サーミの血の作品情報・感想・評価

サーミの血2016年製作の映画)

Sami Blood/Sameblod

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:112分

3.9

あらすじ

1930年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思ってい…

1930年代、スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思っていたエレは、彼を頼って街に出た――。

「サーミの血」に投稿された感想・評価

asuka

asukaの感想・評価

3.7
サーミ人や、こんな歴史背景があったということを知らなくて驚いた。
自分とは違う人だったり、物だったりをどうしても敵対したり苦手に思ったりする気持ちってわかるけど…。
お互いが分かり合うことって必要よね。
minorufuku

minorufukuの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

1930年代、スウェーデン北部で暮らす先住民族サーミ人は、スウェーデン人から差別的な扱いを受けていた。
サーミ人のヒロインは、妹ともに森林の中の寄宿学校に通うことに。成績優秀で勉強の楽しさを知ったヒロインは進学を望むが、この寄宿学校からの進学は法的に禁じられていると告げられる。そんなある日、スウェーデン人のフリをして紛れ込んだお祭りで1人の少年と出会う。先行きの暗いサーミ人である我が身を憂いたヒロインは、寄宿学校を抜け出し、少年を頼って街に出たのだが…という話。

観終わったあとにズシリとした重い余韻の残る作品。
恥ずかしながら僕はサーミ人のことはこの映画を観るまで全然知らなかった。本作は、出自が原因で露骨に虐げられ、自由や学ぶ権利なども与えられないという我々が想像することのできない過酷な環境を写実的な表現で描いていて、とても衝撃を受けた。
老境に差し掛かったヒロインが、妹の葬式に出て、サーミ人のコミュニティと再会する現代編から物語は始まり、彼女が少女期を回想する構成になっている。冒頭の現代編で、ヒロインは明らかに自身がサーミ人であることを快く思っていない言動を取っていて、あまり良い印象を受けなかったのだが、回想シーンでのあまりに絶望的なサーミ人の境遇に、心の中で思わずごめんなさいと謝ってしまう。これは仕方ない。
学ぶ喜びを知り、妹とも仲睦まじい関係であったのに、全てを捨てて自由を求めたヒロインの生き方に戦慄を覚えた。また、決別しつつも、ヒロインの生き方を尊重した母親や、最後まで姉を気にかけていた妹の優しさには家族の絆を感じた。
ラストに再び現代編に戻り、老いたヒロインが妹の亡骸に向かってそっと謝罪の言葉をかけ、故郷の山を一望するシーンは感動的だった。
主演の女優さんは、現代編・回想シーンともにサーミ人とのことで、監督もサーミ人の血を継いでいるそうな。

寄宿学校の先生役の女優さん、どこかで見たような気がしていたら、キングスマンのスウェーデン王女役の人だった。
aya

ayaの感想・評価

4.6

1930年代、差別的な扱いを受けていた先住民族「サーミ人」の少女・エレはある少年との出会いから血を偽って生きる決意をする。


もし自分が生まれた時から二級市民として生きることを決められていたら…

歩くだけで暴言を吐かれ、興味から研究対象にされ、進学を望んでも「脳が小さいから文明社会に適応できない」なんて言われたらエレのように自分の中に流れる血を嫌うと思う。

エレが間違っていたとは思わない。
しかし、やはりお母さんや妹の気持ちを考えるとどうしようもなく胸が痛む。
ただエレはエレの、妹は妹の、大切なものを守りたかっただけなのに。
もちろん、お母さんだってそうだ。



驚くべきは監督自身もサーミ人、役者にもサーミ人役には実際のサーミ人を起用する徹底さ。
エレを演じたレーネ=セシリア・スパルロクは普段、この作品で描かれているようにノルウェーでトナカイと共に暮らしているらしい。
それだけに、当たり前だけど、サーミ人の生活がとても自然かつ細かく描かれていた。


おそらくあまり広く知られていないであろうサーミ人の悲しい闘いの歴史…
この作品を通して少しでも多くの人に知ってもらいたい、知ってもらうべきだと思う。
のばら

のばらの感想・評価

3.7
生まれながらに所属があるということは、どういうことか考えさせられる。楽しむよりも考える、想像する部分をかなり残された映画。
描かれるのは2つの旅。
自身のアイデンティティを模索する旅と、向き合う旅。
オシャレなイメージのある北欧、スウェーデンの闇を見た。
その先の物語が気になる系
人種差別、姉妹愛が描かれた作品。
この世界から抜け出したい、と思った主人公だが、そこにある環境はなんとも厳しい。

それにしても、スウェーデン人がイケメン美女すぎてスウェーデン行きたくなる。
80点
286

セリフ少なめの雰囲気で観る映画。演技に引き込まれた。
yokopi

yokopiの感想・評価

4.0
14歳かぁ…
頼れる人もなく孤独に切り拓いてきたその人生、想像もつかないほど壮絶だったろうと思う。

耳を切られた時、逃れられない自分のルーツを思い知り、トナカイに手をかけた時はサーミ人である自分を殺したのでしょう。

妹への謝罪のシーンは痛切極まるものがありました。

なぜ人は差別してしまうのか…優劣はなんの足しにもならないしお腹もいっぱいにならないのになあ。
>|