人生フルーツの作品情報・感想・評価

人生フルーツ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月02日

製作国:

上映時間:91分

4.4

あらすじ

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようにな…

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようになる。そして1975年、自ら手掛けたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめた。それは修一さんにとって、ごく自然なライフワークとして継続されることになる。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきた。そして、90歳の修一さんに新たな仕事の依頼がやってくる。

「人生フルーツ」に投稿された感想・評価

panpie

panpieの感想・評価

5.0
今日初めて映画をハシゴしました。
いつもは都合つく時間が無く暇が出来た時に一本だけ観て帰るのですけど続けて観れる時間と観たい映画の時間が合って続けて観る事が出来ました。
続けて観ると前の映画の感想が薄くなっちゃうかなと思ってましたがそんな事ない程どちらも素敵な映画で観終わってすぐレビューする事も初めてかもしれません。


90歳のおじいちゃん、87歳のおばあちゃんがお互いを思いやっていたわり合って本当に素敵でした。

おじいちゃんは建築家で住んでる家も自分で設計して建て二人は野菜も果物もほとんど自給自足で生活しています。
おばあちゃんはその野菜や果物で美味しそうなお料理を作って二人は幸せそうにそれをいただいています。
それ以外の食料品はバスと電車を乗り継いでいつものお店へ買いに行くおばあちゃん。
そのお店に一週間後美味しくいただきましたって絵葉書を描いて送るおじいちゃん。

印象的だったのはおばあちゃんはパン食なのにおじいちゃんには雑穀米を土鍋で炊いて毎朝作っているとこ!
あとおばあちゃんはじゃがいもがあまり好きじゃないのにじゃがいもが大好きなおじいちゃんの為にじゃがいも料理を作るとこ!
朝食に手作り羊羹が出てくるとこ!
お鍋で作ったのかな?でっかい手作りプリンを作ってそれを見たおじいちゃんは嬉しそう。
使い込まれた土鍋や鉄鍋でのお料理本当に美味しそうでした。

二人は世間で言うところの高齢者なのだけど驚く程フットワークが軽やかで働く働く。
じっとしてる事はなく実にアクティブ!
障子自分で定期的に張り替えるんですよ!
おばあちゃんのお料理中おじいちゃんが洗濯物を畳んだり。
もうびっくりして顎ガーンてなりました。
私の方が若いけど仕事が休みの日こんなに1日動いてるかなって。笑
口調もね軽やかなんです。
ご高齢なのに言い淀んだり言葉が出て来ないなんて事は全く無くスラスラハキハキされていて後期高齢者なんて言ったら失礼な程しゃっきりしている!
私こんなにゆるりと映画を観た事が無かったんじゃないかって思う程くつろいだ気分で映画館で観たのは初めて!
とってもあったかくて二人を観ているだけで幸せだった。

戦時中のお話やこの後悲しい事が起こるのだけど二人の人との関わり方が凄く温かくて優しいんです。
こんな気持ちは少し忘れていました。
まず人を大切にする事。
凄いなぁ。
映画を観て心洗われて少し今までの自分を反省しました。

丁寧に生きる。
なんでも自分でやってみる。
そしたら何かが見えてくる。
いきなり全部はハードルが高くて出来なさそうなので少しずつやってみようかなと思いました。

私も帰ったら久しぶりにじゃがいものコロッケ作ろうかな。(*^^*)
のら

のらの感想・評価

3.6
実写版ジブリの世界。お顔もそういう風になるのだろうか。生活の隅々までの美しさ。引っ張ったらベーコン(3日間仕込み)上がってきたときには、近くのおじさんたちもあまりの完璧さに笑ってた。
あの仕事は素晴らしきめぐり合わせ。ときをためて。
こつこつ、かぁーって自分の暮らしにがっかりせざるを得ないが、こんどコロッケ作ってみよう。
職場の方の結婚式参列後に観るのも乙かとギンレイホールへ。
小雨のぱらつく中、場内はほぼ満席。
お歳を召した方が当然多い。

東海テレビ作品は「ヤクザと憲法」以来。

空から捉えられた高蔵寺ニュータウン。
規則正しく無機質な団地では無い体温が感じられる外郭。
それをデザインした修一さんと英子さん夫妻の暮らしを静かに視詰める。

"スローライフ"と簡単に括ることの出来ない信念や理念。
やるべき事に溢れた誰にも邪魔されない"DIY"と言うには仕事に満ちた隙のない生活。

人生でどんな果実を実らせる事が出来るのか?
継続が何かを生むと確信して黙々と作業する事の美しさに心を動かされ、お二人のお顔の美しさに憧憬を感じる。

台湾におもむき、戦犯として銃殺された友人の荒れ果てた墓で手を握りしめる姿に深く感銘したし、彼のやり遂げたかった事の根本に戦争体験もあるのだろうと感じたのだが、そこに深く触れられないのは残念だった。
ただ、撮影中にも掛かってくる取材オファーへのお断りから察するに過去を美談や物語として振り返るメンタリティは修一さんの矜持としてあり得ないのだとも思った。

2017劇場鑑賞103本目
ろたま

ろたまの感想・評価

5.0
知らなくてもいい映画かもしれないし、
知ろうとしなきゃ知れない映画だけど、
知っとかないと今後の人生損しかしないような映画。

心の奥で忘れたくない映画となりました。
小さいことをコツコツ、自分でやる。
ネム

ネムの感想・評価

-
人生はだんだん美しくなる、ほんとうにその通りだと思う。老後を共に過ごす人がいること、四季の移ろいを肌で感じること、花や草木に触れること、身近な様で身近でない、儚くて温かい陽だまりを風呂敷で大切に包んだ様な、その結び目をそっと開けて覗かせてくれた様な映画だった。DVD化してくれーー!
けんし

けんしの感想・評価

4.0
良質なドキュメンタリー映画。
生きていくときのひとつの思想の提示。
Kasumi

Kasumiの感想・評価

4.0
2016 中野ポレポレ座
joujim

joujimの感想・評価

4.0
途中でお亡くなりになるのは想定外だったのではないでしょうか。半自給自足はいいなあ、と思いつつ、実際にやってみると庭が雑草園になってしまいました。しかし、ついつい本気出してしまったシルバニアの家がすごい。
wami

wamiの感想・評価

4.1
ストーリー6
キャスト10
映像5
音楽4
またみるか8
プラス要素8
kei77

kei77の感想・評価

3.8
ゆったりとした素敵な時間が流れていた。豊かな老後の姿に憧れます。

人生こつこつ。
>|