オリエント急行殺人事件の作品情報・感想・評価

オリエント急行殺人事件2017年製作の映画)

Murder on the Orient Express

上映日:2017年12月08日

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

3.5

あらすじ

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロ…

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロに身辺の警護を頼む。しかし、ポアロはラチェットの要請をあっさりと断るのだった。 深夜、オリエント急行は雪崩のために脱線事故を起こし、山腹の高架橋で立ち往生してしまう。そしてその車内で殺人事件が起こっていた。ラチェットが12か所も刺され、死体で発見されたのだ。乗り合わせていた医師のアーバスノットは、死亡時刻を深夜の0時から2時の間だと断定する。 鉄道会社のブークから捜査を頼まれたポアロは、乗客たち一人一人に話を聞き始める。ラチェットの隣室のハバート夫人が「自分の部屋に男が忍び込んだ」と訴えるなど、乗客たちの証言によって、さまざまな事実が明らかになってきた。しかし乗客全員にアリバイがあり、ポアロの腕をもってしても犯人像は浮上しない。 ラチェットの部屋で発見された手紙の燃えカスから明らかになったのは、彼がかつてアームストロング誘拐事件に関わっていた事実だった。少女を誘拐し、殺害したラチェットが、復讐のために殺されたのか?殺人犯は乗客の中にいるのか、それとも・・・・・?

「オリエント急行殺人事件」に投稿された感想・評価

汽車の中の密室で起きた殺人事件を名探偵が名推理で解決するのでアクションとかは全くなく現場検証と乗客への聴き込みばかりで画的に変わり映えせず眠くなってしまった。
犯人は予想外だったけど、探偵のポアロが言う前に演出とかで分かっちゃうから、やっぱりポアロが「犯人は◯◯だ!」って言って初めて分かるっていう方が良かったような気がする。
Rika

Rikaの感想・評価

2.9
元々話を知ってるので良いけど、謎解きとかがぎゅっとされすぎてる印象。
うどん

うどんの感想・評価

4.0
「親愛なるアームストロング大佐」

原作や過去作品を知っていても、知らなくても一度見て欲しい。
映像と、女優陣の美しさが素晴らしい。

優しく切なく、美しい作品!
最後のポアロの手紙で泣きました...
くま吉

くま吉の感想・評価

3.0
探偵モノはおもしろい!
探偵モノと刑事モノはついつい観てしまう…ただ、映画館に行ってまで……って思ってしまう自分もいる…

内容は知らなかったから、『どーゆーこっちゃ?いったい誰が…!』って気分。満足しました。

あの最後…杉下右京だったらあんなに甘くないだろうね!
赤さん

赤さんの感想・評価

2.9
内容は知らなかったのでこれを機に鑑賞。
ラストの去りゆく汽車を見送るポワロの日常へ戻って行く感じにグッと来ました。
あのシーンは見るたびに感想が変わりそう

各登場人物と事件との関わりをもう少し掘り下げて欲しかったかな、人多過ぎて理解するのに時間がかかった
けーご

けーごの感想・評価

3.7
エルサレムでの事件を解決し、フランス行きの列車に乗ることとなった、名探偵エルキュール・ポアロ。その列車の中で起こる殺人事件にポアロは立ち向かい、その中で一人の人間に人生を狂わされた悲しい人々と対面することになる。--


名作を名優たちでリメイクした豪華すぎる作品。ジョニー・デップのポアロもいいかなと思った(笑) やるなら、もう少し歳を重ねてからかな。でも悪役が似合ってるよね。
靴が汚れた時に悪いのは「バランスの悪さ」と言ってもう片足を汚すユーモアというか考え方はさすがポアロ(笑)
その後の事件解決もメアリーへの考察も観察眼でピタリと当てる、そんな鋭さと青い目、印象的な口髭に一気に魅せられた、そんな冒頭10分。
「この世には所詮善と悪しかない、その中間はない」あからさますぎるフラグなのは分かっていた。人間には感情があるから時に善悪を分かっていても自分の気持ちを優先してしまう。ポアロはそれは分かっていて選択を迫られる。犯人を追う中で、悪をゆるさないポアロは心が痛んだはず。あの一言はポアロが自分を曲げないための信念の現れで、その信念が名探偵たる所以だろう。
ただの犯人探しのミステリーとして観るよりも、登場人物に感情移入してこそ、この物語が本当に楽しめると思った。何回観ても飽きの来ない、観るたびに様々な感情が湧き出る作品です。
>|