台北ストーリーの作品情報・感想・評価

台北ストーリー1985年製作の映画)

青梅竹馬/Taipei Story

上映日:2017年05月06日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

台北市内のガランとしたマンションの空き家を訪れる男女二人。女は、ステレをあそこに、テレビはここに、と夢を膨らませている。 男は気のない様子でバッティングの素振りのフォームをしながら「内装に金がかかりそうだ」、「わたし、今度昇進するから大丈夫」。 女はアジン。不動産ディベロッパーで働くキャリアウーマンだ。男はアリョン。少年時代はリトルリーグのエースとして将来を嘱望されていたが、いまは家業を継ぎ…

台北市内のガランとしたマンションの空き家を訪れる男女二人。女は、ステレをあそこに、テレビはここに、と夢を膨らませている。 男は気のない様子でバッティングの素振りのフォームをしながら「内装に金がかかりそうだ」、「わたし、今度昇進するから大丈夫」。 女はアジン。不動産ディベロッパーで働くキャリアウーマンだ。男はアリョン。少年時代はリトルリーグのエースとして将来を嘱望されていたが、いまは家業を継ぎ、廸化街で布地問屋を営んでいる。二人は幼なじみ。過去にはそれぞれいろいろとあったようだが、なんとなく付き合いが続いている。 順調に思えたアジンの人生だったが、突然勤めていた会社が買収され解雇されてしまう。居場所を見失ったアジンは、アリョンの義理の兄を頼ってアメリカに移住し新たな生活を築こうと、アリョンに提案する。しかしアリョンにはなかなか踏ん切りがつけられない。ここには少年野球の仲間もいるし家業もある。一度は決心して資金を作るため家も売るが、昔気質のアジンの父親が事業に失敗するとその肩代りに奔走することになる。すきま風が吹き始める二人の間に、ある過去の出来事が重なり、そしてやがて思いもよらない結末が訪れる……。

「台北ストーリー」に投稿された感想・評価

良い良い。学校の課題で見たのだけど、勉強になった。
room504

room504の感想・評価

3.9
エドワードヤンの作品が中間色がとても美しいのに対して、ホウシャオシェンはもう少し鮮やかで感度が高い。
どちらも退屈な物語の中に印象的で目を惹くカットが散りばめられているのが特徴なのかと思う。
台湾映画のこの空虚さはとっても好きです。
nG0

nG0の感想・評価

3.5
変わりたい女と変われない男。
近いけど交わる事のない2人の距離感が重い。
心が破壊されそうなくらい重くて静かなシーンが印象的だった。


クーリンチェもそうだったけど観る時の心身のコンディション整えないとメンタルやられる
mrhs

mrhsの感想・評価

4.5
今は、この映画の重みを、僕はしっかりと感じていたい。

そう、この重みは、エドワード・ヤンだけが背負っている重みではない。われわれひとりひとりがしっかりと受け取るべき重みなのだ。

こんなにも「克服すべき受難に満ちた祝福」をありがとう、エドワード・ヤン、ホウ・シャオシェン。

俺達はやるよ。
Sayoooo

Sayooooの感想・評価

-
32年前の映画を公開できるようにしてくれた映画関係者の愛と努力に感謝を言いたい。

80年代の台湾の風景は日本のそれにも似ていて、ノスタルジックな美しさがあった。

けど、描かれているアジンとアリョンの関係はいまの日本の若者そのもので、人間って変わらないんだなと思った。

自分の感情や家族や周りの環境にふりまわされながらも生きていくしかない。
アジンのつよさが良いのかどうかは分からないけどうらやましい。
人間倒れても、立ち上がるのは自分でしかない。
2017年5月7日、渋谷ユーロスペースにて鑑賞。

1985年のエドワード・ヤン監督作品が、32年の時を経て、奇跡的な初公開。
1980年代の空気(雰囲気ではない!)に触れることが出来て、非常に嬉しい!!

物語は、アジンという女性(ツァイ・チン)とアリョンという男性(ホウ・シャオシェン)の二人を中心に描かれている。
この二人の描き方が同じ方向を向いていそうなのに、考え方は当然ながら違いが見られる。

公開直後の鑑賞なので、ここでは余り詳しく記載するのは避けたいと思う。

ただ、今年必見の一本であることは間違いない。

<映倫番号は表示されなかった>
1/12/2018
@アップリンク渋谷

エドワード・ヤン好きなんだが家族が多くていつもよくわからなくなる
YY

YYの感想・評価

4.5
淡々とかっこいい画が出てくる。
見たあと、自分の目に街が美しく映る。
>|