人生フルーツの作品情報・感想・評価

人生フルーツ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月02日

製作国:

上映時間:91分

4.4

あらすじ

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようにな…

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようになる。そして1975年、自ら手掛けたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめた。それは修一さんにとって、ごく自然なライフワークとして継続されることになる。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきた。そして、90歳の修一さんに新たな仕事の依頼がやってくる。

「人生フルーツ」に投稿された感想・評価

panpie

panpieの感想・評価

5.0
今日初めて映画をハシゴしました。
いつもは都合つく時間が無く暇が出来た時に一本だけ観て帰るのですけど続けて観れる時間と観たい映画の時間が合って続けて観る事が出来ました。
続けて観ると前の映画の感想が薄くなっちゃうかなと思ってましたがそんな事ない程どちらも素敵な映画で観終わってすぐレビューする事も初めてかもしれません。


90歳のおじいちゃん、87歳のおばあちゃんがお互いを思いやっていたわり合って本当に素敵でした。

おじいちゃんは建築家で住んでる家も自分で設計して建て二人は野菜も果物もほとんど自給自足で生活しています。
おばあちゃんはその野菜や果物で美味しそうなお料理を作って二人は幸せそうにそれをいただいています。
それ以外の食料品はバスと電車を乗り継いでいつものお店へ買いに行くおばあちゃん。
そのお店に一週間後美味しくいただきましたって絵葉書を描いて送るおじいちゃん。

印象的だったのはおばあちゃんはパン食なのにおじいちゃんには雑穀米を土鍋で炊いて毎朝作っているとこ!
あとおばあちゃんはじゃがいもがあまり好きじゃないのにじゃがいもが大好きなおじいちゃんの為にじゃがいも料理を作るとこ!
朝食に手作り羊羹が出てくるとこ!
お鍋で作ったのかな?でっかい手作りプリンを作ってそれを見たおじいちゃんは嬉しそう。
使い込まれた土鍋や鉄鍋でのお料理本当に美味しそうでした。

二人は世間で言うところの高齢者なのだけど驚く程フットワークが軽やかで働く働く。
じっとしてる事はなく実にアクティブ!
障子自分で定期的に張り替えるんですよ!
おばあちゃんのお料理中おじいちゃんが洗濯物を畳んだり。
もうびっくりして顎ガーンてなりました。
私の方が若いけど仕事が休みの日こんなに1日動いてるかなって。笑
口調もね軽やかなんです。
ご高齢なのに言い淀んだり言葉が出て来ないなんて事は全く無くスラスラハキハキされていて後期高齢者なんて言ったら失礼な程しゃっきりしている!
私こんなにゆるりと映画を観た事が無かったんじゃないかって思う程くつろいだ気分で映画館で観たのは初めて!
とってもあったかくて二人を観ているだけで幸せだった。

戦時中のお話やこの後悲しい事が起こるのだけど二人の人との関わり方が凄く温かくて優しいんです。
こんな気持ちは少し忘れていました。
まず人を大切にする事。
凄いなぁ。
映画を観て心洗われて少し今までの自分を反省しました。

丁寧に生きる。
なんでも自分でやってみる。
そしたら何かが見えてくる。
いきなり全部はハードルが高くて出来なさそうなので少しずつやってみようかなと思いました。

私も帰ったら久しぶりにじゃがいものコロッケ作ろうかな。(*^^*)
ステキな夫婦に癒された💓
smmt705

smmt705の感想・評価

-
90歳とかであんなにしっかりとご飯を食べて、土を育てて、それだけでとてもすごい!お二人とも、思いやりに満ち溢れていて、ご飯を作るにしろ農作業にしろ、手紙を書くにしろ、必ず誰かの事を考えている。しかも、コツコツ欠かさない。忙しかったり、自分の事しか考えていない人に、是非見て欲しい!誰かの気持ちを考えるって、豊かな事だと本当に思えるから!
もこ

もこの感想・評価

4.0
90歳と80歳(後半)のご夫婦の日常と人生のお話。建築家の旦那様とそんな旦那様を支える奥様は、本当に理想のカップルというか魂の番いという感じで、こんな二人のような大人になりたい!と思った。すごい細くて素朴なんだけど、あんなに細い体のどこにそんな力が?!と思うくらいパワフル。二人でなんでも作り、二人でなんでも挑むお姿に感動した。こんなにパワフルで優しい人たちがこの世にはいたのか……。何気ないお二人の言葉がきらきら輝いていて、ああこの人たちはどんな人生を歩んできたのか、本当に豊かなんだなぁと思った。

旦那様の津端さんの死に顔を出したのはちょっとびっくりしたけど、その死に顔があまりにも穏やかで自然だったので「怖い」と思うことはなかった。寝ている間に天国に行く人。それってほんとに凄いことだよなぁ。
私はあまり長く生きることに魅力を感じないんだけど、こんな二人のようになれるのなら長く生きてみるのも悪くないなと思わせてくれた。
Olive210

Olive210の感想・評価

4.8
数年前に友人から紹介された本「ときをためる暮らし」。その友人から本作が再上映されてるとの知らせが入り、直ぐに見に行きました。映像の力って凄い。とても印象深い本でしたが、本の10倍ワクワクしました。英子さんの笑顔が60年前と全く変わらない。手作りの和洋菓子がとっても美味しそう。90歳になっても以前と変わらずこまめにあの黄色いプレートを作る修一さん。体がしんどいから、そろそろ生活スタイルを変えようなんて気は微塵もないお二人。本当に尊敬します。人生には哲学が必要だとつくづく感じました。英子さんの何気ない言葉の数々がキラキラと光をまとって流れ、消えていきました。
90年 昭和と共に生きた男とその男と共に過ごした女の記録。

スローライフ万歳映画と思っていた。しかしZ旗を掲げた餅つきと台湾の「弟」の墓参りから、この映画は昭和というフルーツの終わりの終わりを映画を描いたと感じた。

仕事に対する姿勢は古き良きサラリーマン、昼行灯だけどエースであり、最後の仕事で彼はいつも絶えず「刃を研いでいた」。まさに最後の侍。

となると彼が築いたあの家は「城」であり自主独立または反抗の象徴となる。

となりのトトロのメイとさつきの父と母そのものなので、宮崎駿がこの映画を見たらどのような感想を言うのだろうか?
「親愛なるわが兄」と言うのだろうか。
sweetsoul

sweetsoulの感想・評価

3.7
とりあえず記録。
味わい深い映画だった。
夫婦2人の丁寧な命のいとなみと、その強い絆にとても感銘を受けた。

スローライフという響きは素敵だけど、この生活をしていくのはとても大変。毎日田を耕して、できるだけ手作りして、力仕事も自分たちでする。けれど、2人がその生活を楽しみながらやっている姿は本当にきらきらしていて羨ましかった。街への強い想いも素敵だった。

大切な人が逝ってしまっても、毎日その人のために料理を作る。お気に入りのスプーンを添える。それがただただ美しくて涙が静かに頬を伝った。

新年一作目
2日の日に東海テレビで
放送してくれた(o^^o)


すっごくよかった、本当に

なんでも丁寧にこつこつとすることの大切さ

ふたりの中の優しい空気感

あんな風に歳をとりたいし老後はあんな風に生きたいと思った
ようやく観れました。
こつこつ時間をかけて。豊かさの基準は人それぞれですが、ここで描かれた日常の積み重ねは唯一無二の結晶でした。同時に哲学ですらある。とても真似できません。有機と無機。美味しいご飯が食べたくなる。
>|