オリエント急行殺人事件の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

オリエント急行殺人事件2017年製作の映画)

Murder on the Orient Express

上映日:2017年12月08日

製作国:

上映時間:114分

あらすじ

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロ…

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロに身辺の警護を頼む。しかし、ポアロはラチェットの要請をあっさりと断るのだった。 深夜、オリエント急行は雪崩のために脱線事故を起こし、山腹の高架橋で立ち往生してしまう。そしてその車内で殺人事件が起こっていた。ラチェットが12か所も刺され、死体で発見されたのだ。乗り合わせていた医師のアーバスノットは、死亡時刻を深夜の0時から2時の間だと断定する。 鉄道会社のブークから捜査を頼まれたポアロは、乗客たち一人一人に話を聞き始める。ラチェットの隣室のハバート夫人が「自分の部屋に男が忍び込んだ」と訴えるなど、乗客たちの証言によって、さまざまな事実が明らかになってきた。しかし乗客全員にアリバイがあり、ポアロの腕をもってしても犯人像は浮上しない。 ラチェットの部屋で発見された手紙の燃えカスから明らかになったのは、彼がかつてアームストロング誘拐事件に関わっていた事実だった。少女を誘拐し、殺害したラチェットが、復讐のために殺されたのか?殺人犯は乗客の中にいるのか、それとも・・・・・?

「オリエント急行殺人事件」に投稿された感想・評価

george

georgeの感想・評価

3.6
ポアロが頭良すぎるからか時間経つの速く感じた。3時間とかにしたらもっといい感じになりそう。ファンタビ同様に映像が凄く綺麗。
原作や旧バージョンなど一切観てない状態で鑑賞したわけなんだが。
やっぱどうもミステリーは合わない。
「誰が犯人でどういうオチをつければ読者観客が驚くか面白いか」って映画を観ながら考えちゃってしかもそれで結構犯人がわかっちゃうもんだから驚きが減っちゃうんだよね。邪推っていうかさ。

いや、面白いんだよ?演者陣も知らない奴がいないレベルの超豪華だしね。
ただ個人的にねって話なだけでさ。
Attic

Atticの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

いやぁまずキャストが豪華でしたねぇ。。
豪華すぎて大俳優達の優雅な休日にも見えますよね。
本の方は読んだことが無かったので、予備知識無しからの鑑賞でした。

普通に名探偵コナンみたいな結果的に犯人見つけて〜みたいなのを予想していたんですが、ラストは全然そうではなかったです。予想がまんまと外れて気持ちよかったです笑

関連性のない証拠、一貫性のない刺し傷、
まさか乗客の全員の計画犯だとはだれしも思わなかったんじゃなかったでしょうか。
アームストロング幼女誘拐事件の関連性のある人々が集まったのですが、エルキュールポアロのラストの推理はなんでそうなったの!?という無理矢理感が少しあったかな。

今後の人生の判断を被疑者達に任せ、去っていくポアロ。とてもクールでした。

善と悪の天秤。よく分からないものだとひしひし感じました。
サ

サの感想・評価

3.5
スターウォーズまで時間があったので、、本当はローガンラッキーが見たかったんだけど。ラストを知らずに見たので、普通に楽しめました。
レク

レクの感想・評価

3.5
本作品における最大のテーマは善と悪。
オリエント急行に乗る前にポアロは
人は善と悪の二種類しかいないと語りました。
オリエント急行殺人事件はポアロにとっても人生観、価値観を変えた大きな事件の一つなんですよね。


リメイク作品ということで、オチを知っていたのですが、結論から言うと楽しめました。

まず、映像とセットの素晴らしさ。
このご時世、CG技術の発達で金をかければ何でも作れてしまうわけですが、そうは言っても映像美を見せられるだけでもその世界観に浸れるというのも否定はしません。

カメラワーク一つ一つにしても、ただ登場人物を映し出すのではない。
映し方一つで登場人物の心理状態や人物同士の関係性、その場の状況に至るまで語られることがあります。
例えば、ワンカットで映し出す登場人物それぞれの表情にはその場をリアルタイムに描き、緊迫感や緊張感がひしひしと伝わってくる。
頭上からの視点では普段見ることのない視点ということでその場を俯瞰的に見ることが出来る。
これはまるで天から下界を見ている神の視点のようで、ここもテーマと繋がってきますね。
また上から見ることで列車内の構造を瞬時に把握することが出来る。

ラストの最後の晩餐を彷彿とさせる映像もポアロ自身の神学的思想の部分、そして事件の終焉を示唆させる。などなど。


原作やオリジナルとの間に越えられない壁があるのは仕方ないことで、この手の作品、特にリメイクに求めるのは酷というもの。
しかし、何度観ても楽しめるものは素晴らしいと思います。
何度か観ることによって新たに見えてくる部分は必ずあります。
オチを知っていても尚、楽しめたのは勿論この作品「オリエント急行殺人事件」の持つ作品力でしょう。
蓮

蓮の感想・評価

3.7
映像がとても綺麗。
原作を読んでいない状態で挑んだので、斬新さに感動したが、セリフがとても複雑で多いので、字幕で物語を完璧に理解するのは少し難しい。映像が綺麗なだけに字幕ばかり追うことになるのは少々勿体ない。
しかしただの殺人事件ではなく、正義について考えさせられる素晴らしい内容だと感じた。法律は不明確なものだということを認識させられた。
こだま

こだまの感想・評価

3.1
期待し過ぎてた。結末知らずに観たらもっと楽しいだろうなと感じた。
momomi

momomiの感想・評価

3.5
全体的にクラシックで良き。キャスト豪華すぎ。それだけでみる価値ある!しかも全員に見せ場があるから、終始推理だけど見応えがある感じ。
欧州と中東の風景がまあ美しかった〜。
ひたすら続く大陸をあんなファンシーな列車で旅するとか…そんな世界があるなんて!狭い部屋でカップラーメンすする私には想像し難い夢のまた夢。。
Jyun

Jyunの感想・評価

4.2
原作の名前は聞いたことありましたが、内容は全く知らず。
予備知識なしで観ましたが面白かったです。
結末知っていたらまた違った観点で観れたのかも。キャストも豪華でした。

テンポも良くて飽きずに観れました。
ただ、展開が早すぎてよく分からなかった箇所があったり、よくよく考えるとなんかおかしくない?っと思う箇所があったり。

あと、登場人物のキャラが最初と最後で変わり過ぎな気がする。
みお

みおの感想・評価

3.1
2017年劇場鑑賞20作目

誘われて鑑賞
恥ずかしながら原作を読んだことがなかったのでまったくの無知識で
名優ぞろいで山沿いの電車が走りシーンも迫力がありました
ただ、ずーっと車内での推理、少し眠くなってしまいました…
後半謎解きのシーンでは大泣きしてしまいました
とても切ないですが、それもまた良い