人生フルーツの作品情報・感想・評価

人生フルーツ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月02日

製作国:

上映時間:91分

4.4

あらすじ

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようにな…

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようになる。そして1975年、自ら手掛けたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめた。それは修一さんにとって、ごく自然なライフワークとして継続されることになる。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきた。そして、90歳の修一さんに新たな仕事の依頼がやってくる。

ナレーション

「人生フルーツ」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

5.0
出会えて良かった…なんて素晴らしい映画なんだ。
修一さんと英子さんの暖かく豊かな生活と、語る言葉に心が洗われ癒されます。
建築家の家庭と生き方、夫婦のあり方としてとても理想的でした。

どんな人にも観てほしい。
自分がもっと成長してから、そして年老いてからもまた観たいと思った。
今ポスターを見るだけでも涙が込み上げてくる…

繰り返されるフレーズ、観終わったらこれを書き留めておきたくなるし、何も見なくても言えるくらい覚えてしまう。

風が吹けば 枯葉が落ちる
枯葉が落ちれば 土が肥える
土が肥えれば 果実が実る
コツコツ ゆっくり
どんな仕事をしていても、人として大切に守らなければならないことがあることに気付かされた。それこそがその人の生き様なんだ。
miena

mienaの感想・評価

4.5
夫妻の自給自足的な暮らし。
こういう生活は田舎でこそと思い込んでいたけれど、そんなことないんですね。

もちろんそれはたやすいことではなくて、夫妻が歳月をかけて築きあげたからこそですが。
コツコツゆっくりと。
まさに人生フルーツ。

そして料理やケーキ、手紙、小さな看板…
ちょっとしたことも日々を楽しく潤してくれる。

自分しだいで、暮らしも気持ちも豊かになることを教わった気がします。

夫婦、家族、仕事、そして社会、未来へも、静かな愛が詰まった作品でした

点数をつけるものじゃないと感じたので
スコアはなしで
死ぬまで健康でいるって
本当に素晴らしいなって
思いました
死んでもなお引き継がれる
自分の思い
修一さん最後の仕事かっこよすぎる

ひとりになっても気丈な様子で
コツコツやることをやる英子さん
心も体も強くたくましく美しかった

このレビューはネタバレを含みます

津端修一さん、90歳。
奥様の英子さん、87歳。

このご夫婦を追った、ドキュメンタリー作品です(^^)

このお歳になられても、
「彼女は僕にとって最高のガールフレンド」
と言われるほど、ほんまに素敵なご夫婦でした( ´∀`)♬

お互いの事を、さん付けで呼ばれるのも素敵でした(^^)♬


お2人がお住まいなのは、
愛知県春日井市高蔵寺( こうぞうじ)。

建築家の修一さんは、かつて日本住宅公団勤務時に、高蔵寺ニュータウンの計画と設計に携わることになった。


僕は以前、仕事で春日井市にいた事があったのでとても親近感が湧いて、観たかった作品でした(^^)♬
当時住んでたのは、お隣の小牧市ですが。
イチローの実家がある、豊山町もすぐ近くにあります。



結婚されて65年間、共に過ごされて、お2人はゆっくりと、コツコツと時をためて過ごされてこられます。

尊敬する建築家の方を真似て作った自宅。畑で沢山の果実や野菜を育て、英子さんがご飯を作り、修一さんが美味しいと言う。

その修一さんの言葉に、英子さんは喜び、そんな日常が日々続いている( ´∀`)


ほんまに、時が止まったような素敵な空間でした♬
美しいというか、なんというか、豊かに生きるってこのような事を言うんだなって感じました(^^)


ずっと、お2人の仲睦まじい姿が見れると思っていたその中で、修一さんが亡くなられた時はびっくりして、言葉が出なかったです。

しかも亡骸まで映って、寄り添い言葉をかける英子さんの姿には涙が溢れました。

ドキュメンタリー撮影期間中に亡くなられたそうで、そこまで撮影許可が降りた事もすごい事やと思いました💦
よほど、撮影スタッフの方達と信頼関係が築かれていたんだなと感じました。


お一人になられた英子さんは、その後も毎日修一さんの分のご飯も作って、お供えしている。

きっと、修一さんは美味しいと言ってくれてると思います。


「風が吹けば、枯葉が落ちる。枯葉が落ちれば、土が肥える。土が肥えれば、果実が実る。こつこつ、ゆっくり。人生フルーツ」※作中より引用※


ご苦労も多かったでしょうが、
このお2人の様な人生を過ごすことが出来れば、心豊かに生きる事が出来そうです。

観てよかった( ´∀`)♬

自分も、こつこつ、ゆっくり、人生フルーツで行きたいです(^^)
poi

poiの感想・評価

4.8
記録
ユリカ

ユリカの感想・評価

5.0
なんて素敵なご夫婦なんだろう

チャーミングな果物や花のネームプレートの一言にほっこりした

自然の中で生かされてることを、ゆっくり生きていいことを、生き急がなくていいんだって、忘れがちだったことを思い出しました
りりこ

りりこの感想・評価

5.0
人としてどう生きるか、は、毎日毎日何をして生きるか、でしかないということ、人との出会いの丁寧さ、質の高さなど、どんな啓発本より身にしみる映画。英子さんと同じことは到底出来ないけれど、毎日きちんと食事して生きていきたい。お二人がお若い時よりもステキなお顔になられているのが、何よりの果実だと思います。
YuRia

YuRiaの感想・評価

5.0
こころの師匠となる方を見つけた … そんな気持ち 。後半は感動して涙がとまらず 、ずっとずっと涙していました 。

修一さんの放つ言葉や佇まい 、そしてひとつひとつの物事に対する在り方がもう “ 光 “ という表現でしか言い表せなくて 。

ああ … 光だ これが光ということなんだ ー と何度も何度も心のなかで呟いていました 。

こんな風に生きたい ー そう思えるものが詰まってた 。ありがとう ありがとう 。
あっこ

あっこの感想・評価

3.5
2018.5.19
CS
>|