人生フルーツの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

人生フルーツ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月02日

製作国:

上映時間:91分

4.4

あらすじ

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようにな…

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようになる。そして1975年、自ら手掛けたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめた。それは修一さんにとって、ごく自然なライフワークとして継続されることになる。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきた。そして、90歳の修一さんに新たな仕事の依頼がやってくる。

「人生フルーツ」に投稿された感想・評価

KIKUCHI

KIKUCHIの感想・評価

4.0
ちいさなことから、コツコツと。
まずは自分で、なんでも自分で、
最初はうまくいかなくても段々形になっていく。
時をためて、ゆっくりと。
MH

MHの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ドキュメンタリーだから、当たり前だけど演技じゃない。それでもカメラの前であんなにナチュラルなのはご高齢だからなのかな。長年連れ添った旦那さんが亡くなった時の奥さん、映画ではよくあるシーンなんだけど、今までみたどんな似たようなシーンよりも心を動かされた。リアルこそ至上な訳ではないけど、あのリアルはとてつもなく凄かった。喪服姿の日に家にカメラ入るのとかどうなんだろうって思ったけど、ドキュメンタリーてそんなものなかのかな。小さいことをコツコツと、って。そうしたら毎日少しずつ蓄積されて、いざという時余裕が出るのかもと感じた。
ミル

ミルの感想・評価

3.5
しゅういちさんとひでこさん

お二人のそもそもの良さに
ついつい映画・映像としての評価が引っ張られそうになります
分けて考えたいのですが

彼らの生活は、ただの菜園生活でないと思います
もっと、しゅういちさんの生きざまや思想をもう少し観れたのでは、観たかったなと思います

ひでこさんも同じく
nnn

nnnの感想・評価

4.5
人生フルーツ。みんなみたらどんな感想か気になる

松浦弥太郎が、本を読むことは「人の話に耳を澄ますこと」と同じと言っていたのが好きだったんだけど、この生活ドキュメンタリーや、昨日のホドロフスキーの自伝映画は、人生の話に耳を澄ますということをメインに体感した。

教えは例えその人が亡くなっても在り続けるんだなぁ、とか、時代は移りゆく、本質は普遍みたいななんか優しいことをたくさん考えて、ああ、観てよかったなぁ〜と思えた

個人的には老いへの肯定がキーワードとなる良い週末だった。
おでん

おでんの感想・評価

4.5
今度は大切な人と観たい。
憧れの暮し、憧れの夫婦の在り方がそこにはあった。
本当に素敵で優しい気持ちなり、ポロリと涙が出た。
花粉症にはキツイ生活だけど。夫婦関係、こうなるはずだったのになと、涙が出て来た。
映画の日。
思い立って初めてのギンレイホール。
ドキュメンタリー映画もほとんどはじめての鑑賞。苦手意識があったけれど、勧められたので観てみれば、なんとがっつり引き込まれた。
生活の豊かさとは何か。心に刻みました。
わたしに、あんな素敵な夫婦になれる可能性があるとは思えないけど、どう生きていきたいのか、改めて考えてみようと思う。
HAL9000

HAL9000の感想・評価

3.8
僕はドキュメンタリー物は、ストリーリーありきじゃ無いから何を見ていいのかわからなくて苦手なのだけれど、この作品は良かった。

ドキュメンタリーではあるのだけれど、時系列や情報の出し方がしっかりと演出されていて映画として楽しめた。
水瓶のエピソードとかとても良かった。

プラスチック嫌いとかちょっとめんどくさそうなお爺ちゃんだなあと思いつつも、あんな実力と生き方が出来たらなと憧れも感じた。

雑木林のある庭って僕の子供の頃からの憧れだし。

ところで、お孫さんは出てきたけど、お子さんが全然出て来なかったね。
仲悪いのかな。
樹木希林の語りで物語は始まる。この夫婦の本を以前読み、とても素敵な2人だなと感じていたので、ドキュメンタリーとして見られたのは感慨ひとしお。家の周囲は想像通り、フルーツに囲まれ素敵な空間だった。
長い年月を一緒に過ごしてきた津端夫妻のあ・うんの呼吸も素敵だった。