ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣の作品情報・感想・評価

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣2016年製作の映画)

Dancer

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:85分

4.1

あらすじ

19歳で英ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなるも、人気のピークで電撃退団。バレエ界きっての異端児の知られざる素顔に迫ったドキュメンタリー。

「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」に投稿された感想・評価

ダンスが美しかった、
RN

RNの感想・評価

-
観てない人はみて バレエ映画で必ず観た方が良い映画です
蟻

蟻の感想・評価

4.0
102

この手の天才って周りから距離を置かれたり理解者がいないパターンが多いけど良い友達がいて良かった(何様目線よ?)
みゆき

みゆきの感想・評価

3.6
痛々しくて美しい。Take me to the churchは前から好きな曲で、彼がその曲で踊って話題になったことは知らなかったので、感激してしまった。
やっと観れた…!!

芸術における才能豊かな人って好きなんだよなあ。
なぜならその裏でものすごく努力してる人ばかりだから。真面目な人が多いから。

素人目にもわかる凄さ。魅入ってしまいました。
Hinako

Hinakoの感想・評価

5.0
やーーーーーーーーーーーっと観れた

このレビューはネタバレを含みます

遂に招待した家族での写真撮影の距離感とか、踊ることに救われていた事に気付くラストは涙が止まらなかった。
外見の魅力はもちろんだけれど、少年時代の苦労、苦悩が彼を表現者としてより魅力的にしているのでは?

選曲が◎映画というよりドキュメンタリー映画版くらいの感じで観るといいかも。
ちょっと関係ないけれど、個人的にバレエの美しさって、相撲と似通うところがある様に思う。
世界一優雅な野獣と呼ばれる
セルゲイ・ポルーニン。

その美しさは生まれ持った才能と
日々の努力が生み出したものでした。

天才と呼ばれるには人より努力
しなくてはならない。

彼の実力は本物だし
美しさも人間を超越していた。

久しぶりに何回も見直した。
一度でいいので、
生でセルゲイのバレエを観たい。
mami

mamiの感想・評価

4.5
映画館で見たかったー!!
それほど彼の"美しさ"が素晴らしい!
ダンサーやドキュメンタリーが好きなのでとても面白かった!
天才の持つ苦悩や葛藤は計り知れない。
バレエを続けることで家族がバラバラになり両親が離婚…
そこで踊る意味を見失ってしまうが最後には再びダンサーの道を選ぶ。
体はタトゥーだらけでも努力家で家族を愛する子どものように純粋な彼の踊りは本当に素晴らしい。
いつかは彼の舞台を生で見てみたい。
>|