人生フルーツ(2016年製作の映画)

上映日:2017年01月02日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:91分
    監督
    伏原健之
    キャスト
    樹木希林
    あらすじ
    かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようになる。そして1975年、自ら手掛けたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめた。それは修一さんにとって、ごく自然なライフワークとして継続されることになる。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきた。そして、90歳の修一さんに新たな仕事の依頼がやってくる。

    「人生フルーツ」に投稿された感想・評価

    観て良かった…ここ最近観た映画で一番良かったです。
    修一さんと英子さんの暖かく豊かな生活と、語る言葉に心が洗われ癒されます。
    建築家の家庭と生き方、夫婦のあり方としてとても理想的でした。

    どんな人にも観てほしい。
    自分がもっと成長してから、そして年老いてからもまた観たいと思った。
    今ポスターを見るだけでも涙が込み上げてくる…

    繰り返されるフレーズ、観終わったらこれを書き留めておきたくなるし、何も見なくても言えるくらい覚えてしまう。


    風が吹けば、枯葉が落ちる。
    枯葉が落ちれば、土が肥える。
    土が肥えれば、果実が実る。
    コツコツ、ゆっくり。
    自分の暮らし方を見つめ直した。
    機械と効率が全ての現代で、アナログのかたまりである人間が生きていくのは無理がある…
    あたたかくて涙がとまらないなんて初めてだった。。
    自分たちが90歳になって「彼女は僕の最高のガールフレンド」って言ってもらえる奥さんになりたいし、そんな夫婦が素敵すぎる。。
    ひでこさんの言葉ぜんぶが心にひびく。。
    人生がフルーツだなんて、素敵な生き方。
    自分たちで暮らしていくということ
    人、物、食べ物に感謝し大切にすること
    それは自分を大切にできるということ。
    丁寧に、コツコツ、ゆっくり、
    生きてみたくなりました。
    愛にあふれていました。
    初めての京都シネマ
    そもそもミニシアター系の映画は初めて
    夫婦が発する何気無い1つ1つの言葉が全身に響きます
    ポレポレ東中野にて。
    風が吹けば、枯れ葉が落ちる。
    枯れ葉が落ちれば土が肥える。
    土が肥えれば果実が実る。
    こつこつ、ゆっくり人生、フルーツ。

    戦後の復興や災害で住む場所をなくした人、高度経済成長期とともに日本住宅公団に務めてた修一さんの手掛けた都市計画は緑や山をなくす結果とともに、その仕事から距離をおいて緑を残す大事さ、ひとりひとりが家の庭作りで出来ること教えてくれた。
    妻の英子さんとともに長い人生を共に歩んでお庭で野菜70種類
    果物50種類もの作物をともに植えて収穫して、それを英子さんお手製の美味しそうな料理の数々
    それを笑顔で食べる修一さんと英子さんが可愛らしい(^o^)
    修一さんの感謝の手紙や絵が素敵!

    お金は残せないけど次の世代に残せる緑は大事だね。


    (´- `*)長生きするほど、より人生は美しくなる!

    素敵な理想の夫婦(^o^)
    素晴らしかった。鑑賞後三日経っても、ふとした時にひでこさんの言葉を思い出す。「悪いことは言わないの」
    「主人にちゃんと食べさせて、ちゃんとしたものを着せてれば、自分にも良いことが戻ってくる」等。あのような生活は真似出来ないけれど、せめて精神だけでも心に留めておきたいと強く思った。
    >|