人生フルーツの作品情報・感想・評価

人生フルーツ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月02日

製作国:

上映時間:91分

4.4

あらすじ

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようにな…

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようになる。そして1975年、自ら手掛けたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめた。それは修一さんにとって、ごく自然なライフワークとして継続されることになる。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきた。そして、90歳の修一さんに新たな仕事の依頼がやってくる。

「人生フルーツ」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

5.0
観て良かった…ここ最近観た映画で一番良かったです。なんて良い映画なんだ。
修一さんと英子さんの暖かく豊かな生活と、語る言葉に心が洗われ癒されます。
建築家の家庭と生き方、夫婦のあり方としてとても理想的でした。

どんな人にも観てほしい。
自分がもっと成長してから、そして年老いてからもまた観たいと思った。
今ポスターを見るだけでも涙が込み上げてくる…

繰り返されるフレーズ、観終わったらこれを書き留めておきたくなるし、何も見なくても言えるくらい覚えてしまう。


風が吹けば、枯葉が落ちる。
枯葉が落ちれば、土が肥える。
土が肥えれば、果実が実る。
コツコツ、ゆっくり。
kaho

kahoの感想・評価

5.0
本当に大好きな映画!柏の映画館にて
mon

monの感想・評価

4.5
観てよかったと心から思う
gonta

gontaの感想・評価

4.1
異世界感がすごいけど、それがつばたさん達の日常。日常は自分で作るもの。
かよ

かよの感想・評価

3.3
夫婦の顔が良かった。
7

7の感想・評価

4.0
コツコツ、ゆっくり 取り組んできた事がやがて実を結ぶ話。
神様が最後の一大仕事をしに戻ってくる話。
ドキュメンタリーでありながら、一つの物語としての完成度の高さに驚きました。
全てを真似する事は無理だけれど、
今までちっぽけに思えていた事、面倒くさいと投げ出していた事に対し
少し真面目に向き合ってみようかな、という気持ちにさせてくれる作品でした。
事前情報もろくに入れて観なかったので観る前は「暮しの手帖」に載りそうな夫婦の「よりよい暮しのススメ」的な映画でだからこそそういう層にウケたんだろどうせ〜くらいにしか思ってなかったけど全然そんなことなかった
90歳と87歳の夫婦の密着ドキュメンタリーなので結構ハードな内容になっていて観終わった後は「より良い暮し」なんて最早どうでもよくて「夫の個人的な想いから40年以上の暮らしという名の実験に付き合ってる奥さん…!?」という気持ち9割:津端修一という建築家から戦後の団地という日本建築史の側面を垣間見られて面白かった1割という感想でした
「土」を大切にする夫婦の暮らしが何よりも眩しかった。ピアノの伴奏がズルいくらい良い。


ちょうど最近、広島の祖母と、畑で取れたジャガイモとカボチャでコロッケを作ったところ。

色々と思うところがあった。
スローライフを送る元建築家の夫婦を描いたドキュメンタリー。

夫の津端修一さんはかつてニュータウンを作る計画を指導した建築家。90歳となった今は妻と2人で自分が設計したニュータウンの一角に家を構え、70種類以上の果実や野菜を育てている。

この2人の暮らしぶりがとても良い。2人とも90歳近くなっても腰も曲がらず元気。枯葉を撒いて土を肥やし、畑を耕して、育てた作物を美味しい料理にしたり娘たちに送ったり。

そんな自給自足の暮らしも素晴らしいが、何より2人の関係性が良い。とっても仲良さげで、愛し合い尊敬しあってるんだなあというのが分かる。夫がインタビューで「妻は僕の最高のガールフレンドです」って堂々と答えるシーンや、夫の死に際に妻が遺体に向かって「また会えるのを楽しみに1人でも頑張りますから」って声をかけるシーンとかは思わず涙が溢れる。。

この自給自足のスローライフ、映画を見ていくと決して簡単なものでなくて、夫婦が2人とも暮らしのプロフェッショナルだからこそなせる生活なんだなあと強く思った。たくさんの食物を土から育てる技術にそれを料理する妻の技術、建築技術を生かしてかわいい看板を立てたり、絵を描いたり、障子を張り替えたりする夫の技術。

便利さや娯楽らしい娯楽こそないけれど、すごく「豊か」で「贅沢」な生活だなあと思った。ほんとはマックのハンバーガーを食べたりパチンコに行ったりしたいけど、健康に悪いから我慢してるとかではないんだ。自分たちのやることなすこと全てがプロの技だから、変な便利さに頼る必要がないだけなのだ。自分で全てできるっていうのはすごく豊かなことなんだなと思い知った。

それももちろん初めからできたわけではなく、作中にも出てきたけどできることから少しずつコツコツとやってきた結果がこの今の生活なんだろうなと思った。ちょうど土を肥やし、何年も世話をして樹木を育ててようやく果実が実るように。

津端さん夫婦がこういう暮らしをしているのは、自分が携わったニュータウン計画の失敗からきているという。当初の津端さんのプランでは里山の情緒を残した住宅地を考えていたが、利益優先の時代のせいで同じような建物を平行に並べただけの無機質なものにされてしまった。夫婦の生活は、そんな街の中でも一人一人が家に雑木林を作り作物を育てることで、無機質な街に里山を取り戻せるのではという壮大な実験だった。

しかしこの映画ではそういった津端さんの想いよりも、「スローライフを送るお年寄り」というキャッチーな部分だけを取り上げすぎている気がした。

最初の「風が吹けば枯葉が落ちる、枯葉が落ちれば土が肥える、土が肥えれば果実が実る」っていう言葉もべつに津端さんがそんなこと言ったわけでもないし、ガウディやコルビュジエの自然の素晴らしさや歳をとることを賛美するような言葉を引用するのも恣意的だし、ナレーションに樹木希林を起用するのも、2人の「徳の高いお年寄り」としてイメージづける印象操作に思える。

重要なのはそこではなくて、たぶん津端さん夫婦はたとえ90歳でなく60歳でも40歳でも同じような素晴らしい夫婦の関係で、同じような暮らしを目指してきたはず。もちろん長い年月がその暮らしを熟成させてきたのはあるだろうけれど。

津端さん夫婦は尊敬しあう夫婦関係、自給自足の生活、建築家としての側面と、ドキュメンタリー対象として面白い側面がありすぎてどこを中心に切り取ればいいのか難しそうだった。ドキュメンタリーを作るのって大変だなあ。
ドキュメンタリー映画は基本的にあまり好きじゃないけれど、妻に引きずられて鑑賞。穏やかで静かな時間。でも、その境地に達するまでに色々な事があったね。夫婦の時間ってとても大切だね。今を大事に生きようと思いました。
>|