たいてぃー

太陽の塔のたいてぃーのレビュー・感想・評価

太陽の塔(2018年製作の映画)
3.3
監督の関根光才、広告映像やミュージックビデオでは有名で、今作と「生きてるだけで、愛。」が、長編映画、初監督作。確かに、映像美を感じる印象強いショットが出てくる。冒頭の荒野に太陽の塔、そして大都会に太陽の塔。中盤での「明日の神話」の前で激しく踊る女性と絵画も観ず、ひたすら歩き続ける人々、等々。
だけど、本作はインタビューが中心で、岡本太郎の哲学や美術等について専門家が語る内容は、興味深いのもあるが、難しい語句の羅列もあって睡魔が襲ったが。それぞれの専門家が似たような考えを述べるのも、この監督に煽動されてるようで、気に食わない。
でも、前述した映像感覚は、センスのよさを感じるし、一見の価値は十分あり。