人生フルーツ(2016年製作の映画)

上映日:2017年01月02日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:91分
    監督
    伏原健之
    キャスト
    樹木希林
    あらすじ
    かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようになる。そして1975年、自ら手掛けたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめた。それは修一さんにとって、ごく自然なライフワークとして継続されることになる。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきた。そして、90歳の修一さんに新たな仕事の依頼がやってくる。

    「人生フルーツ」に投稿された感想・レビュー

    ちよめ
    ちよめの感想・レビュー
    2017/03/14
    5.0
    観て良かった…ここ最近観た映画で一番良かったです。
    修一さんと英子さんの暖かく豊かな生活と、語る言葉に心が洗われ癒されます。
    建築家の家庭と生き方、夫婦のあり方としてとても理想的でした。

    どんな人にも観てほしい。
    自分がもっと成長してから、そして年老いてからもまた観たいと思った。
    今ポスターを見るだけでも涙が込み上げてくる…

    繰り返されるフレーズ、観終わったらこれを書き留めておきたくなるし、何も見なくても言えるくらい覚えてしまう。


    風が吹けば、枯葉が落ちる。
    枯葉が落ちれば、土が肥える。
    土が肥えれば、果実が実る。
    コツコツ、ゆっくり。
    eigajikou
    eigajikouの感想・レビュー
    9時間
    -
    ポレポレ東中野に『息の跡』観に行った時立ち見出ていて私が観たジャック&ベティでも満席。時代がやっと津端さんに追いついたのと分かり易さにヒットも納得。
    罵り合って離婚の80代夫婦ドキュメンタリーはなし?誰も観たくないか。
    gnz
    gnzの感想・レビュー
    15時間
    4.0
    きっと人生の正解の一つなのかな。
    える
    えるの感想・レビュー
    21時間
    4.0
    観終わったあと、あちこちから
    「こんな年のとり方いいね」
    「いい夫婦だったね」と
    いう言葉が聞こえてきました。
    もうほんとその通り。
    理想にしたい人生です。
    ブレない人はかっこいいなあ。
    何度か入る樹木希林さんのナレーション
    『風が吹けば、枯葉が落ちる。
    枯葉が落ちれば、土が肥える。
    土が肥えれば、果実が実る。
    こつこつ、ゆっくり。
    人生、フルーツ。』
    これを、帰って主人に話そうとしたら、
    『風が吹けば…』のところで
    「桶屋が儲かる?」と返ってきました。
    まさに資本主義の真っ只中にいるって感じ(^o^;)
    でも、それで笑い合えたから、よしにします(笑)
    できれば一緒に観たいなあ。
    HAL8192
    HAL8192の感想・レビュー
    1日
    3.4
    理想的な老後生活、87歳と90歳の夫婦が自然を大切にした夢のような生活の映画・・・

    正直言って、合わない。ドキュメンタリーといってもあまりにも現実味がない。

    その理由は特殊すぎる例を淡々と写し取っているからだろう。例を挙げると東京大学出身で、建築学を勉強した元広島大学教授が、300坪というあまりにも大きな家を買い、徒歩5分バス10分でかなりの都会に行けるという立地条件で楽しいスローライフを暮らすという物だからだろう。また、夫婦二人で177歳もの年齢で、健康的だというのも理想を見せつけられているようでなんとも言えない。

    現実的な「金」の話は殆ど作品中描かれないが、彼らの夫婦生活は一般生活から見ればとても裕福だと言わざるを得ない。また健康面でも「介護」が必要になるような年齢でもあるのに平気なのも羨ましい限りだ。

    この作品はその前提を上手く隠しながら、スローライフという物の理想的な側面をドキュメンタリー特有の編集で見せているに過ぎない。

    確かにあの生活にインターネット環境とスマートフォンが、混ざりあえば私から見ても羨ましいほど理想的な老後だと思う。

    ただ、それは99%の人には不可能な程のハードルの高さがある事を理解した上で、見ると感動は出来ない。

    現実問題、現代社会に生きる20代の観客の殆どは40年以上という年月を投資してもあの自然に満ち溢れた豊かな暮らしは手に入れることはまず不可能だろう。(あなたが東京大学クラスの出身で、建築学に富み、裕福な職に就き、農業に理解のある女性と結婚し、幸せで仲睦まじい生活を送れるなら話は別だが)
    くみこ
    くみこの感想・レビュー
    1日
    4.9
    理想の夫婦とはこのこと。
    観ながら思わずにこにこしちゃう微笑ましい生活と、色々な現実。

    映画の最後には「家はくらしの宝石箱でなくてはいけない」の意味がよくわかった。

    観てよかった映画。
    あこ
    あこの感想・レビュー
    1日
    5.0
    高度経済成長期の真っ只中で、こんな考えを持って、実践されていた方がいらっしゃったとは知らなかった!

    「次の世代に残せるのは、お金では無く、何でも育つ良い土」
    私も子供達に何か残せるよう、出来る事を、小さく、コツコツ、積み重ねて行かなくては…!
    カズキチ
    カズキチの感想・レビュー
    2日
    4.5
    自分がこの映画を語るにはまだ若すぎる。。
    しかし若い世代にも是非見てほしい。というより全ての人に見てほしい。この映画凄いアクションなんだよーとか、アカデミー賞とかそんなチンケな映画観てる場合じゃない。いや実際チンケじゃないけどそれくらい観てほしい。感じる大事なものが必ずあるはずだから。

    豊かな生とは何か。それを考えさせられる。現代の利便性に感けてすぐ結果を求めてしまう人には何かクるものが必ずあるはず。「そんな面倒なことせずネットで買えばすぐじゃない」そういうことじゃないんです。
    人生は見た目だけじゃないとか、色々心の底から沸いてきて書き切れない。表現しきれない。

    私も今やっていることをコツコツと頑張っていきたい。
    sena
    senaの感想・レビュー
    2日
    5.0
    さっきたまたまふらっと立ち寄った小さな映画館でパンフレット見て即鑑賞。
    かなり年齢層高めでしたけどすぐに満席になって。。。

    「家は暮らしの宝石箱でなくてはならない。」

    敗戦から高度経済成長期、日本の都市計画に貢献してきた建築家夫婦の暮らしの話。「あぁ、人生の本当の豊かさってこういうものか。」と思えました。就活の面接で「あなたにとっての豊かさとは何ですか?」という質問に凄く悩んでしまった自分に答えをくれました。今この映画に出会えてほんとに良かった。100点です。
    20代の私にはこんな暮らしはまだまだ程遠いけど、しっかり生きて楽しいことをたくさん経験して将来こういう風に生活できていればいいなと思えました。

    今週もう一度観に行こうと思います(笑)
    DVDにはならないそうなので、是非映画館に観に行ってほしいです!
    矢野佳糸美
    矢野佳糸美の感想・レビュー
    3日
    5.0
    いまのタイミングで観て良かった。私はきっとこんな風には暮らせないし、私がこの家に住んでもこんな住まい方にはならないんだろうな?とかいろいろ思うけど、歳を重ねるって良いことだなぁ!と素直に思えた!自分が生きてきたようにしか死ねないと聞いたことあるけど、本当にそうだなぁと思った。65年も一緒にいる人を最高のガールフレンドとサラッと言う姿が印象的だった。まだまだパンフレットを隅々まで読んでいろんなことを感じている途中。DVDにはならないって監督さん言っていたから大切な人には絶対すすめる!
    >|