人生フルーツの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

人生フルーツ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月02日

製作国:

上映時間:91分

4.3

あらすじ

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようにな…

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようになる。そして1975年、自ら手掛けたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめた。それは修一さんにとって、ごく自然なライフワークとして継続されることになる。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきた。そして、90歳の修一さんに新たな仕事の依頼がやってくる。

ナレーション

「人生フルーツ」に投稿された感想・評価

SayakaJoe

SayakaJoeの感想・評価

5.0
心にじんと沁みました
お

おの感想・評価

4.0
小さいものから、こつこつと。
ときをためて、ゆっくりと。
自分も身近にあるものを大切にして丁寧に生きようと思った。
hiro

hiroの感想・評価

5.0
素敵夫婦だなー。
お金より人を大事にすること。胸に響きました。
すごく考えさせられて素敵なドキュメンタリーでした。またみたい!
ポレポレ東中野

お互いのことを「さん」付けで呼びあう空気感
どこか付き合いたてのボーイフレンドとガールフレンドの様
恋人から夫婦へ 夫婦から恋人へ
酸っぱい?苦い?甘い?2人はたくさんの果実を味わってきたんだろうな
嬉しいことも悲しいことも楽しいことも辛いことも
刻まれた皺。豊かな皺。
英子さんはこれからも今まで通り、修一さんと生きていくのだろう。
ほ

ほの感想・評価

5.0

泣いた
素晴らしい平屋の一軒家
英子さんの在り方
パンフレット購入
ui

uiの感想・評価

4.9
とてもいいドキュメンタリー映画。

このレビューはネタバレを含みます

繰り返される未来につなぐというメッセージ。こんなふうに、仕事でも普段の生活でも出来るようになりたい、そうあろうとすることが大切なのかもしれない…。
できることをコツコツやるだけ、そうすれば何かが見えてくる…。
今働いてない自分には刺さりすぎた!

ご高齢の人の生活って見たことも考えたこともなかったから興味深く見れた。
普段の生活に関してが、やっぱり興味ある。何十年も続いて行くっていう視点も大事かもしれない。自分の老後が心配。
大勢

大勢の感想・評価

4.9
母とご飯を食べながら良い生活とはなにか、良い死に方とはなにかという話をしているときに2人してこの映画を思い出した。
穏やかで優しい生き方として100%の理想です
すね

すねの感想・評価

4.5
実写版ジブリかよ!
こんなに美しく生きられるかな?

こうなりたい、こう生きたいと思う人たくさんいると思う。

あ、これ、人生観変わっちゃう系の映画だ。
心が豊かだと顔に出るよね。
心が豊かだと人にも優しくなれる。
そうすると周りも良くなっていくわけだ。

心の底から素敵と思う映画。

90歳の修一さんと87歳の英子さん夫婦の美しく丁寧な暮らし、日常を見つめたドキュメンタリー映画。

日々、やるべき事に追われて生き急いでないか?疲れた顔をしてないか?笑顔になれてる?ちょっとお疲れ気味な人にオススメな幸せになれる映画。

理想的な暮らしとは?
丁寧な暮らしとは?

すべてがもう、キラキラだった。

季節ごとに野菜や果物を収穫して料理したり、お菓子を作ったり、食べることの大切さを教えてくれる。毎日、出来ることをコツコツとやる。同じような毎日を楽しく過ごすのは自分次第。

幸せはいくつも散りばめられている。

「生きること」を教えてくれる。

明日はもっと
人に優しくなれるはず。