オリエント急行殺人事件の作品情報・感想・評価 - 442ページ目

オリエント急行殺人事件2017年製作の映画)

Murder on the Orient Express

上映日:2017年12月08日

製作国:

上映時間:114分

3.6

あらすじ

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロ…

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロに身辺の警護を頼む。しかし、ポアロはラチェットの要請をあっさりと断るのだった。 深夜、オリエント急行は雪崩のために脱線事故を起こし、山腹の高架橋で立ち往生してしまう。そしてその車内で殺人事件が起こっていた。ラチェットが12か所も刺され、死体で発見されたのだ。乗り合わせていた医師のアーバスノットは、死亡時刻を深夜の0時から2時の間だと断定する。 鉄道会社のブークから捜査を頼まれたポアロは、乗客たち一人一人に話を聞き始める。ラチェットの隣室のハバート夫人が「自分の部屋に男が忍び込んだ」と訴えるなど、乗客たちの証言によって、さまざまな事実が明らかになってきた。しかし乗客全員にアリバイがあり、ポアロの腕をもってしても犯人像は浮上しない。 ラチェットの部屋で発見された手紙の燃えカスから明らかになったのは、彼がかつてアームストロング誘拐事件に関わっていた事実だった。少女を誘拐し、殺害したラチェットが、復讐のために殺されたのか?殺人犯は乗客の中にいるのか、それとも・・・・・?

「オリエント急行殺人事件」に投稿された感想・評価

ゆーき

ゆーきの感想・評価

4.0
原作も今までの映像作品も何も知らないまま初乗車!
こんな感じかなと予想していた展開を遥かに上回るストーリーに完全に騙された。まさかだった。
ケネス・ブラナー演じるポアロさんの意外と激しいキャラも面白い。お髭可愛い。そうやって手入れするのか(笑)
映像美と丁寧に作り込まれた豪華な舞台装置にも感動!
今度またいつか見る時は分かってるからこその楽しみ方がありそうでわくわくする。

このレビューはネタバレを含みます

"名優たちが必要だった"
と予告で言っていた理由がわかりました!!

最後のトンネルに全員が1列に座って並んでいるところは、最後の晩餐を思わせてすごいカッコよかったです。

ポアロがどんどん謎を解いていく姿にわくわくしながら観ていました!!

ラチェットを全員で次々と交代で刺していくシーンはとても生々しさがでててゾクゾクしましたっ!!

個人的には、ポアロが列車で寝ていた時に髭を固定している髭マスク(?)みたいなのがツボです。
今年278回目の劇場での映画鑑賞。去年の数に並びました😸
12月はあと数回しか休みがないのでどこまで伸ばせるかな?

さて本作、ポアロがディケンズを読んで馬鹿笑いしているのがちょっとって感じです(ФωФ)
原作も知らないおいらも馬鹿者ですが、これまで見てきたポアロとは違っていました。
豪華な競演もシドニー・ルメット監督作より見劣りする感じ。

それなりに感動はしましたが、弱いんですよ。
機関車が雪景色の中疾走しているシーンがCGってのが安っぽい( ゚ー゚)
NEPPY

NEPPYの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

公開前から “予備知識ゼロの方が絶対楽しめる!” という口コミを目にしていたので、予習一切無しで観に行ってきました!

複雑なようで意外とシンプル。
ポアロの推理にドキドキしながら聞き入る感覚は、子供の頃図書館で物語を読みながらページをめくる時のような感覚。
ポアロが事件の情報収集をして推理をまとめている間は、彼の頭の中だけでどんどんパズルが組み上がっていて、それを我々観客すら覗き見ることは出来ないので、一緒に推理しながら観ないと多少退屈してしまうかも。
事件の真相は、切なく悲しい物語。

カメラワークがとてもおしゃれ。

この列車には、名優たちが必要だった…というキャッチコピーも、登場人物ひとりひとりのポスターが名前よりも肩書きを前面に押し出していたことも、全てを知ってから見ると すでにここから伏線が張られていたのか…と感心してしまいました。
有名だけど初見だったのでとてもワクワクしながら鑑賞!
「この列車には、名優たちが必要だった」
ってキャッチコピーの意味が分からなかったけど、観た後にそういうことかと納得。

謎解きの時の容疑者たちが横に並んでるシーンがスタイリッシュで美しくて好き。
途中早くて人物の名前を理解するのに混乱したけど何とか追いついて、最後は犯人に驚愕。泣きそうになりながら見届けました。いや〜よかった!
犯人を知ってから振り返ると最初から伏線は散りばめられてたわ〜!!面白かった!

ケネス・ブラナーに惹かれて観に行って正解。続編も観に行きま〜す。
Taul

Taulの感想・評価

2.0
ケネス・ブラナーのから騒ぎ事件簿。アクティブなポアロに戸惑いながらも新しいアレンジを楽しむ。名作の変化付けに気をとられ単純に1本の映画として不細工さが目につく。ただ終盤は独特な場面づくりに成功。やはり奇抜で感動的なミステリーだ。2作目ナイルに期待。
サイコ

サイコの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

期待しすぎた…。原作も前作も全く見てない状態で見ました。

んーーーー(笑)

面白かったけど、結末途中で読めたし、
なんかラチェット自身が悪党だということ自体、淡々と進んでいくからかあまり入り込めず…。

もっと濃ければそこに(キャラクターたちに)感情移入できて面白かったんだろうなと思う。あまり復讐いうても、この程度か…もっと…なんか…!って思ってしまった。(笑)

というか単純に期待しすぎたな(笑)

……わたしだけかな?!(笑)
ohtzca

ohtzcaの感想・評価

2.5
むかーし、子供の頃に、何度かテレビの洋画劇場で観た記憶と、中学時代に原作を読んだ記憶があるんですが、内容は覚えてなかったので、新鮮な気持ちでスクリーンに向かいました

けど、スピード感やテンポが私には合わなかったようで…

正直、ラスト15分以外、ずっと退屈でした、率直に、つまらなかったです

何というか、間延びしたような演出というか、舞台演劇を映画として観せられてるような感覚で、若干の睡魔が

お金掛けて、実力派俳優使って、有名スタッフ集めても、これではダメだろうと思いました
アイ

アイの感想・評価

3.0
真相が悲しくて涙が出た。
名優揃いで話も面白く、映像も綺麗で、観てよかった。
話を全く知らないで観たらもっと面白かったんだろうなー。
touch

touchの感想・評価

3.6
豪華寝台列車という最上の舞台装置
* * *
アガサ・クリスティによる名作推理小説『オリエント急行の殺人』を豪華キャストで映画化。
「既に映像化され尽くした感のある往年の名作、なぜ今映画化…?」というあなたの疑問は、鑑賞後にきっと氷解するはず。
.
幸か不幸か、ややチープなCG風景が列車内の絢爛さを引き立てていた印象。
衣装・美術スタッフの功績に依るところが大きいだろう。
.
原作の持つ最大の魅力であるポアロと乗客達の駆け引き、巧みなストーリー構成はしっかり踏襲している。
多少説明を省いていたせいか、やや分かりにくい部分もあったが、破綻はなかったように思う。
改めて原作の質の高さを痛感させられた。
その分、この物語のオチを知っている人と初めましての人とで評価が大きく分かれるところかもしれない。
.
原作の力とキャストの豪華さで押し切った感は否めない。
が、逆に言えば、人種も国籍もキャリアも様々な極上の役者達が一堂に会して演じる極上のストーリー
この贅沢さだけで一見の価値ありです。
ちなみに個人的ベストアクトはデイジーリドリーでした。