オリエント急行殺人事件の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

オリエント急行殺人事件2017年製作の映画)

Murder on the Orient Express

上映日:2017年12月08日

製作国:

上映時間:114分

あらすじ

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロ…

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロに身辺の警護を頼む。しかし、ポアロはラチェットの要請をあっさりと断るのだった。 深夜、オリエント急行は雪崩のために脱線事故を起こし、山腹の高架橋で立ち往生してしまう。そしてその車内で殺人事件が起こっていた。ラチェットが12か所も刺され、死体で発見されたのだ。乗り合わせていた医師のアーバスノットは、死亡時刻を深夜の0時から2時の間だと断定する。 鉄道会社のブークから捜査を頼まれたポアロは、乗客たち一人一人に話を聞き始める。ラチェットの隣室のハバート夫人が「自分の部屋に男が忍び込んだ」と訴えるなど、乗客たちの証言によって、さまざまな事実が明らかになってきた。しかし乗客全員にアリバイがあり、ポアロの腕をもってしても犯人像は浮上しない。 ラチェットの部屋で発見された手紙の燃えカスから明らかになったのは、彼がかつてアームストロング誘拐事件に関わっていた事実だった。少女を誘拐し、殺害したラチェットが、復讐のために殺されたのか?殺人犯は乗客の中にいるのか、それとも・・・・・?

「オリエント急行殺人事件」に投稿された感想・評価

くらげ

くらげの感想・評価

2.4
ラストほんまにそれでいいん、っていうモヤモヤ
リメイク版なのですが旧作は子どもの頃にテレビで見たきりで結末だけ知っていて細かいところは忘れているので旧作との比較は出来ませんでした。
ケネス・ブラナーの映画ってどの映画を観ても外れが無いです。悪い言い方をすると突出して好きになるような個性もない。映画の常套手段を上手く使い、登場人物の感情の起伏や劇中のアクシデントに合わせて音楽を盛り上げる。分かりやすく要約されたセリフと効果的なカメラワーク、小気味良いテンポで切られた編集、優等生的な映画です。
このお話の面白いところは一つの殺人事件を通して、全く別の時間と場所で起こったもう一つの殺人事件がだんだんと浮き彫りになっていくところでしょうか。ケネス・ブラナーの演出ではその殺人事件の多くは映さずに半分を観客の創造力に委ねている感じです。

全体を通してすごくしっかりした作りの映画に思えるのは、この映画は実は「エルキュール・ポアロという人の潔癖な性格をめぐる物語」として一貫性が取れているからではないでしょうか。冒頭のシーンからポアロは潔癖っぷりを見せつけるのですが、物語が進むにつれて、その潔癖さは彼の信念と深く結びついていると分かってきます。彼は最後の最後にその信念を試されるのです。

それにしても「この列車には名優たちが必要だった」これは秀逸なコピーだと思います。
YukiSakai

YukiSakaiの感想・評価

2.8
ストーリーの単調さが気になったけど、単に2時間の映画化は無理があるなそもそも
masarai

masaraiの感想・評価

3.0
「オリエント急行殺人事件」恥ずかしながら名前だけしか知らなかったんだよね(*´ω`*)
原作未読で映像化されてる作品も1個も観たことなかったんだよ。
映画好きにしては珍しい部類なのかな?

子供の頃、推理小説は結構好きで小学生から高校くらいまでの間は、赤川次郎とかにハマってて(三毛猫ホームズとか懐かしい)、クリスティの作品もトライしてみたことはあったんだけど、翻訳が良くなかったのか、文章や表現に違和感があって読み続けられなかったんだよねorz

そんなんで、ストーリーも結末も何も知らないでの観賞でした。
でもこのミステリー、初見で犯人当てられる人っているのかな?(^_^;)

ストーリーは当然秀逸なんだけど、途中関係者全員のアリバイが成立してるってとこらへん、関係者の名前も覚えられてない内から誰と誰が一緒に居たとか、誰の部屋の位置からは誰かの部屋のドアが開いてたら誰かが見えないはずだとか、、、オレの脳細胞は全然ついていけず、???はぁそーなんですかぁへースゴイデスネー(棒)状態

でも、こんな理解力最低レベルの僕でも最終的に帳尻が合う納得の結末が用意されてました(笑)

あと、こういう探偵物のミステリー系では、最後に探偵がこういう行動取るのは珍しい気がしてソコが意外で自分的には良かったかな。
Yasuhiii

Yasuhiiiの感想・評価

3.0
期待していた分、やや残念。
もっと思いもよらない推理が待っているのかと思いきや、という感じだった。
アームストロング一家に感情移入できないからちょっと厳しい設定が多い。
ゆー

ゆーの感想・評価

4.0
豪華出演者につられ鑑賞した♪
良かった♪話は知ってるし日本版ドラマも観てるんだけど楽しめた!!
端

端の感想・評価

2.8
これほど「「「「「普通」」」」」って思った映画久しぶりかもしれない。
せっかく視覚表現が使える映画で作るんだからもう少し部屋割とか列車の構造とかを見せてくれても良かったと思う。

構図やカットは凝っていたけど、それと作品の面白さが結びつくか?は別問題。
最後の推理披露シーンはそうくるか〜と思った。
1974年のも見なくては。
Tooomooya

Tooomooyaの感想・評価

3.7
話の内容なんとなく知ってるなかで、
あーーはい!はい!って感じで楽しめるやつ。
いやー、自分には刺さりました。とても映画らしいゴージャスな映画。
前作も観てるし、犯人ももちろん知ってるし、話の内容も全部わかってて、何を今更オリエント急行なのかと思っていたら、見せてくれました。
この映画はストーリーとかを追うものではないですね。だってよく知ってるし、かつ有名な昔の原作なので、今更話の内容で驚くとかはないです(当時は結構驚きましたけどね)。
今回の作品は、映像と演技をとことん楽しむものだと思います。最初のポアロ登場シーンから、映画の王道を行くようなわくわく感があり、その後も見せ方を工夫しながらのシーンが続いて飽きませんでした。
俳優もセットも景色もゴージャスです。落ち着いて観られる大人の映画という感じがして気持ちよかったです。
そして、ラストは思いもよらず涙ものでした。映画でじーんとくることはあまりないのですが、まさかこの作品でくるとは思いもよりませんでした。
自分にとっては「映画館で映画をみた!」という満足感が得られた作品でした。お勧めです。
mina

minaの感想・評価

4.1
初めての試写会!
原作知らないから素直に楽しめました٩( 'ω' )وキャストが豪華〜〜
最後の晩餐風の場面が好き
デイジーリドリーの透明感すごい いつまでも見てられる