オリエント急行殺人事件の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

オリエント急行殺人事件2017年製作の映画)

Murder on the Orient Express

上映日:2017年12月08日

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

3.5

あらすじ

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロ…

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロに身辺の警護を頼む。しかし、ポアロはラチェットの要請をあっさりと断るのだった。 深夜、オリエント急行は雪崩のために脱線事故を起こし、山腹の高架橋で立ち往生してしまう。そしてその車内で殺人事件が起こっていた。ラチェットが12か所も刺され、死体で発見されたのだ。乗り合わせていた医師のアーバスノットは、死亡時刻を深夜の0時から2時の間だと断定する。 鉄道会社のブークから捜査を頼まれたポアロは、乗客たち一人一人に話を聞き始める。ラチェットの隣室のハバート夫人が「自分の部屋に男が忍び込んだ」と訴えるなど、乗客たちの証言によって、さまざまな事実が明らかになってきた。しかし乗客全員にアリバイがあり、ポアロの腕をもってしても犯人像は浮上しない。 ラチェットの部屋で発見された手紙の燃えカスから明らかになったのは、彼がかつてアームストロング誘拐事件に関わっていた事実だった。少女を誘拐し、殺害したラチェットが、復讐のために殺されたのか?殺人犯は乗客の中にいるのか、それとも・・・・・?

「オリエント急行殺人事件」に投稿された感想・評価

BAC

BACの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

・ケネス・ブラナー、ほぼオンステージ状態。
演じてる時は、さぞいい気分だったろうな。

・私的復讐と法という視点で、デヴィッド・スーシェのテレビ版ポワロを念頭に置いたアダプテーションで、ポワロのアイデンティティに、犯人も自分たちがしでかしたことに心を揺るがさざるを得なかったテレビ版の苦さに、撮影・編集に加え、謎の解明編が見事だった74年版と比較すると、娯楽作として随分おとなしくまとめてしまったなあ と思う。
sarasate

sarasateの感想・評価

3.8
ジョニーデップに気づかなかった(笑)
途中難しかったが、なるほどと納得。
原作も読んでみようと思う。
funyagai

funyagaiの感想・評価

3.4
カメラワークと美術とCGによる大変な映像美であった。

まるでクラシック映画を観ているようなレトロな雰囲気。しかし列車内や駅は憧れるほど煌びやかで華やか。さらには推理や会話のシーンではカメラワークにこだわりが感じられ、見れば見るほどうっとりため息が出るほどの映像たちである。しかしながらトリックや伏線はやや甘めか、という印象だ。というのも登場人物たちに感情を動かされることがあまり無く、そのままエンディングを迎えてしまったためやや不完全燃焼気味になってしまった。感情を移入できるほど見返せば、まとまったストーリーと素敵な演出やそれぞれのキャラが醸し出す空気感をたっぷり味わえるだろう。一度見ただけではふんだんに盛り込まれたこの映画独特の要素を全て拾うのは不可能かもしれない。
aimo

aimoの感想・評価

2.5
キャストがほんとに豪華。
私はドラマ版の方が好きかもしれない。
うーん、原作知らずに見たわりに特にオチに驚くこともなく...
愉音

愉音の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

映画館で観賞。
こうゆう謎解き系の映画って好き。
実は何となく途中から犯人は分かってしまったけど…

原作はアガサ・クリスティ。
古い古い映画になるけど『情婦』もよかった。
今はあれと同じ話を結構使われてるから、リメイクは難しいんだろうな。
needmakeme

needmakemeの感想・評価

3.8

「善か悪かの二項対立は正しいのか。」「正義とは何か」と普遍的な問いをテーマにしている「上品」な作品。

被害者と加害者という関係性も循環し混淆しうるもの。ポアロもある意味で手紙が届かなかったこと、護衛を拒絶したことに自ら責を負っていた。だからこそ犯人の立場に心理的に近いところがあったのでは。死んで当然の人間などいない、なんて綺麗事は自分が被害者であっても言えるのだろうか。

一つ一つのヒントを紡いでいくと、犯人に対する固定観念が紐解かれて、終盤の最後の晩餐のオマージュであるシーンで、容易にポアロと同じ結論に達することができる点ではあまり斬新だったり予想外ではないかもしれないが、そこが重点に置かれてるわけではないのだろう。
ポアロおじちゃん、
吹き替えは草刈さん??

謎解きのトンネルの中、ダヴィンチの最後の晩餐みたいな座り方で、ゾッとした。
みんなそれぞれ繋がってるんだね。
シキ

シキの感想・評価

4.0
キャストも映像もとても豪華でした。原作を未読だったため、純粋に見ることができました。個人的にはとても面白かったです。
2018.09.16

有名な作家さんの有名な作品。タイトルこそ知ってはいたものの、肝心な犯人とかは知らなかったので、純粋に楽しめました!!

また、映像美がすごくて!度々くる列車の引きの画がどれもこれもきれいできれいで、、、引き込まれました:-)