ハローグッバイの作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 2ページ目

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

3.9

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

FMK

FMKの感想・評価

3.6
女子高生って5年で全く違う女子高生が誕生しているもので、これは2010年代の花とアリスのような。
境遇も生き方も居場所も違う2人の女の子が、ある一部分だけ重なるお話。
lucalump

lucalumpの感想・評価

4.3
この映画すき、よかった。ピアノで泣いた。曲も素敵、とってもいいシーン。終わり方も好き。もたいまさこ も女の子二人もよかった。二人が帰りの挨拶するシーンも泣けた。
とても好きな世界観である。
実はその手紙はっていうのも良い。
本当に孤独な友達のいない委員長アオイと、つるむ仲間はいるけど本当は孤独だと気付いてないようで気づいているハズキ。
認知症を患って徘徊していたえつこさんのところにいたハヅキとアオイがえつこさんの渡せなかった手紙を届けていくことで少しだけ2人の距離が近づく話し。

なのにあえてのこれからは関わらないから。的にエンディングもなんか余韻が残る。

良い作品だった。
t

tの感想・評価

3.0
母に振り向いてほしくて万引きを重ねる優等生と妊娠疑惑のある少しやんちゃな女子、という既視感しかない設定は良いが教科書的な印象が拭えないまま終わった。あのペンタトニックなオリジナル曲に感動できるか否かで結構左右されるような。階段やスマホは機能しているし主演2人が良かった。久保田紗友さんはずっと川口春奈だと思って観ていた…
草

草の感想・評価

3.0
新文芸坐にて鑑賞。
高校生特有の孤独さや見栄や強がりがリアルだった。
ピアノの旋律がズルい。泣かされそうになった。
佐々木

佐々木の感想・評価

3.7
教室が、凄くリアルに描けている。軽く予想を裏切ったエンディングも良い。この監督と脚本家は本物でしょう。2018/4/7新文芸坐
Mari

Mariの感想・評価

3.8
音楽が素晴らしい。洗い流してくれる。迷いや不満や不安や淋しさを。脚本が素晴らしい。高校時代の自分自身がそこに居るよう。あの小さな世界が全てで抜け出したかったし何かになりたかったし大人に憧れたりした。おばあちゃんの優しさ。誰かとご飯を食べると美味しいな。友達は無理してカッコつけているものじゃない。自分に嘘はつかないでいたい。だったら一人でも充分幸せだ。自分が素直に呼吸する。そうしたらきっと、誰かと繋がれる。もたいまさこさん、芝居力凄い。物語が立体化してくる。
話や全体のルックは地味なんですけど、撮影、音、照明など全体的にめちゃくちゃ丁寧な仕事でした。
見終わってから気づきましたが、「ディアーディアー」の菊地監督と知り、少し納得しました。
おばあちゃんの家におしかけるところのコメディ感などはらしいなと思いましたが、それ以外は職人的に作ったのかなと思いました。
トークショーで女子高生とかあんま知らないから最初は企画に興味がなかったと言ってましたし。
あと女子にはなりたくないなぁーという女子の友情の描き方が怖くて良かったです笑
シーンの反復とか映画的な表現が多くて上等なお皿を見るような映画でした
あと今見たからこそだけど、ちょっとリメンバーミーを連想しました
たいち

たいちの感想・評価

3.5
地味だけど丁寧に作られた邦画。

もたいまさこが主人公達との別れ際、自分の娘の友達と記憶違いし強そうに見えるけど実は人見知りだから宜しくね、というシーン泣ける。

手紙とLINEの対比。
音楽の挿入のタイミング良かった。
comasako

comasakoの感想・評価

4.0
いい映画じゃないか!
はなうたとピアノの音に胸がぎゅっとなりました。