ハローグッバイの作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 4ページ目

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

3.9

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

劇場での上映回数が、僕の住む大阪でも非常に少なく、鑑賞を断念していた作品が、ようやくDVD化された。

茶髪で学校にもばっちりメイクで通うはづきと、ひっつめ頭が印象的な優等生タイプの葵。対照的で、当然スカート丈も全然違う2人の女子高生が、認知症の老婆と出会う事で心を通わせるようになるという、一風変わった青春映画だ。

女子高生を演じる2人の若手女優も良かったけれど、本作のキモは、何と言っても老婆役のもたいまさこ! 実年齢60才そこそこにして、80才ぐらいに見える老婆を見事に演じている。彼女が登場するのは、中盤からなんだけど、ここから作品全体のムードが一気に変わるのだから、その存在感は相当な物。

作品を通じて見えてくるのは、年齢を超えた女性の恋心と友情。80分という短い尺も心地良く、爽やかな余韻を残す。
MAeKeN

MAeKeNの感想・評価

3.6
学級委員長の女子とそのクラスのリア充女子。この2人が認知症のおばあちゃんとひょんなことで出会い、おばあちゃんがいつも探している男性に手紙を届けようとするストーリー。

ラスト、リア充女子の学級委員長の見方が黒からグレーに変わるシーンが良かった。
17

17の感想・評価

4.0
繊細。この時期の友達関係って難しいよなあって。
時間はとても残酷。だけど優しい。
一緒に過ごした時間はとても尊いもの。大切にしたい。

メイキングまでみてほしい。
春沢

春沢の感想・評価

2.8
学校の空気感とか2人の女子高生の対照的な在り方とかリアルだったな。声だけのシーンが印象的。別れ際に初めて名前を呼びあって反対方向に歩き出した。
間の持たせ方とか、映像の切り取り方や色味、音楽がぜーんぶ素敵。

"それでいい、それでいいんです。これが良かったんです。"って悦子さんの言葉にグッときた。
大切な思い出の曲として想いを胸に秘めて、他のことはぜーんぶ忘れちゃったりなんかしてね
kura

kuraの感想・評価

3.1
“友達ってなんですか?”

ヨーロッパの映画を観ているような感覚になった
美しいピアノの旋律と共に余韻に浸る
ひろむ

ひろむの感想・評価

4.2
全体を通して、好きな感じだった!

萩原みのりの顔好きだなぁ。
主題歌が頭から離れない。

メイキングまで見てほしい!!
dagota

dagotaの感想・評価

4.5
泣ける映画だった。終わり方はスッキリしなかったけど、でも、この二人の続きを見たい!!って、思った。
二人が名前を呼び合うところ、とても良かった。
あさみ

あさみの感想・評価

4.0
認知症のおばあちゃんなんて敬遠しそうなのに、そのおばあちゃんを通して繋がる縁がとてもユニーク。

何もなければ話さない、関わらない、行動しないことも、一歩踏み込むことで変わるものがある。

渡辺シュンスケさんのピアノが心に残る。
ぬる

ぬるの感想・評価

3.8
過保護のカホコで糸役を演じた久保田紗友ちゃんが主人公で登場!
委員長役似合う。
萩原みのりちゃんもかわいいー。
ほんと二人とも美しくてはまり役で最高。
正反対の二人、ずっと喧嘩しててほしい。
桐島を思わせる女子のあるある〜がイタくてチクチクする。
曲を書いて本編にも登場する渡辺シュンスケのピアノがとてもいい。
まなか

まなかの感想・評価

4.0
どこにいたって自分の名前を呼ばれないことほど辛いものはないと思う
校舎が綺麗だから女子グループがよりリアルだった