太陽の下で 真実の北朝鮮の作品情報・感想・評価・動画配信

「太陽の下で 真実の北朝鮮」に投稿された感想・評価

Arika

Arikaの感想・評価

3.5
北朝鮮のある1人の少女と、その家族の
"ドキュメンタリーを撮影する"
目的で、"元々ソ連生まれ"の監督が
北朝鮮に入って目にしたものは
ドキュメンタリーとは
全くかけ離れた物だった

入国と同時にパスポートは取り上げられて
「ホテルの部屋以外出ては行けない」と言われて
撮影したビデオテープは全て確認される
"ドキュメンタリー"なんかではなく
完璧に用意されていた
台本があり、シナリオは出来上がっていた

そんな酷い監視体制の中
何とか絶妙に"隠し撮り"された
部分をつなぎ合わせた作品

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

同じ地球上の人間がおくる人生とは
思えない😭
自分が、もし北朝鮮に
生まれていたらと思うと
背筋も凍るくらい恐ろしい…
(ある意味今年1番のホラー)

生まれた時から
そうだから、大丈夫なのかな?
とも思ったけど
劇中で流す少女の涙は
どんな気持ちだったのかな…

とか色んな事考えてしまう

今まで、そんなに多くはないけど
色んな国へ行って
何度も空を見上げた

ほんとに"幸せだなぁ"と実感して
見上げた空も沢山あった。
同じ空なのに
あんなにも緊張感がある…

早く"自由"になれば良いなと思う
切実にそう感じた
心からリラックス出来る
そんな毎日が訪れる日が
1日でも早く来ますように。
TAKA

TAKAの感想・評価

3.3
主人公の子どもがなんだかかわいそうで。
北朝鮮の人たちは日々何を思っているのだろう。楽しいのかな?本当の楽しさ知らないからこれが普通なのかな。不思議な国だわ。
リアル1984やった
出てくる人全員なにを考えてるのか、なにを感じてるのかが全く分からん、、

やっぱりラストシーンが印象的、なんとも言えん気持ちになった
相似

相似の感想・評価

-
個人の主義主張の剥奪を「過ちへの気付き」と言い換えているのが恐ろしいな・・・

ドキュメンタリーは最後に強烈な秒があることを知って視聴すると、それまでの映像が過程にしか見えなくなるから注意が必要
Saaaaa

Saaaaaの感想・評価

3.5
子どもが子どもらしくない。
それに、人々の髪型や服に個性がない。
そして、ゴリゴリに偏見を教えられる。
他の国に敵対意識や偏見を強くねじ込んで教えることで、この国が成り立ってる感覚を覚えた。

ここまでして、自分たちの国を良く見せたいのかな?


そして、カットが終わった後にご飯を徹底されてたり、あからさまに普段とは違うんだろうなというシーンを多く見受けられ、私は本来のそういう姿を待っていた。


最後のシーンにゾッとした。
GAKKY

GAKKYの感想・評価

3.0
二晩連続共産主義映画。淡々とした映画だった
yuki

yukiの感想・評価

3.5
ずっと気になってたやつ。考えさせられる...
りっと

りっとの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

『「ドキュメンタリー映画」という名の元での北朝鮮プロパガンダ映画製作』ドキュメンタリー映画。
実際完成作品を知った北朝鮮の怒りを買ったらしいが、ある意味隠し撮りムービーで、確かによくこんな風に作り上げたなぁという作品。
監督がソ連の生まれということもあり、このような体制がどう作られ、人々がどのようにそこに組み込まれていくのか、という興味の元に作成されていることが感じられた。既に北朝鮮が映画製作などの際にはこうした捏造をするということ自体はわかっていたため「やっぱりこうやってるんだなぁ」という感じだったが、少年団やそれに関わる儀式などについては存在自体初めて知るものもあって興味深かった。
最後、ジンミちゃんが上手くできなかったのか詰まって泣いてしまう場面。あれはヤラセではなく隠し撮りである程度彼女自身が言葉を発せられるシーンだったはずなのに、「好きな詩は?」と聞かれ金一族を讃える詩をスラスラと暗唱した。あれこそが、「ああ、こうやって北朝鮮の子供たちは大勢に組み込まれていくのだな」と感じられるシーンで、ズンと重たくのしかかった。
北朝鮮という国とその体制について考える映画だった。でも次は、もっと北朝鮮の人々についての映画も見てみたい。
そしてジンミちゃんは、今は子供の英雄として讃えられているそうだけれど、彼女の重圧はすごいものだっただろうし、今もなおそうなのかもしれない。彼女が幸せに生きることを願わずにいられない…。

https://www.google.co.jp/amp/s/www.cinematoday.jp/news/N0088122.amp.html

https://news.yahoo.co.jp/byline/kihirateruyuki/20170116-00066635/

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishimarujiro/20161231-00066094/

http://www.webdice.jp/dice/detail/5343/
>|