ダイ・ビューティフルの作品情報・感想・評価

ダイ・ビューティフル2016年製作の映画)

Die Beautiful

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:120分

3.8

あらすじ

ミスコンの女王、トリシャが急死した。家族から絶縁され、身寄りのない娘を育て上げ、ついにミスコン女王に輝いた末の突然の死だった。そんな彼女の遺言は、葬儀までの七日間の死化粧への注文だった。ビヨンセ、ジュリア・ロバーツ、レディ・ガガと。日替わりで海外セレブメイクを施され、トリシャと関わりのあった人々が葬儀に訪れ思い出を回想する。

「ダイ・ビューティフル」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.0
仕事が忙しくなってきたせいもあり、最近また寝落ちするようになってきた。映画が始まってしばらくした後、10分から15分程度寝落ちするケースが多い模様。この映画もゲイのミスコンで女王となった直後の突然死や母娘の件がポッカリ抜けてしまった。

寝落ちすると“流れ”が切れるので、内容はつかめたとしても、物語の展開に自然さとか納得感が薄れてしまう。とはいえ、寝落ちも含めて自分的映画鑑賞と割り切って、適当な感想文を…。

と言い訳しつつ言うのも何ですが、本作はゲイの方の現実を笑いを交えしっかり描きつつ、実現困難な彼女たちの願いにも光を感じる物語だったかな。

ミスコン優勝直後に突然死したトランスジェンダーのトリシャ・エチェバリアの遺言は、葬儀までの7日間、日替わりでセレブメイクをして欲しいというもの。つまり女性として美しく終わりたい、と。

物語は死化粧のシーン(現在)と彼女の人生の一場面(過去)が交互に映し出される。基本コメディタッチだけれど、トリシャを決して女性と見ようとしない周囲の視線がリアルでシリアス。その中でも女性としての自分を肯定しよう、認めてもらおうと奮闘するトリシャにジーンとする、という感じかな。

遺言はトリシャ最後の奮闘であるとともに、死化粧をする親友バーブへのプレゼントでもあるのかなという気がする。トリシャの死化粧はひょんなことからSNSで拡散し、多くの人の注目を集める。しかし、その視線はこれまでトリシャに向けられたものとは少し違う印象を受ける。

セレブメイクの死化粧はまるで眠っているようにしか見えないインスタジェニックな雰囲気で、不謹慎という気持ちを脇に追いやって、ほーっと感心し、他の女性と同じように美しくありたい、愛されたいと願うトリシャ、ひいてはゲイの気持ちを理解せずにはいられない。

実際、カトリックの影響が強いフィリピンにおいて、本作の発表はカミングアウトを後押し、監督自身も驚くくらいフィリピン社会に大きな影響を与えたという。
(https://www.cinra.net/interview/201707-diebeautiful)

「虎は死して皮を留め、ゲイ(人)は死して美(名)を残す」(カッコ内が原文)って感じですかね。

●物語(50%×4.0):2.00
・可笑しくて、リアルな物語。

●演技、演出(30%×4.0):1.20
・主演のパオロ・バレステレスは本作の公開後にカミングアウト。エキストラのトランスジェンダー役の人たちも、ほぼ全員がゲイ。どうりで自然な演技。

●映像、音、音楽(20%×4.0):0.80
・色彩鮮やかで美しい。
あい

あいの感想・評価

3.9
20170908
化粧で美しくなるトリシャだけれど、美しいのは彼女の心でした。

このレビューはネタバレを含みます

盗んだ死体に7日間違う死化粧を施す
と書くとエキセントリックな内容に思える。しかし、実際は一人のニューハーフの半生と、その半生をいつも見守ってきた(決して罪悪感クソ野郎のことではない)彼女愛する親友たちが、彼女を死出に送り出すまでの物語だ。
奇抜な設定は、あくまでトリシャの生前の願いを尊重し、彼女の尊厳を守るために行われるものであり、彼女の性をめぐって仲違いしていた父親のような存在に理解を促すことを目的としているわけではない。
そのせいか、ラストはトリシャ=エチェバリアという無二の友人を失ったバーブスに感情移入して泣けてしまった。ニューハーフの世界、ミスコンの世界、目まぐるしく場面が変わりながら最後は静かな余韻を残す映画だった。
どんな人も他の人のことジャッジしたりあなどったりしたらあかん!
そしてそんなことには負けず思いやりをもって美しく生きたいものですな。

フィリピン時代の生活が蘇り、マニラに溢れるオカマさんたちも懐かしく感じた。フィリピンやったらここのシーンで爆笑やら野次やらスタンディングオベーション起こってるやろやぁと想像しながらの楽しい鑑賞でした。
osowa

osowaの感想・評価

2.5
時系列がバラバラなので話について行くのがやっと。

エピソードはそれほど目新しいものは無かったけれど、主人公は美しかった。
えり

えりの感想・評価

3.9
とにかくずっと泣いてたんじゃないだろうかと思うくらい終映後顔がボロボロになった映画でした。

父親に理解してもらえない辛さや不当に扱われた経験を経てもなりたい自分を諦めず生きてきたトリシャの強さには感動させられた。

支えあうように生きてきたバーブスとの友情は素敵だった。
自分らしさを死ぬまで貫いた仲間を自分らしい姿のまま送ってあげたいという気持ちがバーブスのメイクにはこもっていたと思う。
考えさせられた
死因が実際とは異なるので、少し気持ち悪いが…。
実話に基づいた話の映画だし、内容は軽めで、綺麗な感じになっていて、まぁこんなもんでしょう。
総合的には良かったと思う。
2017/11/08
お化粧の効果もあるけど、自信を持って話すようになると、トリシャがどんどん綺麗になってく〜
バーブスとの遊びの真似メイクも「似てる‼︎」って思いながら見て、楽しかった!
子供の自己を理解出来ない親にはなりたくないと強く思った。
トリシャはバーブス、バーブスはトリシャがいる事で心強く、幸せだと思う!
nonchan

nonchanの感想・評価

3.5
物凄くインパクトのあるタイトルとポスターに、前から気になっていた映画でした。
セクシャルマイノリティの人々に対する差別と偏見に立ち向かいながらも、強い意志で誇り高く生きぬいたトリシャに笑い、泣かされました。
フィリピン映画を観るのは初めてだったけど、見応えのある映画でした。
>|