ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣の作品情報・感想・評価

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣2016年製作の映画)

Dancer

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:85分

4.2

あらすじ

19歳で英ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなるも、人気のピークで電撃退団。バレエ界きっての異端児の知られざる素顔に迫ったドキュメンタリー。

「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」に投稿された感想・評価

FumiyuKo

FumiyuKoの感想・評価

4.1
ダンスに全てを奪われても、やっぱりダンスに戻っていってしまうそれを運命とよぼう
ILC

ILCの感想・評価

-
毎度のことドキュメンタリーは評価が難しいから点数付けることができない
カナイ

カナイの感想・評価

3.9
とても誠実に1人の人を映し出したドキュメンタリーだった。バレエに詳しくなくとも、彼がどれほど突出したダンサーであるのかが分かる。その苦悩も。長い手足で軽やかに舞い、回転し、高く飛ぶ時の美しさたるや。魔法を見ているよう。構成や音楽もよかった。
koya

koyaの感想・評価

3.8
17.11.23
キネマM
memo

memoの感想・評価

4.7
儚さと芯の強さ、しなかやさとダイナミックさのような対立するものの双方の性質を孕んでいる、絶望の中に光を見出すような、踠き苦しむ切実さと渇望と美しすぎる表現
彼の身体はボロボロで、それでも『苦しみから逃れるには踊るしかない』というコピーが秀逸
美しい孤独だった。
セルゲイの心の葛藤に焦点を当てているので、彼の喪失感や苛立ちがすごく伝わってきて、だからこそラストの激しいダンスは強烈だったし痺れまくった。
ダンスを観て感動して泣いたのなんて初めて。
圧倒的な美にひれ伏した。

同級生が嫉妬することも出来ないほどの才能がある天才でも、それが幸せではなく本人の首を絞めることになるってすごく皮肉。
舞台を降りると、この人はこのまま消えていなくなっちゃうんじゃないかっていうくらいの儚さで目が離せなかった。

観終わった後、ロビーでバレエをやってるであろう女の子達が、「神作品!!」って興奮冷めやらぬ声で話してたのが印象的。

とにかくとにかく美しかった!
ntk_m

ntk_mの感想・評価

4.2
ずっと観ていたい 彼がマックスで踊れる間に観に行きたいなあ…
moony

moonyの感想・評価

3.8
美しかった。飛ぶ姿ずっと観ていたい。
tsuchi

tsuchiの感想・評価

4.0
眼、
跳躍、
天才
猫とポルーニンの他には何もいらぬ。
人という種族の中で最も美しいサンプルだなあと思う。
>|