オリエント急行殺人事件の作品情報・感想・評価 - 8ページ目

オリエント急行殺人事件2017年製作の映画)

Murder on the Orient Express

上映日:2017年12月08日

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

3.6

あらすじ

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロ…

乗客全員が容疑者”世界一の名探偵”ポアロが豪華列車で謎解きに挑む。 エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。 出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロに身辺の警護を頼む。しかし、ポアロはラチェットの要請をあっさりと断るのだった。 深夜、オリエント急行は雪崩のために脱線事故を起こし、山腹の高架橋で立ち往生してしまう。そしてその車内で殺人事件が起こっていた。ラチェットが12か所も刺され、死体で発見されたのだ。乗り合わせていた医師のアーバスノットは、死亡時刻を深夜の0時から2時の間だと断定する。 鉄道会社のブークから捜査を頼まれたポアロは、乗客たち一人一人に話を聞き始める。ラチェットの隣室のハバート夫人が「自分の部屋に男が忍び込んだ」と訴えるなど、乗客たちの証言によって、さまざまな事実が明らかになってきた。しかし乗客全員にアリバイがあり、ポアロの腕をもってしても犯人像は浮上しない。 ラチェットの部屋で発見された手紙の燃えカスから明らかになったのは、彼がかつてアームストロング誘拐事件に関わっていた事実だった。少女を誘拐し、殺害したラチェットが、復讐のために殺されたのか?殺人犯は乗客の中にいるのか、それとも・・・・・?

「オリエント急行殺人事件」に投稿された感想・評価

ケント

ケントの感想・評価

3.5
スピード感のある推理であっという間に結末を迎えたっていう感じだった、あとキャストが豪華すぎ。笑
二回も寝落ちしてしまった作品

推理系は好きなのだが 多分展開がダルいというか 最後まで引っ張りすぎやったのかもしれん

まぁ後半で犯人は誰かわかってしまうような作品かな
めろ

めろの感想・評価

3.5
期待通り面白かった!
犯人分かった時は一体感になぜか感動した。
そしてポアロが魅力的!
神経質な所もあるけど凄く紳士。
ただ、あまりハラハラしないというか結構淡々と進んで行くので苦手な人は苦手かもしれない。
Mui

Muiの感想・評価

3.5
2018.05.23.レンタル


何度も映画化されてきた有名作
しかし初見でしたので知識全く無し

豪華なキャストにまず唖然
典型的なサスペンスものかと思いきや犯人が分かってからの展開に驚き


続編も作られるようですので今後にも期待
シラノ

シラノの感想・評価

4.5
FODプレミアムのポイントでレンタルして鑑賞。


今まで名探偵ポワロは、昔NHKのアニメで放送してた『名探偵ポワロとマープル』を日曜の晩御飯時にたま〜に観てた程度。


なので今作は犯人は全く知らずに観ました。


結果からいうと・・・犯人わかるわけねぇよこんなのw

しかも答え合わせのところで初めてわかる事実がメチャクチャあるため、推理は無理。

わかるのは首謀者くらいでは?

どちらかというと、超大どんでん返しに近かった。


ただオリエント急行が発車するまでの人混みや街並み、上映中に流れる映画の雰囲気とベストマッチしてるBGMがメチャクチャ秀逸。

もうセットが凝りまくってて最高。

本当にその時代にいるかのようでした。


あと終盤の答え合わせの最初にポワロが言う「嘘を重ねれば騙せると思ったか。だが騙せぬ者が2人いる。その2人とは神とエルキュール・ポワロだ」ってセリフが中二病くさくてメチャクチャ素敵w


だけど最初に書いたとおり、自分はNHKのアニメの『名探偵ポワロとマープル』しか見たことなかったので、ポワロの印象がアニメとあまりにも違ってて驚いた。

なにせアニメのポワロは髪は白髪は皆無で特大の口髭以外にも眉毛もかなり太くて、背丈は相当低くてかなりぽっちゃりしてるんで。

まぁこれは『名探偵ポワロとマープル』で画像検索していただければわかるかとw


それとアニメ版でよく言ってた「私の灰色の脳細胞が・・・」のセリフがこの映画では皆無でした。

もっとも自分のことを世界一の探偵だと自負してるところは同じでしたけど(;・∀・)

このレビューはネタバレを含みます

トンネル内で犯人を暴くシーンを見ていて『赤信号、皆んなで渡れば怖くない』を思い出した。
何というか、一方的な殺人じゃなく、しっかりとした事実に基づいての殺人だったから、殺した犯人にも共感できた。まあ、どんな理由があっても人殺しはダメだけどね。続編ありそうな終わり方だったから期待!
2018年36本目
映像が綺麗だった。オリジナルを見てないからストーリーを最初から楽しめた。
有名なお話との事ですが、オチも何も知らずに鑑賞。
めちゃめちゃおもしろかった。
ラストは、あ~なるほど🤔となる。
キャストも豪華だし、映像もきれい。
オシャレな映画でした👔
ただ1回じゃ理解できなくて、途中まで観てまた最初から観ました 笑❤️
Garu

Garuの感想・評価

3.2
世界一有名なトリック

ミステリー作品の醍醐味であるトリックの謎解きがかなり多くの人にばれている。
もはや古典落語のような。

もちろん犯人やトリックを知っていても楽しめるよう作っていたと思う。
個人的に特にポワロファンでもないので、演者への違和感などは特になかった。

しかしそれでも盛り上がりに欠けたような印象だ。
列車や衣裳などは素敵だった。
an0nym0us

an0nym0usの感想・評価

3.6
アガサ・クリスティと言えば…エルキュール・ポワロ。なんと33の長編・54の短編・1つの戯曲に登場した名探偵。

シャーロック、エルキュール、江戸川(爆)ってぐらいに有名な名探偵さんですね🧐

今作は1934年に刊行された『オリエント急行の殺人』のリメイク…錚々たる顔ぶれの出演陣。目を奪われる映像美とレトロな雰囲気は、不朽の名作を飾るに相応しい。

ストーリーは…名作すぎですよね(^_^;)
灰色の脳細胞が事件を解決!ってアレ。

初見であれば、当然『ミステリ』として楽しむべき作品。既読の方は違った観点で考えて楽しむべきでしょうね。

冒頭『正義か悪しかない』と豪語していたポワロが結末を迎えて迷いを抱く…私は今作では、そこを楽しませていただきました。

何が正しく、何が悪だったのか。

『どちら側』から物事を見るのか…私たちはいつも、自分の立ち位置を選ばされる。

それは大概の場合、作者によって意図的に与えられる訳ですが…謎が解き明かされるに従って、立ち位置が揺れ動く。

そしてポワロは…
自身の尺度で迷宮を生み出した。

ちょうど『死刑台のメロディ』を観賞した後なので…なかなか唸りましたね。

だから、この結末をどう考えるのか…
いろんな人と話してみたいですね。

罪は罪と言い切る人もいるでしょう。
真実が正しいとは言えないって人も…

全員が納得する答えはない。

『そして誰もいなくなった』とか、作品群を読み返してみたくなってきたかも。
(*´꒳`*)