オリエント急行殺人事件の作品情報・感想・評価

オリエント急行殺人事件2017年製作の映画)

Murder on the Orient Express

上映日:2017年12月08日

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

3.5

あらすじ

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロ…

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロに身辺の警護を頼む。しかし、ポアロはラチェットの要請をあっさりと断るのだった。 深夜、オリエント急行は雪崩のために脱線事故を起こし、山腹の高架橋で立ち往生してしまう。そしてその車内で殺人事件が起こっていた。ラチェットが12か所も刺され、死体で発見されたのだ。乗り合わせていた医師のアーバスノットは、死亡時刻を深夜の0時から2時の間だと断定する。 鉄道会社のブークから捜査を頼まれたポアロは、乗客たち一人一人に話を聞き始める。ラチェットの隣室のハバート夫人が「自分の部屋に男が忍び込んだ」と訴えるなど、乗客たちの証言によって、さまざまな事実が明らかになってきた。しかし乗客全員にアリバイがあり、ポアロの腕をもってしても犯人像は浮上しない。 ラチェットの部屋で発見された手紙の燃えカスから明らかになったのは、彼がかつてアームストロング誘拐事件に関わっていた事実だった。少女を誘拐し、殺害したラチェットが、復讐のために殺されたのか?殺人犯は乗客の中にいるのか、それとも・・・・・?

「オリエント急行殺人事件」に投稿された感想・評価

アガサ・クリスティの名だけ知っていてこの作品のことも知らず、あらすじも見ず正にまっさらな状態で観たので楽しめた。

「ポアロかっけぇ〜」とか思ったり、「デイジー・リドリー可愛いな」とか思ったり「あーそいつが死ぬんか!」と思ったり「おーそういう展開か!」と思ったり「人情味溢れててエエやん」と思ったりと…


まっさらな状態で観てるからこそ純粋に驚き楽しんでました笑

非常にわかりやすいエンターテイメントでしたね。

「先の展開が読めた」とか「本の方が面白い」とか、これから観ようと思ってるこれに関して知識まっさらな方は気にせず観ていいと思いますよ。

普通に面白いです。

普通にシリーズ化出来そうだと思いました笑


個人的ジョニーデップは“マッドハッター”とかキャラ物やるより『ブラックスキャンダル』とか『ファンタスティックビースト』みたいに悪キャラの方が似合ってんじゃない?と思った!笑
brouillard

brouillardの感想・評価

3.0
へー、こんな構図あるんだーっていうところは感心したのだけど、それ以外は特に…。

『オリエント急行殺人事件』は大好きな物語で、初めて観たのは1974年版なのだけど、そのときの衝撃と感動と言ったら、もう! それから何年か前にテレビで放映された三谷幸喜版も気に入っているし、おそらくオリエント急行殺人事件がベースになっている『名探偵コナン』のベルツリー急行編は、コナン史上最高傑作だと思ってるし、さらに言うと、この話って、大西洋単独無着陸飛行のリンドバーグの息子さんの痛ましい事件から着想を得てるのだけど、その真相も気になっていて、つまり、それだけ思い入れがあると、ハードルも棒高跳びくらい上がっちゃってて…。

要するに、がっかり。ラストもなんか取ってつけた感がして。失敗作とは思ってないけど。続編も(あるならって言うかあるよね)観るけどw
IM

IMの感想・評価

4.0
推理ものとしては斬新な結末。
全員が被害者となんらかの関係があり、最初から最後まで誰が犯人なのか特定出来ないと思っていましたが、それが答えだったのですね。
推理系のストーリーは「誰が犯人なのかわからなくする」のがつくる上で大切なことだと思いますが、見事に騙されましたね。カメラワークも他の映画とは違う撮り方で観ててとても楽しめました。謎を解いている場面は上から撮っていたり、主人公が列車に乗るシーンと列車から去るシーンは列車内をノーカットで歩きながら撮ったり、一人一人の事情聴取の際はガラス越しに撮ったり…もう書けないほどの工夫が施されています。
また街並みの景色、特に空にはこだわりを感じました。
rio

rioの感想・評価

1.9
吹き替え版で見たのが間違いだった
mei

meiの感想・評価

4.5
もともと原作が好きで、ポアロが映画化と聞いてすぐ見に行きました。
予告にもあった通り、泣けます(笑)
まさかすぎて自分もびっくりでしたが、涙出ました。

ジョニーデップを割と脇役に使ってて登場シーン少なくて笑ってしまいました(笑)
な

なの感想・評価

3.3
なぜ見たんだろう
くす

くすの感想・評価

4.3
ラストが鳥肌。
原作で読んでも面白そうだけど、映画ならではの登場人物の表情や感情が見えて面白かった。
2017年に映画館で鑑賞。
原作既読。アルバート・フィニー版もデヴィッド・スーシェ版(ドラマ)も鑑賞済み。
話の筋は同じなので目新しさはないけれど、列車の止まり方だったりアクションだったり映像として楽しめるように工夫されている印象。
今回のポアロはスマートで渋く、従来の小男のイメージではない。デヴィッド・スーシェのポアロに慣れているので、ポアロと言われると違和感があるが、元警察官の雰囲気はとても出ている。
アルバート・フィニー版の方が色んな意味でインパクトが強かったけれど、ブラナー版も続編が出れば観に行きたいと思う。
>|