人生フルーツの作品情報・感想・評価

人生フルーツ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月02日

製作国:

上映時間:91分

4.4

あらすじ

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようにな…

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようになる。そして1975年、自ら手掛けたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめた。それは修一さんにとって、ごく自然なライフワークとして継続されることになる。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきた。そして、90歳の修一さんに新たな仕事の依頼がやってくる。

「人生フルーツ」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

5.0
観て良かった…ここ最近観た映画で一番良かったです。なんて良い映画なんだ。
修一さんと英子さんの暖かく豊かな生活と、語る言葉に心が洗われ癒されます。
建築家の家庭と生き方、夫婦のあり方としてとても理想的でした。

どんな人にも観てほしい。
自分がもっと成長してから、そして年老いてからもまた観たいと思った。
今ポスターを見るだけでも涙が込み上げてくる…

繰り返されるフレーズ、観終わったらこれを書き留めておきたくなるし、何も見なくても言えるくらい覚えてしまう。


風が吹けば、枯葉が落ちる。
枯葉が落ちれば、土が肥える。
土が肥えれば、果実が実る。
コツコツ、ゆっくり。
tomi

tomiの感想・評価

4.5
久しぶりのドキュメンタリー
上映最終日にぎりぎり観に行けました
学生時代に津端さんの本を買って持っていて、これは観に行かねば~と思っていたので、間に合って良かった!

ふたりの仲の良さも、暮らしかたも、住まいの形も、すべてがとても素敵でした
ふたりにとってあの家は宝箱だし、お互い思いやりながら暮らしているふたりを見ててほっこりしました
チャーミングでかわいい!
わたしもあんな夫婦になりたいな

できることから、小さく、こつこつ
ときをためて、ゆっくり

私も最善を尽くして、もっと丁寧に生きていきたいと思いました
risa

risaの感想・評価

4.4
こんな風に生きたい。
INFOBAR

INFOBARの感想・評価

3.8
とても良かった。
修一さん90歳、英子さん87歳 合わせて177歳の青春。
こういう家でこういう暮らしをしているお二人を見て、
少し驚き、とても心地良く、やっぱり羨ましく思いました。
…人生は長く生きるほどより美しくなる…
英子さんの作る料理が本当に美味しそうでお腹が空いた。
(ジャガイモの話が面白い。そして今でも作り続ける)
黄色い木の立て札…名前の下に書かれたひと言が温かい。
手書きの葉書、木製のドールハウス、御餅の焼き印、・・・
自分で出来る小さい事を、コツコツとコツコツと…
流れる時間のスピードが違う?って思ってしまう作品です。

🎥189本目/17年 ※1週間限定上映の刈谷日劇に感謝!
miumiu

miumiuの感想・評価

4.8
こつこつ丁寧に、自分とまわりのひとを大切にして生きよう…と思わせてくれる映画。
Kaede

Kaedeの感想・評価

5.0

2人はすごくお似合い。
2人の生活を見て、お互いのこだわりを理解しあうことはとても素敵で大切だなと思った。そのこだわりを共有できることはもっと素敵。

便利な時代に生まれたわたしにとって、自分でできることをなんでもコツコツ少しずつやることはきっとめんどくさく感じて簡単じゃない。2人に喝を入れられた気がした。
ワカコ

ワカコの感想・評価

5.0
本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に観てよかった
mmm

mmmの感想・評価

4.2
とても豊かに暮らされてる。自然に抵抗せずに取り入れて、いかして、いかされて。
夫婦てこういうカタチなのかと、そいうものを、感じた。
こつこつと。やれば見えてくる。
手を動かして。
koln

kolnの感想・評価

5.0
本当にこれはドキュメンタリーなのか?と疑いたくなる、それほど完成された作品。豊かな老後の生活を描く一方で、高度経済成長という日本の歴史を描き、そして、モノて溢れる現代への警告?ともとれるメッセージが込められていると感じた。これだけの映画を作るためにどれだけ津端さんの家に通ったのだろう、製作者の苦労と想いも伝わってくる。ドキュメンタリーとしては最高傑作な作品だと思います。
>|