人生フルーツの作品情報・感想・評価

人生フルーツ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月02日

製作国:

上映時間:91分

4.4

あらすじ

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようにな…

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようになる。そして1975年、自ら手掛けたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめた。それは修一さんにとって、ごく自然なライフワークとして継続されることになる。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきた。そして、90歳の修一さんに新たな仕事の依頼がやってくる。

「人生フルーツ」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

5.0
観て良かった…ここ最近観た映画で一番良かったです。なんて良い映画なんだ。
修一さんと英子さんの暖かく豊かな生活と、語る言葉に心が洗われ癒されます。
建築家の家庭と生き方、夫婦のあり方としてとても理想的でした。

どんな人にも観てほしい。
自分がもっと成長してから、そして年老いてからもまた観たいと思った。
今ポスターを見るだけでも涙が込み上げてくる…

繰り返されるフレーズ、観終わったらこれを書き留めておきたくなるし、何も見なくても言えるくらい覚えてしまう。


風が吹けば、枯葉が落ちる。
枯葉が落ちれば、土が肥える。
土が肥えれば、果実が実る。
コツコツ、ゆっくり。
macco

maccoの感想・評価

5.0
お二人の生き方はもちろんすてきなのだけれども、特に言葉の一つ一つがとてもすてきだった。話す言葉やプラカードの言葉、それからお手紙の言葉とか。
特に好きなのは、「小鳥の水谷 どうぞ!」のプラカード!優しさが溢れてた。
やっと見ることができた。深い深い愛。自分と自分の人生に対する尊敬。自然に対する信頼と畏敬。全ての答えは偉大なる自然の中にある。そうだよなぁ。ホントにそうだ。ニュータウンと言う人工物を造りながら自然と共に生きると言う相反する命題を体現したご夫婦の姿がなんとも尊いものに見えて…。これは決して「現代人が忘れてしまった何かを…」と言う話では無いように思う。今をどう生きるか。次世代にどう遺すか。知恵ある者がどう振る舞うべきなのか。そう言うことを示されたのだろうと思う。人生の最晩年を、それでも誠実に生ききるご夫婦の姿。素晴らしかった。
Moeko

Moekoの感想・評価

4.1
家は暮らしの宝石箱。
生活のひとつひとつをもっと丁寧にこだわろう、、。
ShoHomma

ShoHommaの感想・評価

4.7
タイトルのセンス。
YokoSuzuki

YokoSuzukiの感想・評価

4.3
理想の夫婦像。
結婚相手に妥協をするのは良くないと思いました。
そして、健康の素晴らしさよ。真面目に正しく生きることがもたらす、一番の幸せ。
このおじいちゃんほど幸せな人っているのかな。
harami

haramiの感想・評価

4.6
ゆっくり、コツコツ。
きっと、いいことありますよ。
疲れた時に思い出したくなる言葉が沢山。
素敵な人に出会った時のような温かい気持ちに...。
出来ることからコツコツ積み重ねていけば、豊かな土壌ができてこんな風に実りある人生になるのかなあ。
見てよかったと心から思える映画。
静かな描き方がとても合っていた、家は生活の宝箱でなければ、ならないなあ
mitchan

mitchanの感想・評価

4.0
「リトル・フォレスト」じじばば版。良かった。
あかり

あかりの感想・評価

4.3
生きるなかで自分の幸せ、人の幸せをかたどることができた夫婦の物語

その幸せをきちんと紡いで、その生き方は死んでも消えない

一人で残されたひでこさんがコツコツ人生を育みつづけるのも素晴らしいなあ

小鳥の水飲み場とか
構成もすごく良かった

生活と仕事、生と死、連続しているものを無理に切り離さずに自分として存在したいと強く思わせてくれる素敵なドキュメンタリーでした
>|