人生フルーツの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

人生フルーツ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月02日

製作国:

上映時間:91分

4.3

あらすじ

ナレーション

「人生フルーツ」に投稿された感想・評価

Olga

Olgaの感想・評価

-
自らが設計したニュータウンのなかに土地を購入し、家を建てた修一さん。実験してみたかったのだろうなあ。最期まで現役。すごい。英子さんは声が若々しい。
as

asの感想・評価

4.0
コツコツと これがなかなかできないんです ステキな夫婦の映画です
SunnyBunny

SunnyBunnyの感想・評価

4.8
わたしはどう生きてゆきたいのか
わたしにとって働くというはなんなのか
考えていたところで出逢った映画。

充足、自分の充たされることを知る、
日々の小さな幸せに満たされて
生きることに気がつくのは以外と難しいと思います。でもこの映画の津端夫婦の暮らしは本当に幸せそうで見ていて楽しかった。また突然亡くなった夫の頬や頭を撫でながら待っていてね、と声をかける奥さんの姿が美しかった。  

プランターで育てたローズマリーを
乾燥させて、スープに入れた時の
香りを嗅いだときに得た何ともいいがたい充足感を思い出しました。
栞

栞の感想・評価

3.4
植える、育てる、収穫する、ご老人2人ではとても食べきることのできない量の野菜 果物たちを調理し、冷凍する。
ご夫婦ともとても勤勉な方で手入れの難しい畑や森をなんとか綺麗に保っていたけど、この先 少しずつ、しかし確実にこの均衡は崩れていく。残された者が維持できるとは思わない。
スローライフとても素敵だ、羨ましいとは思えない、簡単に憧れられないと思ってしまった私はひねくれているのだろうか。
えび

えびの感想・評価

-
今年1番泣きました。
ユジク阿佐ヶ谷でアンコール上映をしていて、今週のみ10:00〜の回だったのでかなり厳しいなと思ったけど仕事休んで行って本当に良かった。本当に本当に良かった。
ギリギリ着だったから整理番号見てないんだけど、平日朝から20席くらいは埋まってた。ユジクで平日朝から上映ではかなり入ってる方なんだよ。最前ど真ん中でよかった…

本当に本当に素晴らしかった。
修一さんと英子さんの生活の営み。もっとずっと感じていたかった。
わたしたちは改めて自然の力によって生かされているんだなって。
もうなにも言えない。
あっここまで書いて気づいたけど、修一さんは阿佐ヶ谷住宅の設計やってたからユジクは凱旋みたいなもの?!かな?!

上映後にロビーは人が溢れかえっていて、次の回がカメ止めだったのね。
カメ止めもすごく良かったけど、人生フルーツ、本当に良かったよ。ってみんなに言いたかった。
僕の持ってる本の一冊に、お二人の記念写真がのっている。修一さんが英子さんの腰に手をまわしているのだが、ギリギリ身体には触れてない。本当に気恥ずかしそうで、大好きな写真だ。
歳をとるということと、誰かと一緒にいるということが魅力的に描かれている。
「あの人はね、歳をとってからいい顔になりましたよ。たまに顔を見て、いい顔をしているなあと思うことがあります」という言葉が良かった。
何かをしてあげるのと同時に、何もしないということも大事だよなあ。
moririn

moririnの感想・評価

4.8
人は必ず老いてゆく

勉学に励み仕事に励み
頭も心も豊かに生きて
人生を面白がる

生きると言う事は
同時に死んでいくと言う事だ
きだ

きだの感想・評価

3.5
初めて映画館で見たドキュメンタリー映画だった。

終始穏やかに語られる老夫婦の生活は発見と工夫に満ちていて新鮮さを感じる。

開発に失敗したニュータウンに居を構えて、理想の自宅環境を作り上げたのはすごいと素直に思う。
思うんだけどお年寄り二人しか住んでいないのが心配になったし、その後の展開を見るとなおさら。

ドキュメンタリーでこれだけ構成や展開、撮り方が練られてる作品ってのはなかなかないんじゃないかな。にわかだけど。

今年癌で亡くなった樹木希林がナレーターだったのも今思えば感慨深いなあ。
naoko

naokoの感想・評価

4.4
こつこつ
ゆっくり🙏