KKMX

オリエント急行殺人事件のKKMXのレビュー・感想・評価

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)
3.5
これまでミステリーに1ミリも興味を持たず生きて来たため、原作未読どころか有名な作品であることすら今回初めて知りました。ポワロ、クリスティと名前しか聞いたことのないレベル。
そのため、教養を身につけようと思い本作品を鑑賞しようと決意しました。もしかするとミステリーも食わず嫌いで観た後に好きになっているのかも、なんて期待を込めて。

ですが…仕事中になんとネタバレを経験!内容まったく知らないクセに犯人だけを知るという悲惨なアクシデントに見舞われての鑑賞となりました。

感想は…結構面白かったです。ただ、内容知らないのにネタバレしていたのは割とキツくて、ハラハラ感はまったく感じれず、ミステリーにおけるネタバレの重要性を実感しました。せめて原作を読んだり、他の映像作品に触れていたりすれば比較の楽しみもありましょうが、単に犯人だけ知るというネタバレはちょっとね…

印象に残ったのは、事件を解決した後のポワロの変化です。善と悪しかないと公言していたポワロですが、事件に関わった人たちの計り知れない思いを想像し、少しだけ変化する。そこに人間の素晴らしさが描かれていると感じました。
また、映像も美しく、導入のエルサレムの風景や食堂車などは目を見張ります。
俳優陣では、ハバード夫人を演じたミシェル・ハイファーが素晴らしかった。単に美しいだけではなく、画面を支配する力を感じました。なんか色っぽいですし。ジョニデはフレディ・マーキュリーに似ているという新たな発見が。

で、映画はそれなりに楽しめたのですが、ミステリーは自分にやっぱり合わなかったな、と再確認しました。犯人を知っていたので逆算的に事件を見ていたのですが、ポワロがどうやって解決に至ったのかまるでわからなかった。自分のミステリー音痴ぶりを突きつけられ、若干ションボリした次第であります。

しかし、ミステリーのネタバレは絶対ダメですね!雑談とかでペロっと言わないでほしいです。いくら名作だからって知らない人もたくさんいますから。自分も同じミスを犯さないよう、肝に銘じたいと思います。