人生フルーツの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

人生フルーツ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月02日

製作国:

上映時間:91分

4.3

あらすじ

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようにな…

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきた。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、時代はそれを許さなかった。GDP世界第2位(68年)などに象徴される高度経済成長期。結局、完成したニュータウンは理想とは程遠い無機質な大規模団地だった。修一さんは、それまでの仕事から次第に距離を置くようになる。そして1975年、自ら手掛けたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめた。それは修一さんにとって、ごく自然なライフワークとして継続されることになる。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきた。そして、90歳の修一さんに新たな仕事の依頼がやってくる。

ナレーション

「人生フルーツ」に投稿された感想・評価

Pigspearls

Pigspearlsの感想・評価

4.8
これはもう言葉にならない。
暮らしの宝石箱。まさに二人でこつこつ作ってきた暮らしのすべてが優しくキラキラ光ってる。

ささいな夫婦喧嘩の後にみてしまい、沁みすぎた。わたしもオットより長生きしようと決意。

ポレポレ東中野の一周年記念上映に感謝!!
かほぺいちゃんに
映画つれていってもらって
幸せな気持ちになりました
あふれる涙というより
すぅーとこぽれる涙
こんな気持ちは上手く伝えられないや
お二人の素敵な時間が
わたしをすてきな気持ちにしてくれたんだなって
yuki

yukiの感想・評価

4.3
ひたひた染み渡る映画。泣きました。こつこつ、ときをためて、ゆっくり。
udonco

udoncoの感想・評価

3.4
理想の死に方。
kamijyo

kamijyoの感想・評価

5.0
修一さん(90歳)と英子さん(87歳)の
穏やかだけど、ハリがある日常
理想的な暮らし
理想的な夫婦のカタチが
そこにはあって
ずっと観ていたくなる
とても満たされ、幸せな気持ちになりながら
なんでこんなにも心が揺さぶられるのか
自然と涙が出てくる
そのワケを、今考えているところ
とにかく、もう、ほんとに良くて
(語彙力なし)
何度でも観たい
noriko3104

noriko3104の感想・評価

4.4
観て良かったです😊
hull

hullの感想・評価

4.2
ポレポレ東中野にて。心温まるフィルム。何度でも観たい。
高度成長期に里山の中に住宅地を作るという夢がかなわなかった元日本住宅公団の建築家つばた修一さん。年をとってから、愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅の小さいけどかわいらしい家で色々な植物を育ててながらプチ里山を作るという暮らし(実験)を妻の英子さんと実践していた。

年をとってもこういう関係が続くといいなぁ、と思えるとても仲の良いご夫婦。修一さんは、しっかりした考え方を持っているし、英子さんは修一さんの良き理解者でいつも寄り添っている。しかも、自分でも色々なものを作ってしまう。素敵です。
でも、突然訪れる別れ...思わず涙出そうになりました。

沢山の果実を収穫するのは楽しいと思いますが、作物を育てるって大変なことです。90歳ちかくになられても、続けているのは凄い!
高いところで木の枝を切ったりする、ちょっと心配になるシーンもありましたが...
そういうところは若者にお願いして欲しいと思ってしまいました(笑)

映像はお二人の日常を淡々と綴っているドキュメンタリーで、大きな事件が起きるわけではありませんが、お二人の気持ちがちりばめられた作品だと感じました。
詩の朗読のような樹木希林さんのナレーションもとても味わい深く、この映画にピッタリ。修一さんのイラストも可愛いらしくて良かったです。

モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの「家は暮らしの宝石箱でなくてはいけない」という言葉、はじめて聞きましたが、素敵な表現ですね。お二人と同じことは出来ないけど、パートナーとの暮らしを大切にしていきたいと考える機会をくれる映画だったと思いました。
haly

halyの感想・評価

4.7

この映画が、長く、広く
とても多くの人に愛されているのかと思うと

日本にはまだ救いがあるのかもしれないと思える。

混乱させ、不安にさせ、絶望させるようなたくさんの情報に晒されたとしても


大切な人と、美味しいものを食べ、笑って、静かに豊かな時間を重ねる。

日々を慈しみ合って生きることの素晴らしさを、私はきっと諦めたくないのだと思う。