人生フルーツの作品情報・感想・評価

人生フルーツ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月02日

製作国:

上映時間:91分

4.4

あらすじ

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようにな…

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようになる。そして1975年、自ら手掛けたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめた。それは修一さんにとって、ごく自然なライフワークとして継続されることになる。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきた。そして、90歳の修一さんに新たな仕事の依頼がやってくる。

「人生フルーツ」に投稿された感想・評価

敗戦をきっかけに戦後復興のために日本住宅公団に入社し、高度経済成長期を通じて数々の都市計画に関わってきた90歳の建築家・津端修一。老いながらも毎日前向きに生きている彼の姿と、87歳の妻・英子との信念ある丁寧な暮らしぶりを追ったドキュメンタリー。東海テレビが製作したドキュメンタリーシリーズ第10弾。ナレーションを務めるのは、「海よりもまだ深く」の樹木希林。監督は「神宮希林 わたしの神様」の伏原健之。

東海テレビ製作のドキュメンタリーはいい作品が多いイメージですが、テレビ放映もされた作品でもあるものの、映画としてスクリーンで観ても凄い迫力に圧倒されます。いや、ここで”凄い”と書くと何か語弊があるように思われるかもしれませんが、基本は確かに一組の老夫婦のナチュラル志向な老後生活を追ったドキュメンタリーではあるのですが、その中で建築家・津端修一の壮絶な生き方というか、ポリシーというか、反骨精神というか、歴史というか、、表面上は穏やかに見える老人の内面を1時間30分という短い上映時間の中で濃密に描き出していくのです。”人に歴史あり”とはよくいう文言ではありますが、その歴史という部分を普段の人という鏡像の中に見いだしていく姿勢が”凄い”という(申し訳ない)陳腐な表現につながっているのです。予告編を観るだけだとほのぼのドキュメンタリーとタカをくくっていたのが、観た後は申し訳ない気持ちになってくるくらいです。

でも、その中でも中心になってくるのが、津端夫婦の何も贅沢をしない、求めない、全て自然の中から享受していくというナチュラルな姿勢です。よくナチュラリストという表現だと、自給自足をしているとか、世間離れしている奇妙な人とかという印象も付きかねないときもあるのですが、津端さんは決して自然そのものに全てを委ねているわけでもないのです。大概のものは自ら作っていくものの、名古屋の街中に出ていき、良い物はちゃんとお金を使って買い求めるし、ご近所に迷惑をかけないように最低限のマナーをもって生活もしてらっしゃる。しかし、その中で素敵だなと感じるのは、決して無理をしない贅沢をしているのです。とくに、良い物は自然のものはもちろんのこと、料理にしても時間をかけて作るし、よく知っている人に食材を揃えてもらったり、気持ちのよい空間作りも熱心にしている。都市という人間社会のつながりを保ちながら、良いものを自然の中から自分たちの生活に常に循環させながら自らの生きるエネルギーに還元させていく。こうしたシンプルかつ贅沢な生き方に、僕だけでなく、多くの現代人もきっと憧れを抱くことだろうと思います。

僕は本作を京都の映画館で観ましたが、僕の観た回でも立ち見ありの満席というヒットぶり。昨年、都内でも公開されてからずーっと満席御礼を繰り返していて、各地方でも(差はあるでしょうが)相当な数のお客さんが入っていて、アンコール上映を2回、3回と繰り返す劇場でも出ているほどです。昨年の「この世界の片隅に」ほどのニュースにはなっていないですが、口コミでもこれだけ長いヒットを続けている作品も珍しいですし、こうしたヒット作で僕自身が高評価した作品も珍しいと思います(笑)。なかなか上映館が少ないですが、機会があれば是非観てくださいといえるほどの傑作だと思います。
natsworks

natsworksの感想・評価

4.2
語ろうと思えばキリないけど、一言で言うと「美しい人生」です。
nancy

nancyの感想・評価

3.4
地球と共に、寄り添って生きること。誰かと共に、寄り添って生きること。ごくありふれたことのように思えて、とても尊く美しい。
フルーツも、人間も、同じ。この世に生を受け、使命を全うし、この世を去ってゆく。
kny

knyの感想・評価

4.0
自分のおばあちゃんの話を聞いていたから、昔の人は皆きっとこんな生き方だったんだと思う。
豊かな時代に生まれて、豊かに情報も物も溢れていても、充たされないのは空っぽな生き方だからなんだろう。
流されず、コツコツ目の前の幸せを噛み締めれるお二人に尊敬します。
お二人が長生きしたのは、本当の意味で豊かな生活だったから?

情報や技術が溢れて、豊かになってプラスなったことはあるのだろうか。
例えば、観た人全員が同じような生活をしたら…

お二人の生活を世の中全員が歩めば、まず戦争は起きないだろうな。
仲良しなおじいちゃんとおばあちゃんになりたい。
そんな一家族、というか、パートナーかな。
いい生活を覗き見させていただきました。
映画だけど映画じゃないから点数はなしで。
コツコツ頑張りましょう
自然の理にかなう
小学生の時からある可愛いおばあちゃんになる夢かなえたい
砂糖

砂糖の感想・評価

4.0
穏やかで変化の少ない日々。
でも積み重ねていく毎日。
食べて、働き、寝る。

当たり前すぎて忘れていたけど、大切な事なんだと思い出させてくれました。

ちゃんと生きよう!
ひでG

ひでGの感想・評価

4.4
600本目。
100本ちょうどの作品は格段の思い入れがある作品にしてきた。
そして、今回初の年度内封切り映画。

「人生フルーツ」
このタイトルを聞いただけで涙が出る。
こんな経験は「この世界の片隅に」以来のこと。

フィルマークスのフォロワーさんを含め、多くの方の、
「観た方がいい!」
「絶対に観るべき!」って、
声を頂き、遅ればせながら、
満員の東中野ポレポレの最終日にに初見参。

教えて頂き、本当にありがとうございました。
おかげで一生忘れ得ぬ出会いをさせて頂きました。


よく「映画から生き方を、人生を学んだ」なんてフレーズを使うことがあるけど、

【これはホンモノ!これは真実!】

ドキュメンタリーという表現方法の
最高のかたち。

最初は全く知らないおじいさんとおばあさんだったのに、観終わった時【そして、今も】お二人のことを【勝手にですが^^;】
自分の身内、本当のご親戚に思えて、心が震えました。

私たちは、映画の中の人物に魂を感じ、例え大昔の人でも、遥か離れた国の人でも、時には空想上の人物にさえ、自分の心の中に命を与えることかできます。

しかし、この映画は、そういう意味でまさに、お二人の命が、お二人の生活が、お二人の生き方が、そのまま直に私たちに与えてくれるのです。

「何を与えてくれるか?」って?

一言では言えないよ。

【とびきり素敵なものだよ!】


それを、あえて言葉にすると、

【日々の出来事を大切に】とか
【自然と共存】
【誇りを持った生き方】
なんて陳腐で、軽い言葉になってしまう。

劇中で、先生の元同僚が、
「スローライフ」って例えていたけど、
それも違う気がする。

【一線を離れた、のんびりした自給生活】

まあ、確かにそうなんだけど、、、

もっと大切なものが、もっと忘れてしまったことが、あるんだど思う。

だから、日々の生活を追うだけのドキュメンタリーに、こんなに多くの人が揺さぶられるんだ。

あえて、僕なりの言葉にすると、

【豊かさ】だと思うんだ。

食べることの豊かさ、
二人で共に生きることの豊かさ、
社会や人につながる豊かさ
自然の中で生かされる豊かさ、

ダメだ。こう書いてきて、また涙が出てくる、、、


職場の映画好きな素敵な先輩に、
「人生フルーツ」を一人で観てきました!」て報告したら、
「ダメよ、奥さんと観なくちゃ!」て、軽く叱られました^^;

先輩!分かりました!DVDが出たら必ず奥さんと観ます!

P.S.
東中野ポレポレって、いい劇場ですね。
急な階段降りていって、小さな入口があって、、でも、映画を愛する気持ちがぎっしり詰まってて。
キツネ

キツネの感想・評価

4.7
観て本当に良かった作品です。一つ一つの言葉が胸に刺さり感動しました。ドキュメンタリーだからこそ良かったです。これだから映画は面白い。
>|