オリエント急行殺人事件の作品情報・感想・評価

オリエント急行殺人事件2017年製作の映画)

Murder on the Orient Express

上映日:2017年12月08日

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

3.6

あらすじ

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロ…

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロに身辺の警護を頼む。しかし、ポアロはラチェットの要請をあっさりと断るのだった。 深夜、オリエント急行は雪崩のために脱線事故を起こし、山腹の高架橋で立ち往生してしまう。そしてその車内で殺人事件が起こっていた。ラチェットが12か所も刺され、死体で発見されたのだ。乗り合わせていた医師のアーバスノットは、死亡時刻を深夜の0時から2時の間だと断定する。 鉄道会社のブークから捜査を頼まれたポアロは、乗客たち一人一人に話を聞き始める。ラチェットの隣室のハバート夫人が「自分の部屋に男が忍び込んだ」と訴えるなど、乗客たちの証言によって、さまざまな事実が明らかになってきた。しかし乗客全員にアリバイがあり、ポアロの腕をもってしても犯人像は浮上しない。 ラチェットの部屋で発見された手紙の燃えカスから明らかになったのは、彼がかつてアームストロング誘拐事件に関わっていた事実だった。少女を誘拐し、殺害したラチェットが、復讐のために殺されたのか?殺人犯は乗客の中にいるのか、それとも・・・・・?

「オリエント急行殺人事件」に投稿された感想・評価

アガサ・クリスティの名だけ知っていてこの作品のことも知らず、あらすじも見ず正にまっさらな状態で観たので楽しめた。

「ポアロかっけぇ〜」とか思ったり、「デイジー・リドリー可愛いな」とか思ったり「あーそいつが死ぬんか!」と思ったり「おーそういう展開か!」と思ったり「人情味溢れててエエやん」と思ったりと…


まっさらな状態で観てるからこそ純粋に驚き楽しんでました笑

非常にわかりやすいエンターテイメントでしたね。

「先の展開が読めた」とか「本の方が面白い」とか、これから観ようと思ってるこれに関して知識まっさらな方は気にせず観ていいと思いますよ。

普通に面白いです。

普通にシリーズ化出来そうだと思いました笑


個人的ジョニーデップは“マッドハッター”とかキャラ物やるより『ブラックスキャンダル』とか『ファンタスティックビースト』みたいに悪キャラの方が似合ってんじゃない?と思った!笑
django

djangoの感想・評価

4.0
原作未読。
それでも簡単に犯人わかりましたよ。
何故なら、試されているのは観客ではなく、ポワロだから。
おそらく、多くの人が結末を知っているであろう話で観客を試して何になる?
何を試す?
ポワロが最後に感じた感情が、この映画の答えのように感じた。

ゆったりとした時間を楽しめる映画。
僕はもっと刺激がある映画の方が好きだけどね。老け込むには早すぎるんでね。
何故犯人がわかったか?
をネタバレコメントに書いておきます。
KOUSOU

KOUSOUの感想・評価

3.2
【脚本】20点中14
【人物】10点中8
【音楽】10点中6
【映像】10点中4
豪華キャストで繰り広げられる密室ミステリー、それぞれのキャラに特徴と魅力があり素晴らしい。
視覚への圧倒的な衝撃。雪の中を走るオリエント急行という画の美しさは、スケールの大きい撮影ができるからこそ生まれたこの映画最大の魅力ではないでしょうか。

少し気になったのはストーリー(特に登場人物)の改変。原作の内容を限られた時間内に収めなくてはいけないので、多少の変更は仕方ないけれど、登場人物はそのままでいてほしかったな。ポアロの性格も原作を読んで自分が解釈したものとズレていたので、そこも少し気になりました。
tamaki

tamakiの感想・評価

3.3
全てが豪華になっているけど、やっぱりスーシェが好き。
ayane

ayaneの感想・評価

3.4

思ってたより普通、、、
deepimpact

deepimpactの感想・評価

4.0
 推理小説が原作で、観客は犯人が誰かを考えながら見る映画だ。殺される役をジョニー・デップが演じるというので少し驚いたが、登場人物のフラッシュバックもあって、とても重要な役だった。さすがの配役である。
 冒頭のいくつかのシーンで名探偵ポアロが恐ろしく頭の切れる人物であることがわかる。そして旧知の人物に逢ったとき、同伴の女性に向かってprostituteみたいな言葉を平気で言うことができる図太い神経の持ち主であることもわかる。人物像はこれで十分だ。
 そして事件は起きる。ポアロは天才的な探偵だが、超能力者ではない。杉下右京みたいに、鑑識が奇跡的に見逃した決定的な証拠を都合よく発見したりすることはない。彼は地道に物を調べ、証言を積み重ねていく。
 観客は登場人物たちの相関図を頭に描きながら、犯人は誰なんだろうと想像を巡らせる。しかしその間にも証言は積み上げられ、頭の中の相関図も怪しくなる。登場人物の価値観の差や思惑の違いなどによって事実はゆがめられていくが、ポアロはその力の向きと強さを冷静に見極めて真実に迫っていく。
 見終わるときには頭の中の相関図もあちこち線が途切れているが、長編小説を読破したような満足感がある。続編があれば是非見たいと思わせる傑作だ。
shunta

shuntaの感想・評価

4.2
あの結末は全然予想できなかった。
>|