが惜しくなるくらい、美しい身体
まりん

まりんの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

彼のジャンプに一目で心を奪われますね。
素人目にも凄く軸がしっかりしているのが分かる。
人間て、あんな風に飛べるんだ‥
勿論、選ばれて、そして更に努力をしたからでしょうけど。

それにしても美しい。あれは人気出るでしょうね。
Robert Pattinsonに似ているのですが、むしろ彼よりも整って居ます。
ルックスは勿論、演技も素晴らしいもの。そして危うい。
引退のダンスの出来の素晴らしさ。曲のチョイスも完璧。
怒りと絶望と悲哀と切望を感じる・・

どうか心が安らぎますように・・と願わずにはいられません。
Ayah

Ayahの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

壊れちゃいそうなくらい号泣。
なんかもう、ほんと、すごいドキュメンタリーだった。

ダンスの美しさ、編集のうまさ、音楽の絶妙さ・・・という映画としての完成度の高さがまず第一。

そして、多方面にわたる深いテーマの数々が、自分のなかにあるいろんな記憶と結びついて、たまらなかった。。。

*

好きだったものを極めていくうち「競争」の世界に飲まれ、いつの間にか「好き」という感情を見失うこと。

立ち止まりたくても、結局踊りしか目の前に道はなく、怒りも葛藤も反抗心も、何もかもを、踊りにぶつける他なかった切なさと、ひたすらに踊り続ける彼の”狂気”。(一時期話題になった『セッション』の何百倍も、こっちのほうがリアリティと切迫感がある)

同じ境遇をあじわい、間近にいたからこそ、苦しみと葛藤を誰よりも理解し、どんなときも決して彼の手を離さなかった親友の厚い友情。(→これは天才と秀才の関係性みたいにも思えて、映画『アマデウス』を思い出した)

貧しさと、ビザがおりないために、愛すべき我が子を単身で海外に送り出すほかなかった親の悲しみと苦しさ。

-

そして、予想外にたくさん詰まっていた「家族」のテーマ。

「家族のために」と頑張っていたはずが、”成功”を願ううち、いつの間にか家族を壊すことになっていく皮肉さ。

親は「子供のため」と言うし、実際にそう思っているのだろうけど、でもそれは行きすぎると、「押し付け」や「支配」になっていること。

幼少時代のバレエの先生に再会した時の、セルゲイの柔らかく無邪気な笑顔を見たら、「あぁ人ってやっぱり、”帰る”場所があることって大事なんだろうな」って思えて、それをずっと求めている自分が重なって、泣けてきたり。

セルゲイがお母さんに向かって「僕を信じてくれなかった」と言ったのに対して、お母さんが「あなたの才能を信じていたわ」って答えた言葉も心に刺さる。

違う、彼は「才能」を信じてほしかったんじゃない。才能がなくたって、成功しなくたって、頑張っていなくたって、ただただ自分自身を愛して欲しかったはず。。。

-

でも何より、彼が喪失した「家族」は、どんなファンレターもどんなメディアの賞賛も、埋めきれなかったということが、全編を通じてすごく伝わってきて、ドシンと自分のなかに残る。

喪ったものは喪ったものでしか、回復できないのかもしれない。

逃げててはダメで、向き合うしかないのかもしれない。。。

そんなふうに突きつけられるモノがあって、もうほんと、最後のほうは息が止まっちゃってたんじゃないかと思うくらい、映画と自分だけの世界に入り込んだ感覚だった。
Nodoka

Nodokaの感想・評価

4.7
ドキュメンタリーっていうジャンルは初めて見たし、
セルゲイのことを知ったのも今年
それも来日した時にスッキリで演技をたまたま見たからでした
だから彼についての予備知識なんて、ほぼないに等しい状態で見に行ったんですけど、それでも楽しめました
バレエなんてやってる友達はいたけど、自分はやったことないし、見たこともなかったけど
この映画を見て、セルゲイという人間に興味を持ち始めて、バレエ見てみたいなと思いました
天才ながらの葛藤を抱えつつも、期待に応えるように演技をするセルゲイはかっこよかった
故郷に戻り、初めてバレエを教えてくれた恩師と再会するシーン
ジーンとくるものがありました
彼も周りのプレッシャーとかきつかったんだろうなって考えたら涙が溢れそうになりました
花

花の感想・評価

5.0
「この世で最も強く美しい身体を持つのはバレリーナ」という言葉の証明。
始まった時から「あ、泣きそうだな、泣きそうだな」と思っていたけれどバレエ教室の先生の「セルゲイ、わたしの太陽」という台詞を皮切りに溢れた。

彼が幼い頃にまだ旧ソ連だったウクライナでも当てはまるだろうが、特にロシアではバレエやフィギュアスケートで生きていく人々の幼少時代はつらかったり大変だったり、それ以外の事がままならなくなると聞く。最初はただ踊ることが好きな子供だったのに。
それでもやはりわたしも彼の踊りを見たいと思ってしまう。
彼の素晴らしい人生を祈る。
S

Sの感想・評価

4.2
綺麗な生き物すぎた。神々しい天才。
ホームビデオを見続けてるような感覚。彼の愛の物語。ホームビデオを通じて家族からの愛が伝わってきて号泣した。はーよかった
あ

あの感想・評価

-
魅了された
ちさと

ちさとの感想・評価

4.4
美しくて繊細だけど力強い
>|