おかもと

ニーゼと光のアトリエのおかもとのレビュー・感想・評価

ニーゼと光のアトリエ(2015年製作の映画)
4.0
1940年代のブラジル。
精神病患者に対して、電気ショックやロボトミー手術など、非人道的な処置が当たり前のように行われていた時代。
病院内にアトリエを作り、絵画や陶芸を通して、患者に尊厳を取り戻させるという革新的な治療を行った女医ニーゼの実話。

男社会の中に一人で切り込んでいくだけでも大変なのに、あの時代にドッグセラピーを取り入れたり、斬新な治療法を提唱するなんて、ほんとすごい...

陰鬱としてて悲しいシーンも多いけど、時々はっとさせられるくらい美しいシーンもあるし、こんな人物が存在したというのを知ることができて良かったです。