人生フルーツの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

人生フルーツ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月02日

製作国:

上映時間:91分

4.4

あらすじ

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようにな…

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようになる。そして1975年、自ら手掛けたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめた。それは修一さんにとって、ごく自然なライフワークとして継続されることになる。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきた。そして、90歳の修一さんに新たな仕事の依頼がやってくる。

「人生フルーツ」に投稿された感想・評価

ShotaDaido

ShotaDaidoの感想・評価

5.0
アップリンク渋谷にて。
この映画を良いと言ってくれる人と結婚したいです。
Hiloca

Hilocaの感想・評価

4.7
小さな映画館で1日1回の上映だったこともあり、なんと満員、立見で観ました。映画を立見で見たのは生まれて初めて。それでも、観て良かったと思える映画でした。淡々とした日常を記録したドキュメンタリーなのですが、その、繰り返す日常が本当に愛しくかけがえのないもので涙があふれました。一緒に歳を重ねていきたい人と観てシェアしたいと心から思える映画。多分、これを上回るドキュメンタリー映画は、今後私の前には現れないんじゃないかな。
つぐ

つぐの感想・評価

4.0
じわじわくる良さ。こんな余生を過ごしたい。
setsuO

setsuOの感想・評価

4.1
観ながら、憧れすら感じる2人のスローライフ生活。
年齢を感じさせない2人の活力に、最初は驚かされたが、いつしかそれに慣れ、
2人とも元気でいることが当たり前に感じてしまっていた。
故に後半の展開には涙が止まらなかった。

日本に四季があり、この映画では四季の魅力を雑木林や花の色彩、実る作物で丁寧に表現されている。
ゆっくりと季節を感じながら、
自分たちで出来ることをひとつずつコツコツとやっている。
スローライフという言葉だけでは説明がつかないことを教えてくれた。


修一さんとヒデコさんの2人以外に出てくる登場人物たちが2人のことを話すシーンがあるが、カメラには映されてない部分が多く語られていて、胸が熱くなった。

大切な人と観たいと思える映画(ドキュメンタリー)です。
林檎

林檎の感想・評価

4.2
おふたりの仲睦まじさがたまらなく、最後には涙がでた。生きていくなかで度々みようと思う映画。
高齢夫婦のスローライフを追ってるだけっちゃ追ってるだけなんだが、その中に詰まった人間性にやられる。
スローライフながらその中に感じる生涯現役感。手作りの看板やイラスト、家、生き方にすら自然とデザイン性が帯びる。90歳にして感覚や生き方の古さを感じさせないどころか何か新しいものを見せられているように思えた。
こういう老後を夢見るのは容易いがおそらく実行はできない。まずはガールズバーに行くのを3ヶ月やめてみる。
評価とかそういう作品ではないな…
すず

すずの感想・評価

4.2
心に染みる温かさ
なんでもないとこでも涙がこぼれた
ぐっち

ぐっちの感想・評価

4.5
無添加のドキュメンタリー映画。
「老いは人生を豊かにする」ということを2人は体現しているなぁと思った。
paman28

paman28の感想・評価

4.2
ライフ イズ フルーツ