ダイ・ビューティフルの作品情報・感想・評価

ダイ・ビューティフル2016年製作の映画)

Die Beautiful

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:120分

3.8

あらすじ

ミスコンの女王、トリシャが急死した。家族から絶縁され、身寄りのない娘を育て上げ、ついにミスコン女王に輝いた末の突然の死だった。そんな彼女の遺言は、葬儀までの七日間の死化粧への注文だった。ビヨンセ、ジュリア・ロバーツ、レディ・ガガと。日替わりで海外セレブメイクを施され、トリシャと関わりのあった人々が葬儀に訪れ思い出を回想する。

「ダイ・ビューティフル」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.0
仕事が忙しくなってきたせいもあり、最近また寝落ちするようになってきた。映画が始まってしばらくした後、10分から15分程度寝落ちするケースが多い模様。この映画もゲイのミスコンで女王となった直後の突然死や母娘の件がポッカリ抜けてしまった。

寝落ちすると“流れ”が切れるので、内容はつかめたとしても、物語の展開に自然さとか納得感が薄れてしまう。とはいえ、寝落ちも含めて自分的映画鑑賞と割り切って、適当な感想文を…。

と言い訳しつつ言うのも何ですが、本作はゲイの方の現実を笑いを交えしっかり描きつつ、実現困難な彼女たちの願いにも光を感じる物語だったかな。

ミスコン優勝直後に突然死したトランスジェンダーのトリシャ・エチェバリアの遺言は、葬儀までの7日間、日替わりでセレブメイクをして欲しいというもの。つまり女性として美しく終わりたい、と。

物語は死化粧のシーン(現在)と彼女の人生の一場面(過去)が交互に映し出される。基本コメディタッチだけれど、トリシャを決して女性と見ようとしない周囲の視線がリアルでシリアス。その中でも女性としての自分を肯定しよう、認めてもらおうと奮闘するトリシャにジーンとする、という感じかな。

遺言はトリシャ最後の奮闘であるとともに、死化粧をする親友バーブへのプレゼントでもあるのかなという気がする。トリシャの死化粧はひょんなことからSNSで拡散し、多くの人の注目を集める。しかし、その視線はこれまでトリシャに向けられたものとは少し違う印象を受ける。

セレブメイクの死化粧はまるで眠っているようにしか見えないインスタジェニックな雰囲気で、不謹慎という気持ちを脇に追いやって、ほーっと感心し、他の女性と同じように美しくありたい、愛されたいと願うトリシャ、ひいてはゲイの気持ちを理解せずにはいられない。

実際、カトリックの影響が強いフィリピンにおいて、本作の発表はカミングアウトを後押し、監督自身も驚くくらいフィリピン社会に大きな影響を与えたという。
(https://www.cinra.net/interview/201707-diebeautiful)

「虎は死して皮を留め、ゲイ(人)は死して美(名)を残す」(カッコ内が原文)って感じですかね。

●物語(50%×4.0):2.00
・可笑しくて、リアルな物語。

●演技、演出(30%×4.0):1.20
・主演のパオロ・バレステレスは本作の公開後にカミングアウト。エキストラのトランスジェンダー役の人たちも、ほぼ全員がゲイ。どうりで自然な演技。

●映像、音、音楽(20%×4.0):0.80
・色彩鮮やかで美しい。
途中からトリシャの歩んできた人生を思いながら観ていたらしく、涙が止まらなかったです。
最初は露骨な性器の表現とかに「下品だな…」って抵抗があったけど、観ていく内に、そんなものは気にならなくなっていったから不思議(^^)
トリシャは強く温かく広くユーモアたっぷり、でも繊細でか弱い素敵な女性でした(^^)
さち

さちの感想・評価

4.1
2017.09.11

【神様、あなたの贈り物を素敵にしました】


主演のパオロ・バレステロスってインスタ界ではざわちんで有名なんだね〜って素顔めっちゃ優しいイケメンやないか。フィリピンぽくない顔立ち。トリシャを演じてる中でも太ったり痩せたり微妙にしてる気がした。
しかしおネエ様方みんな脚綺麗すぎ。

わざとなのかな?ちょっと構成というか、話がブンブン飛んでは放置感が気になりましたが、素敵なお話でした。

劇中、ローサ〜 に出てた ジャクリン・ホセ の名が出てきて🇵🇭では有名な女優さんなんだなーとしみじみ。
原案は2014年に起きたトランスジェンダーのジェニファー・ロードさんが米兵に殺害され、証拠不十分で無罪判決に終わり、メディア等で「トランスジェンダーだから殺されて当然」という差別的な意見が多く見られたため、トランスジェンダーの理解を広めるべくこの作品をつくったそう。

でも、そんな原案からは想像出来ないほどこの作品には愛が溢れていた。
家族への愛、友人への愛、愛する人への愛。
何より主人公のトリシャが辛く悲しい体験をしても、周りの人たちへの愛情を忘れずに優しく、時に厳しく、溢れる愛情で接していたことが周りを温かな気持ちにさせていたし、死という暗いテーマでありながら、明るさを失わず、いつも笑顔に戻る演出は心を温かくした。
人としても、女としても学ぶことが多かったし、勇気と元気をもらえた。

本来の自分の姿のまま、死にたいと言っていたトリシャ。
女性であることを楽しんでいた彼女は死してもなお美しく輝いていた。

ジュリア・ロバーツ、アンジェリーナ・ジョリーのメイクは特徴を捉えていて驚くほど似てた😆
パンダ5

パンダ5の感想・評価

3.5
主人公の生きる力に感服。
主演のパオロさん、めちゃんこ綺麗だった。チャーミングな笑顔と人柄に心掴まれるけど、ほんとにこの人ありきだな。。
ストーリーで物凄く打ち震える何かがあるわけではない。
dee

deeの感想・評価

3.8
ポスターにもあるけど、死後のことや死ぬときの姿のことに対して悩む者もいる中、
「わたしは『神様、あなたの贈り物を素敵にしました』って言うわ」って答えるの、すごいなって思った。

超感動でもなく共感型ムービーでもないけど、一人の人生の「終わり」から知って、その生きざまをあれほどじっくりさかのぼった映画は初めてだった気がする。美を求めて生きる彼女らは、けれど「キレイ」だけじゃすまされない社会や環境の中にいながら精進しているし、なにより生き方がパワフルだから見てて元気出る。あと、みんな足きれいすぎ。ツルツルだしめっちゃ長い。

見どころは中盤以降の地方コンテストシーン。
周囲はみんな「自分を魅せる」メイクをするなか、トリシャのものまねメイクは奇を衒ってたし、なにより本人がワクワクしながら準備するところがかわいい。けど、つい笑っちゃう。
3歩進んでは2歩下がりながらも日進月歩していくトリシャの美しさが目を引きました。高校時代のモサさが信じられないくらいかわいくなったバーブスが個人的には大好き。

それにしても、フィリピンのコンテストって学力面というか、受け答え的なところも考査されるんだ、ってとこに驚いた。
悠

悠の感想・評価

-
【神様、あなたの贈り物を素敵にしました。】
1000fly

1000flyの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

生まれ変わったら何になりたいか、とういミスコン審査の質問に「生まれ変わっても私でいたい、なぜなら私の形を満たすものは私だけ…」という回答をするシーンはCMで見ててぐっときたけれど、それ以上に印象に残ったのは、親友と一緒に豊胸手術をした時、親友は「神様の元に帰るときは、綺麗に元に戻して返したいのよね」というのに対して、主人公は「私は『神様、あなたの贈り物をこんなにステキにしました』って言うわ」と返したところです。
自分の容れ物をありたいように変えることは、悪いことでもなんでもない、という主人公が好きです。
>|