台北ストーリーの作品情報・感想・評価

台北ストーリー1985年製作の映画)

青梅竹馬/Taipei Story

上映日:2017年05月06日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

台北市内のガランとしたマンションの空き家を訪れる男女二人。女は、ステレをあそこに、テレビはここに、と夢を膨らませている。 男は気のない様子でバッティングの素振りのフォームをしながら「内装に金がかかりそうだ」、「わたし、今度昇進するから大丈夫」。 女はアジン。不動産ディベロッパーで働くキャリアウーマンだ。男はアリョン。少年時代はリトルリーグのエースとして将来を嘱望されていたが、いまは家業を継ぎ…

台北市内のガランとしたマンションの空き家を訪れる男女二人。女は、ステレをあそこに、テレビはここに、と夢を膨らませている。 男は気のない様子でバッティングの素振りのフォームをしながら「内装に金がかかりそうだ」、「わたし、今度昇進するから大丈夫」。 女はアジン。不動産ディベロッパーで働くキャリアウーマンだ。男はアリョン。少年時代はリトルリーグのエースとして将来を嘱望されていたが、いまは家業を継ぎ、廸化街で布地問屋を営んでいる。二人は幼なじみ。過去にはそれぞれいろいろとあったようだが、なんとなく付き合いが続いている。 順調に思えたアジンの人生だったが、突然勤めていた会社が買収され解雇されてしまう。居場所を見失ったアジンは、アリョンの義理の兄を頼ってアメリカに移住し新たな生活を築こうと、アリョンに提案する。しかしアリョンにはなかなか踏ん切りがつけられない。ここには少年野球の仲間もいるし家業もある。一度は決心して資金を作るため家も売るが、昔気質のアジンの父親が事業に失敗するとその肩代りに奔走することになる。すきま風が吹き始める二人の間に、ある過去の出来事が重なり、そしてやがて思いもよらない結末が訪れる……。

「台北ストーリー」に投稿された感想・評価

Mypage

Mypageの感想・評価

4.0
良い良い。学校の課題で見たのだけど、勉強になった。
レナ

レナの感想・評価

3.5
風景も、人も、悲しくて切なくてやるせない気持ちにさせる。その2つがあるからこそ互いに成り立っているのはとても分かるが、私は画の方に惚れ惚れして他方には少し退屈してしまった。
アジンがハンサムでイカす。
こまつ

こまつの感想・評価

3.8
ずーっと観たかった映画

予想以上にすんばらしいシーンが沢山あって予想以上に分からなかった
りさ子

りさ子の感想・評価

4.1
映像がずっと悲観的
衣装と部屋が可愛い
akrutm

akrutmの感想・評価

4.0
昔からの幼なじみで、大人になっても付き合っている男女の気持ちが徐々にすれ違っていく様子が、何気ない日常生活を淡々と描写する中で、浮かび上がってくるスタイリッシュな映画です。主演男優のホウ・シャオシェンは台湾の有名な映画監督、主演女優のツァイ・チンは歌手です。音楽はヨーヨー・マが担当しています。

大きな出来事は一切起こらないにも関わらず、映画の世界にぐっと引き込まれました。80年代の高度成長期にある台北の様子や日本に対する憧憬、台湾の国技である野球なども描かれているので、ストーリーとは別にそのような雰囲気を楽しむこともできます。
n

nの感想・評価

-
昔みた
エドワード・ヤンが暗闇に青年を置けばそれだけで禍々しい事件を予感させる。
侯孝賢は役者としても良かったし、映像のキレも十分だけど、エドワード・ヤンはこんなもんじゃないだろと思った。
arai

araiの感想・評価

4.0
うん、いい。
じっとりとした雰囲気に煮え切らない男女。
静かにつぶやかれる言葉たち。
>|