人生フルーツ(2016年製作の映画)

上映日:2017年01月02日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:91分
    監督
    伏原健之
    キャスト
    樹木希林
    あらすじ
    かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようになる。そして1975年、自ら手掛けたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめた。それは修一さんにとって、ごく自然なライフワークとして継続されることになる。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきた。そして、90歳の修一さんに新たな仕事の依頼がやってくる。

    「人生フルーツ」に投稿された感想・レビュー

    ちよめ
    ちよめの感想・レビュー
    2017/03/14
    5.0
    観て良かった…ここ最近観た映画で一番良かったです。
    修一さんと英子さんの暖かく豊かな生活と、語る言葉に心が洗われ癒されます。
    建築家の家庭と生き方、夫婦のあり方としてとても理想的でした。

    どんな人にも観てほしい。
    自分がもっと成長してから、そして年老いてからもまた観たいと思った。
    今ポスターを見るだけでも涙が込み上げてくる…

    繰り返されるフレーズ、観終わったらこれを書き留めておきたくなるし、何も見なくても言えるくらい覚えてしまう。


    風が吹けば、枯葉が落ちる。
    枯葉が落ちれば、土が肥える。
    土が肥えれば、果実が実る。
    コツコツ、ゆっくり。
    クーネルサンダース
    クーネルサンダースの感想・レビュー
    2時間
    5.0

    このレビューはネタバレを含みます

    ストーリーは取り立ててないのに、2人の暮らすその佇まいだけで完成したドラマでした。

    2人の自画像のイラストは、いつも「ひでこさん」が最初にくるのがとてもいいなと思いました。

    うちのお父さんは、いつもお母さんの文句や相談をわたしにしてくるので、「家に閉じこめてきたあなたの責任なので、責任もって向き合いなさい。」と答えてあげています。


    昼寝からそのまま起きてこなかった最期が、とても津端さんぽい気がした。
    死に方にも生き方が表れるのかもしれない。
    落ち葉が土に還っていくような最期だった。

    たぶん、わたしは心臓に脂を詰まらせて死ぬんだろう。
    あい
    あいの感想・レビュー
    3時間
    4.8
    2017.03.17
    優しく刺さるドキュメンタリー。
    きっとみんな、こんな風に生きられたら、って思うよね。
    互いへの思いやりが散りばめられた生活。
    丁寧な暮らし、コツコツ、ゆっくりと。

    「ほんとうにたいせつなこと」ってそんなにたくさんなくて、とてもシンプルなんだと思う。それがこの映画の中につまっていた。

    修一さんの言葉に、わたしはたくさん背中を押された。
    「人」をとても大切にされている。
    「生きている限り、最善を尽くします」この姿勢は忘れたくないなぁと思った。

    そして修一さんが修一さんらしく生きていけたのは、英子さんの支えがあってこそ、なんだなぁ。

    ああ、もう一度観たいです。東海テレビありがとう。
    ぴろぴろ
    ぴろぴろの感想・レビュー
    18時間
    4.8
    2回観て来ちゃいました。
    90歳の修一さん、87歳の英子さん ご夫妻。
    「彼女は僕の最高のガールフレンド」
    「愛してる とか言葉では言えないけど、なるべくお父さんのイイ様にしてあげたいと思うんです」

    素敵なドキュメンタリーでした。
    東海テレビ、ありがとう。
    誰にでも真似できるものではありません。
    でも、知っているのと知らないのでは、これからの生き方、人生が違って来る気がするのです。
    コツコツと ゆっくり。
    手間をかけて生活する。 本当の豊かさって こういう事を言うんだと思った。 生活が豊かに便利になった分、見えないけど欠けてしまったモノもあるのだろう。
    お2人とも綺麗な日本語を話し、シャンとしていらっしゃる。 お互いを思い合って、何気ない会話を沢山するんですね。 英子さんがチャーミングで、可愛いらしい。 祖父母や両親を思い出します。 日本人ってやっぱりスゴいし、誇らしい。 黄色いプレートの文字も、修一さんが書くお礼状も味があって凄く良いんです。 そう言えば私、手書きの手紙自体、最後に書いたのいつだったかなぁ。 ホント真似は出来ないんですけど。

    風が吹けば枯れ葉が落ちる
    枯れ葉が落ちれば土が肥える
    土が肥えれば果実が実る
    こつこつ、ゆっくりと。

    樹木希林さんのナレーションがまた作品に寄り添っていてすごく良かった。
    ビバムビマン
    ビバムビマンの感想・レビュー
    19時間
    4.2
    歳を取るってカッコいい
    m
    mの感想・レビュー
    20時間
    4.2
    わたしはふたりでいることを知らずにひとりで死んでゆくんだなあと思った。ふたりでいればケンカもするだろうけど、こんなふたりになれるなら結婚もいいかなと。プリン美味しそうだった。ビーフシチューもイチゴのケーキも。焼き魚の果てまで。
    こえ
    こえの感想・レビュー
    1日
    4.6
    二人の生活をただ映しただけの映画なのに、なんでこんなにもいいんだろう。
    日本住宅公団のエースとして受賞経験もある建築家の修一さんと妻英子さんの二人は、今はその経済至上主義的な世界からは離れて、アントニン・レーモンドの自邸を真似た家で暮らしている。野菜や果物を育て、土と風の匂いを感じながら、ただただ暮らしている。
    こんな暮らしができることはなにか特別なようにも思えるけど、なにも特別なことはないようにも思える。人に頼らず、なんでも自分でやるという姿勢で、生活の全てをまかなってきた。当たり前のようで、当たり前でないようで。
    監督は、(ナレーションの)樹木希林さんに「あなたには才能がないのよ」と言われたんだとか。すごい言葉だ。そしてこの映画に限っていえば、その才能のなさが映画の余白になって、観る者を魅了するのだろう。押し付けがましくなくて、ニュートラルな状態で観られる。普段はセブンイレブンの弁当ばかり食べている独身の監督と修一さん夫妻の奇妙ともとれる出会いだけど、その余白が映画の味になっている。
    映画の最後に、修一さんが「人生最後の仕事」を受けるところがある。九州の精神病院の療養施設で、報酬はなし。それでいて、現役時代と同じくらいの熱の入れようと仕事の処理能力。いつでも設計できる体勢で暮らしていたその姿勢に感動した。こんな人がいたんだと驚いた。
     こつこつ、ゆっくり。
     人生、フルーツ。
    何度も繰り返されるこの言葉が味わい深く、そのたびに何度もかみしめていた。
    麻
    の感想・レビュー
    1日
    5.0
    毎日を丁寧に生きる
    凍える冬のあと
    必ず春になる

    植えたどんぐりの木が
    枯葉を落として土の栄養になり
    木の実や野菜を結実させる

    お二人の生き方がとても美しく
    心に温かな風を感じた

    カメラを覗くスタッフの真摯な姿勢も伝わって来る

    都会の人は気付かないだろう
    田舎でさえも日々森が消えていることを
    あっという間に丸太になって横たわるし
    初夏の風で穂を揺らしていた田んぼも
    あっという間に平地になっている

    時代に置き去りにされているようで、
    実は私達が、時代に踊らされているのだった。

    自分と自然のものたちとが、同じ命を生きている、そう感じた。
    sw
    swの感想・レビュー
    1日
    4.5
    よき。
    nono
    nonoの感想・レビュー
    1日
    4.2
    「彼女は僕の生涯の最高のガールフレンドです」なんて堂々と言う90歳。素敵だったな
    それと同じくらいときめいたのは手作り版シルバニアハウス。
    お孫さんのリクエスト通り忠実につくっていてとっても心が踊った、、あれ欲しいなぁ、、

    お互いがお互いを信頼し合って、いつでも相手に対するおもいやりを一番大切にしながら暮らす。
    そんな2人はとっても大切に丁寧に毎日を生活していて、
    「なんでも自分でやってみると見えてくるものがあるんだ」って、手作りがたくさん。
    家の庭でコツコツ育てている季節毎に採れる野菜にフルーツ、とっても美味しそうだった。
    コンビニでは買い物はしたことがない、信頼できる人から買うの、って。
    消費者から生産者の顔が見えないことが当たり前になった今、すごく大事なことだなと思った

    どんどん世の中は便利になっていって、不自由ない生活をこうして送れているのだけど、そのぶん失われていってるものは大きくて、なにより失っていることをなかなか自覚できない
    この映画はそんな失われてるものを教えてくれる映画だった
    コツコツ、ゆっくり。ときをためて、『生きる』ことに手間暇かけて毎日過ごしたい
    そしてまた、希林さんのナレーションがなんとも素敵でした。
    >|