人生フルーツの作品情報・感想・評価

人生フルーツ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月02日

製作国:

上映時間:91分

4.3

あらすじ

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようにな…

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようになる。そして1975年、自ら手掛けたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめた。それは修一さんにとって、ごく自然なライフワークとして継続されることになる。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきた。そして、90歳の修一さんに新たな仕事の依頼がやってくる。

ナレーション

「人生フルーツ」に投稿された感想・評価

まぁ

まぁの感想・評価

5.0
DVDにはならない…と知っていたので、
劇場で鑑賞出来て…本当に良かった…(*^^*)

相手を思いやる心が…「素晴らしい」…という一言で言ってしまうのが…おこがましいです…☆

60年以上、生活を共にしていれば、色々な事があったはず…*
あのご夫婦の「美しい顔」は、1日1日の積み重ねで、築き上げた「宝石」のようでした…☆

自然体でありながら、拘る部分はしっかりあって…♪
見習わなければいけない事…グサッと心に響く言葉が…沢山ありました…☆

衣食住…人間には欠かせないものだけれど…*
やはり一番大切なのは「人」なのかな…と思います…☆

90歳近くなって、夫からあんなに素敵な言葉をかけられたら…妻冥利につきますね…♪

途中から、涙がほろほろ…と頬をつたっていました…*

人間も自然の一部…☆
こつこつ、こつこつ……私も私の出来る範囲で、丁寧に歳を重ねていきたいと…思いました…(*^^*)
いわい

いわいの感想・評価

4.1
人生の豊かさとか、美しさとか、そんな莫大で言葉で説明しづらいことを感じさせてくれた映画でした。
樹木希林さんのナレーションも素敵でした。
takomon

takomonの感想・評価

4.2
丁寧に暮らす。
理想はあるけど実際にはなかなかできないこと。
ゆっくりとした時間を見ていると、
こちらの時間の流れまで変わってくるから不思議。
咲里

咲里の感想・評価

4.2
初めてまともにドキュメンタリー映画を見た。

こつこつ、ゆっくりと。

忘れていたことを思い出させてくれました。ありがとう。
はる

はるの感想・評価

-
心苦しくつけれない
スコア    でも
素晴らしい作品です

壊れかけているなら
壊れてはいないので
間に合います まだ

樹木希林さん
心からご冥福をお祈り申し上げます。
Uttie

Uttieの感想・評価

4.3
公団住宅で育った自分にとって、強烈に惹きつけられるフックをもっている。雑木林、風の通り道、食や社会システムの継承のことなど、何も起こらないような夫婦の日常がら、静かに、力強く伝わってくる。
ゆっけ

ゆっけの感想・評価

4.5
昨年はじめに話題になったドキュメンタリー。
基本的にパッケージ化はされないらしく、見逃していたのですが、
吉祥寺のココマルシアターで上映されていたので、観れました!

津端修一さん90歳、英子さん87歳。
建築家夫婦の暮らしを2年間にもわたり追ったドキュメンタリーです。

ふたりは、40年もの間、名古屋の郊外にある広いキッチンガーデンのある小さな家でゆったりと暮らします。

なんというか、一言、心が洗われました。

「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」

その言葉通り、雑木林に囲まれた大きな庭で、70種類の野菜と、50種類の果物があるだけでなく、
一つ一つに何の野菜、果物かを説明した可愛い黄色い看板があり、
そこに一言ずつコメント(「春ですよ」など)があったりして、生活の会話がいくつも転がっている、そんな素敵な家。

「彼女は生涯で最高のガールフレンド」

修一さんは奥さんのことをそう言います。
そして、英子さんも修一さんの想いを第一に考えてサポートします。

お孫さんのはなこさんのためにドールハウスを作ったり、
英子さんは、彼女たちに、家で育てた野菜やフルーツを使って作った食材を冷凍保存したものをダンボールに詰めて送る。
それぞれが、お金は残せないけど、大切なものを子孫に残していきます。
最終的に、修一さんの想いは他に渡っていく。

何事にもゆっくりと時間をかけて、「コツコツと」丁寧に生きています。
自然に抗うことなく、それといって振り回されることのない、芯を持った生き方。

「スローライフ」といった軽い言葉ではなく、こういう風に美しく歳を重ねていくのって素敵だなと思わせるそんな映画です。

「小鳥の水 どうぞ!」

---------
このドキュメンタリーのナレーションをしている樹木希林さんが亡くなられました。樹木希林さんの自然体の演技は今の邦画界になくてはならない存在ですが、本作でもアドリブぽいとこもあり、本当に本当に素敵なナレーションでした。この声が聞けなくなるのは悲しい。
neco

necoの感想・評価

3.8
プラスチックはダメだからシルバニアファミリーのお家は手作り、信頼できるの人から買うのでコンビニは行かない…
あ〜まさにエシカル消費だなぁ。
丁寧に暮せば行き着くところ。
木を植えて土を耕し、実ったものを余さずいただく。
雨の音、土の匂い、太陽の光、家の中を通り抜ける風。五感を使ったひたむきな暮らし。
気高く、美しくて、思わず涙…
gengeng

gengengの感想・評価

4.5
フルーツ農家やってる老夫婦が、人生はフルーツみたいに豊かだといいね。ってほんわか丁寧な暮らし調にお送りする作品かと勝手に思っていたんで敬遠してたんです。でも周りの評価高いし、なんと言ってもこの制作会社「東海テレビ」は映像作品をDVD化しないポリシーらしくて(それならそうと言ってくれよ!)じゃあちょうど上映するみたいだし観に行くかっつって観たわけなんですけど。マジで、イメージと全然違うじゃん。良い意味でさ!!

いま、せわしない暮らしをしている人たちこそ観るべきだし、そんな時代にだからこそこの映画を観る意味がある。潜在的にマイルドヒッピーな人間は自分含め意外といると思っていて、そういう人のハートに刺さるものがあるのでは。オーガニックとか、丁寧な暮らしとか、ガチな農家やったりとかそんな意識高い訳でもなく、ただDIYしてやりたいことをやれるだけのお金を稼いで納得行く暮らしをするという、純粋に健康的な生き方ができたらそれでいいじゃんっつー話!この映画でそんなことは言ってない!けど、そういう気付きがある。(ただ、こんなにいい感じで畑できるのは建築家でありニュータウン計画の一員であり土地を持てているからだぞ?っつー。そのスタートラインに普通は立てねえ!)

これ、実写版ジブリか?と思うくらいにご飯が美味しそう!!畑で取れた野菜もそうだが、40年モノの調理器具を使って作った料理には独特の魅力が出る。お腹空いた状態で観に行くと唾液を飲み込む音に気をつけなきゃいけなくなるんで注意してください!!

樹木希林の「コツコツ」「ゆっくり」がめっちゃ耳にまとわりつく。
87歳と90歳のおふたり。あと30年、あんなにいい顔で心豊かに過ごせたら・・・。「黄色がいいと思ってね・・」やさしい黄色のプレート、かわいらしいメッセージ。ことば、イラスト、優しさに溢れてる。たくさんの言葉が心に残った。とてもいい時間を過ごせました。いい顔で生きて行きたい。「ひと」を大事にして。希林さんのナレーションも良かった。
>|