ハローグッバイの作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 2ページ目

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

夢野猫

夢野猫の感想・評価

3.5
じんわり系青春映画。

二人の女子高生と認知症のお婆ちゃんが織成す友達ストーリー。

メイキングによるとこの作品は、主役の二人が決まっていて作られたとのことで、「所属事務所が同じでも、あまり話した事は無い」と言う現実をそのまま活かしたらしい。
しかも撮影期間が8日間しか取れなかったらしい。

相反する性格の二人を結び付ける認知症のお婆ちゃん役のもたいまさこの力量は、やっぱり凄い。
良い。とても良い。痛くて哀しくて優しくて温かい。もっと観ていたい作品だった。
P

Pの感想・評価

4.6
あぁー、、
私の大好きな邦画はこういうやつ!
なんて素敵なんだ( ´•̥ω•̥` )
最初に映った花の色で、
この映画絶対好きって思った。笑

ピアノのメロディが
美しすぎて涙が溢れるよもう( ´•̥ω•̥` )
心に染み渡ってくのを感じる!!!!!

委員長もはづきちゃんも
美人で可愛いし
もたいまさこさんは相変わらず雰囲気も抜群やし、
愛おしい作品になりました♡
O

Oの感想・評価

3.9
静かだけどそれがリアルさを引き立たせている感じ

今ある関係が壊れることを怖がらずに時にはぶつかることも大事だなと思える映画


ピアノいいね
元カレとの間に子どもができたかもしれないスクールカーストでは上位の女の子と、真面目で孤独だけど万引きを繰り返すスクールカーストでは下位の女の子が主役。
認知症のおばあさんとの出会いで、交わることがなかったはずの二人がいびつな交流をはかっていくというストーリー。

女子グループの、不安定ながらもやっと回っているコマのような、絶妙なバランスで保たれてる感じがうまく表現されてた。
触れると崩れてしまいそうな関係性に、青春の儚さみたいなものも感じられた。

ピアノが印象的だった。
「ハローグッバイ」
正反対のようで似ている2人。最初は彼女らのリアルな感情が伝わってきてヒリヒリしたんだけど手紙のところでこう来たか…ってなんだか凄い感情になった。ラストの終わり方は映画名からしてなるほど…と。ちょっと切ないんだけどスッキリもするような、不思議な感覚になりました。
マーチ

マーチの感想・評価

3.7
【省略レビュー🎹】

2人の女子高生と認知症のおばあちゃんとの出会いが紡ぐ、ホロッと優しい物語。

実にいい映画だし、認知症になってもメロディだけは覚えているというのがなんか説得力があった…病がいくら身体を蝕もうとも、染み付いた記憶だけは頭の引き出しのどこかに残ったままなのだろう。

もたいまさこの演技は相変わらず素晴らしいし、思春期に若者が抱える孤独や不安の描き方も妙な臭さが無くて現実的なのが演出としてかなり良かった。


【p.s.】
忙しくてレビューをしっかり書く機会が無いので短めに今年観た作品のレビューを投稿しています。
暇があれば正式なレビューと入れ替えますが、きっとそんな瞬間は訪れないでしょう。
だって、私ですからね。
Solalist

Solalistの感想・評価

4.3
記録。

鑑賞中、妻のお腹に手をあてると、我が子が優しくそっと動いた。
初めての感触に感動。
映画の感動が一瞬、どこかに消えるほどに。
り

りの感想・評価

3.7
ありきたりな設定だけどベタベタしたところがなく、主役である全くタイプの違う女子高生2人の凛とした姿が素敵だった。
遠い昔の友情と現在のまだ友情とも呼べない2人の繋がりが交差する場面、好き。
渡辺真起子さん演じる娘の最後の横顔、とても切なくて胸が締め付けられる。
予想外の良作です…
それなのにTSUTAYAに行ったら、一枚しかありませんでした…信じらんない…あり得ない…(´-ω-`)
これは友情を描く観るべき映画です。
なんか…透明感あるガラスのような映画…きれいだけど、尖ったリアルな部分も魅せる…
ストーリー、音楽、演技力を観ていて、悲しさ…美しさ…儚さ…優しさ…切なさ…を感じとり、たった8日間の撮影でたった80分間の映画の中に凝縮されているとは…Σ(゜Д゜)
きっかけはもたいまさこさんが出演していたからですが、主演の二人に渡辺真起子さん、木野花さん、どの出演者の演技が素晴らしかったです。
あと、メイキングは必見です❗❗