サーミの血の作品情報・感想・評価

サーミの血2016年製作の映画)

Sami Blood/Sameblod

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:112分

3.9

あらすじ

1930年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思ってい…

1930年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思っていたエレは、彼を頼って街に出た――。

「サーミの血」に投稿された感想・評価

いにょ

いにょの感想・評価

3.9
2017年105本目。

サーミ人というのは、スカンジナビア北部に住む遊牧少数民族。彼らの住まう土地はラップランド(辺境の地)という蔑称で呼ばれ、ラップ人とも呼ばれる彼らは差別の対象となっている。

主人公のエレ・マリャはそんなラップ人としての出自を呪い、そこから逃がれようと足掻き、身近な人たちを傷付けてしまう。

高福祉国家で幸福度ランキングでも上位に入るスカンジナビア半島の国々にこんな根強い差別があるとは知らず、それを知るだけでも価値のある映画。

人の弱さの悲しさよ。
ヨイクは日本の民謡みたいで耳馴染みがよく、懐かしく感じた。人生を自分で決めれない不自由さ、それに立ち向かう力強さは美しい。
まぼろ

まぼろの感想・評価

4.5
よかった!映像もカメラワークも、カット割りも!

差別されてきた歴史を持つラップランド地方(スウェーデン)のトナカイと暮らす先住民サーミ人の女性の過去(出自)と向き合う。

物語というより当時の少女の生き様(顔)が撮られている。

映像的に描かれる様々な集団に溶け込めない様子、それに抗いしたたかに生きていこうとする少女の姿がダルデンヌ兄弟の『ロゼッタ』の再来を彷彿とさせる。
えりこ

えりこの感想・評価

3.8
大変恥ずかしながら、サーミというのは誰かの名前かと事前では思っていました。観る前に、北欧やロシアに住むサーミ人という人たちがいることを知り、ちょっと勉強してから鑑賞しました。
主人公の姉妹は2人とも実際のサーミ人、そして実の姉妹で女優活動をしているわけでもなく、普段は遊牧生活を送っているとの事で驚き。

少数民族はやはり迫害の歴史があり、サーミ人も散々迫害されていたのですね。映画の中でもそんなシーンが多々あり、差別される彼女たちを見ていたら悲しく苦しい気持ちに。

サーミである事を忌み嫌い、自らの出自を隠して生きた女性が主人公。
血という言葉が重くのし掛かるラスト。サーミ人の存在を知る事も出来たし、苦しいストーリーだったけれど色々な感情が揺さぶられ、観て良かったと思える作品でした。
San

Sanの感想・評価

3.7
記録
サ―ミ人を初めて知った。

スウェーデン北部のラップランドの先住民族。エレ·マリャはトナカイを放牧しテントでの生活がいやで街へでる。

エレ·マリャ役の子は本物のサ―ミ人だそうで、差別や偏見と戦う姿は頼もしい。
Who

Whoの感想・評価

3.8
どこの国でもやっぱり差別はありますな!
これ系は観ててイライラするんだよな、いつも。
差別する奴らなんて田舎者ばっかりだよ!
田舎の狭く限られたとこでしか生活してないような視野の狭い奴らがすることだね!
差別されてる人もいじめられてる人も、逃げ出すに限ると思いますな、頑張って耐えるなんて時間と気力の無駄だよ!
ヨークの迫力がすごい
abemathy

abemathyの感想・評価

4.5
そもそも差別がなければ。誰もが差別される立場にはなりたくないはずのに、決してなくならない。
お金を貸してほしいと告げたとき、人類学選考なのと無邪気に言われたとき、血の涙が滲むのが見えるようだった。
>|