人生フルーツの作品情報・感想・評価

人生フルーツ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月02日

製作国:

上映時間:91分

4.3

あらすじ

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようにな…

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようになる。そして1975年、自ら手掛けたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめた。それは修一さんにとって、ごく自然なライフワークとして継続されることになる。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきた。そして、90歳の修一さんに新たな仕事の依頼がやってくる。

ナレーション

「人生フルーツ」に投稿された感想・評価

panpie

panpieの感想・評価

5.0
今日初めて映画をハシゴしました。
いつもは都合つく時間が無く暇が出来た時に一本だけ観て帰るのですけど続けて観れる時間と観たい映画の時間が合って続けて観る事が出来ました。
続けて観ると前の映画の感想が薄くなっちゃうかなと思ってましたがそんな事ない程どちらも素敵な映画で観終わってすぐレビューする事も初めてかもしれません。


90歳のおじいちゃん、87歳のおばあちゃんがお互いを思いやっていたわり合って本当に素敵でした。

おじいちゃんは建築家で住んでる家も自分で設計して建て二人は野菜も果物もほとんど自給自足で生活しています。
おばあちゃんはその野菜や果物で美味しそうなお料理を作って二人は幸せそうにそれをいただいています。
それ以外の食料品はバスと電車を乗り継いでいつものお店へ買いに行くおばあちゃん。
そのお店に一週間後美味しくいただきましたって絵葉書を描いて送るおじいちゃん。

印象的だったのはおばあちゃんはパン食なのにおじいちゃんには雑穀米を土鍋で炊いて毎朝作っているとこ!
あとおばあちゃんはじゃがいもがあまり好きじゃないのにじゃがいもが大好きなおじいちゃんの為にじゃがいも料理を作るとこ!
朝食に手作り羊羹が出てくるとこ!
お鍋で作ったのかな?でっかい手作りプリンを作ってそれを見たおじいちゃんは嬉しそう。
使い込まれた土鍋や鉄鍋でのお料理本当に美味しそうでした。

二人は世間で言うところの高齢者なのだけど驚く程フットワークが軽やかで働く働く。
じっとしてる事はなく実にアクティブ!
障子自分で定期的に張り替えるんですよ!
おばあちゃんのお料理中おじいちゃんが洗濯物を畳んだり。
もうびっくりして顎ガーンてなりました。
私の方が若いけど仕事が休みの日こんなに1日動いてるかなって。笑
口調もね軽やかなんです。
ご高齢なのに言い淀んだり言葉が出て来ないなんて事は全く無くスラスラハキハキされていて後期高齢者なんて言ったら失礼な程しゃっきりしている!
私こんなにゆるりと映画を観た事が無かったんじゃないかって思う程くつろいだ気分で映画館で観たのは初めて!
とってもあったかくて二人を観ているだけで幸せだった。

戦時中のお話やこの後悲しい事が起こるのだけど二人の人との関わり方が凄く温かくて優しいんです。
こんな気持ちは少し忘れていました。
まず人を大切にする事。
凄いなぁ。
映画を観て心洗われて少し今までの自分を反省しました。

丁寧に生きる。
なんでも自分でやってみる。
そしたら何かが見えてくる。
いきなり全部はハードルが高くて出来なさそうなので少しずつやってみようかなと思いました。

私も帰ったら久しぶりにじゃがいものコロッケ作ろうかな。(*^^*)
ふー

ふーの感想・評価

4.5
日々の暮らし、生きるうえで大切にしたいこと、色々なことを考えさせられるドキュメンタリーでした。
毎日食べるものには気を使うし、自給自足というか、とても環境やからだにも優しい暮らしだと感じました!
素敵な暮らしをみれてほっこり。
ふとん

ふとんの感想・評価

4.0
こつこつ、ゆっくり年を重ねるごとに美しくなる人生。

ご夫妻の暮らしに対する姿勢に、クラクラしました。
gqgq69

gqgq69の感想・評価

4.5
素晴らしいです。色々粗いですが、テレビと違い、変な演出がない分引き込まれます。テレビ業界の人たちは必見。
Emi4

Emi4の感想・評価

-
東京で生き急いでる感がある日々。いろいろ頭の中いっぱいで疲れてしまいます。
小さなことをコツコツと。
ゆっくり丁寧に生きたいです。

このレビューはネタバレを含みます

ついにタイミングが合ったので月一上映会に行ってきた。パイプ椅子も出すほどの大盛況ぶりにびびった。混雑した映画館とか久々すぎた。
ドキュメンタリー映画というのはちゃんと見たことがなく、テレビのドキュメンタリーと何が違うのかなって思っていたけど、丁寧に2人を追いかけてきた映像を、なんとなく映画的に組み立てられているように感じた。起きた出来事をただ時系列に並べるのではなく、取材映像を丁寧に丁寧に組み立て、丁寧にナレーションを入れた、大切に作られた映像作品だと思った。CMが入らず、じいっと暗がりでスクリーンを見つめるというのは、没入できて良いな、と。
たったの2時間程度で夫婦のことを知ったように感じるのは失礼だと思うけれど、会話や仕草、部屋の様子から、2人が重ねてきた時間が滲み出ていて、旦那さんの遺体に話しかける奥さんを見て、泣いてしまった。シルバニアハウスの話とかも、自分が両親や祖父母に愛されてきた記憶を呼び起こされて、なんか泣けた。
なんかよくわからないけれど、終始うるうるしてしまった。いい映画だったし、上映会に人が殺到するのも納得だった。
ゆみ

ゆみの感想・評価

5.0
うわぁ〜〜〜!!!!めっちゃ良かった……ボロボロに泣いた……。

武器をつくる仕事から、都市化を進める仕事から、離れるように離れるように行き着いた終着点。でも彼の「生きる念」のような信条は、彼の昔の仕事があってこその形を成して未来に息づいていく!やっぱりこれじゃなかった、と思って方向転換したとしても、その前が絶対に無駄にはならなくて、それがあったからこそ、今の暮らしに添える華をつくる事ができるというか。

実際に結婚を控える身としてこれからがすごく楽しみになったし、こんな姿勢や歯車の噛み方があるんだっていう気づきと、必ず訪れる二人の終わりを、意識することができて良かった。そして、現代人の最期は結局これなんだろうと予想してた以外の道が普通にあるよ、という、チカラの入っていない希望を見せてもらった!わたしもコツコツ、ニコニコ、やっていきたい〜〜。
sako

sakoの感想・評価

5.0
とても好き
osamuuji

osamuujiの感想・評価

4.5
ようやく見れた。映画館で見れたことに感謝。
Furunya

Furunyaの感想・評価

4.0
心のこもったドキュメンタリー
>|