ハローグッバイの作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 4ページ目

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

3.9

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

あやみ

あやみの感想・評価

4.3
あるようでないようであるような物語がリアルだった。
柔らかな風が女子高生の儚さを表現している気がした。音楽も映像も女子高生ももたいまさこも良かった。
2人のその後が気になる。
ユウキ

ユウキの感想・評価

3.5
DVD鑑賞。
認知症のお婆ちゃんの手紙を届けようとする女子高生2人の話。
普段、関わることがないんであろう世代や正反対の二人が、交わり、素敵な話を作っていきますね。
物語的にはあの終わり方でいいんだろうけど、個人的にはその後の二人の関係性が気になります。(笑)
やっぱり萩原みのりさんは良い女優さんだ。
これからの活躍が楽しみですね。
久保田紗友さんは今回初めて出演されてる映画を観たけれど、この映画の雰囲気に合っていて良かった。
何と言っても、もたいまさこさんは流石ですね。
尺も長すぎず短すぎず見やすいと思います。
是非是非。
素晴らしかった。
とても繊細な部分を掬いとった作品だった。
教室の全然違う位置、カーストにいる女の子ふたりの距離が、偶然出会った老婆の手紙を大切な人に届けるために一瞬近づいて、そしてまた離れる。
女子の世界はややこしいから近づいたことでそこからともだちになる、とか簡単な話ではなくて。けれどもう映画冒頭のお互いのことを知らないふたりでもない。そんなラストシーンがせつなく、印象的だった。
ふたりが教室の中でもうことばを交わすことはなくても、悦子さんと聴いたあのメロディーはずっと彼女らの中で流れ続けるんだろう。繋がっていなくても、こころの中では繋がっている。
それがきっと、ほんとうのともだち。
千秋

千秋の感想・評価

4.0
とてもよかった。
友達という言葉は誰にでも使えてしまうから、私はその人といる時の自分が好きかということを心においている。
心にふっと軽やかな風が吹くような映画だったなあ。
yasuka

yasukaの感想・評価

3.7
高校生だった頃の空気を思い出した。

教室。カーテン。風。校庭から聞こえる部活動の音。

高校生ってだけで気持ちも身体も不安定だった。理由などなく。

そんな時期だからこそ今となってはくだらないと思うようなことに縛られうまく息ができず必然的にいろんなトラブルが起こるのだろう。
思春期がある限り、仲間はずれ、いじめ、万引きなどという問題は永遠になくならない、と思う。

そんな面倒くさい時期を経て彼女たちは大人になるのだ。
後から思い返して、なんであんなバカなことしたんだろうって後悔するとこが、面倒くさくても、必要なのだ。
ひ

ひの感想・評価

3.5
中学や高校の時の女の子同士のあの感じを思い出した。言葉で言い表せないんだけど女の子の関係性ていつも簡単だけど複雑だと思う。
aymm

aymmの感想・評価

4.4
女子同士の薄っぺらい形だけのグループの感じや雰囲気がすごくリアル。
そして、もたいまさこさんに負けないくらい、荻原みのりちゃんと久保田紗友ちゃんの存在感が光っていた。
女子高生の瑞々しさを見事に表現していて、普通に居そうな子だなという印象から、最後にはすっかり魅了されている自分がいた。
眼差しが印象的で、本当に2人とも可愛い…。特に荻原みのりちゃんの、色気と可愛いげが共存している感じがなんとも言えない。今後の活躍に期待。

こういう繊細な邦画は大好き。もっと観たい。
hiyori

hiyoriの感想・評価

3.5
偶然出会った悦子さん(もたいまさこ)の恋文を葵とはづきが届ける話。
友達とは孤独を埋めるための道具なのか。LINEに流された大量の大丈夫に既視感を感じざるを得ない。3人には一連の流れから友達とは言わないまでも一種の関係が生まれたように思えた。しかし、残酷にも認知症の悦子さんは全く覚えてない。そして、次のシーンで
葵は自ら、これからは話しかけないとはづきに言う。
みんなただ群れているだけ。自分のためではなく誰かのために動いた二人は思い出の歌で結ばれているはずだ。
カツマ

カツマの感想・評価

4.2
10代の頃に戻りたいとは思わない。グループでいれば息が詰まり、一人でいれば友達がいないと思われる。この作品は教室のクラス内にあるその対照的な孤独を、一つの音楽がまるでSNSのような繋がりを生んだ物語。LINEのメッセージよりも、友達だよね?なんて聞いてくる空っぽの言葉よりも、ただそばにいて泣かせてくれることが本当の繋がりなのかもしれない。瑞々しい筆致で紡がれる菊地建雄監督の第2作。ピアノの音が聞こえるたび、かすかに震える涙腺を感じていた。

クラスの花形グループに所属するはづきは、元カレとの間に子供ができてしまったかもしれないことに頭を悩ませ、妊娠検査薬もなかなか試せずにいた。対していつもクラスの隅っこでひとりぼっちの葵は、万引きをしてストレスを解消するという密かな闇を持っていた。
はづきにとって葵は『委員長』と呼んで小馬鹿にする程度の地味な存在でしかなかったが、ある日、偶然鉢合わせた認知症のおばあさんを警察に送り届けたことが縁で、2人の距離は少しだけ近づく。おばあさんはかつて愛した人へラブレターを届けようとしていたが、家族は彼女を養護施設に入れようとしていた。葵はおばあさんのラブレターの相手を探そうとするのだが、はづきは乗り気ではなく・・。

クラスの中では正反対の立場にいるはづきと葵。2人の共通点は、誰にも言えない秘密があり、それを共有できる人がいなかったということだった。この映画はあるおばあさんを対角線にして、対極にいた2人の交流を描いた物語。
印象的なラストカット。LINEの交換をしていなくても、グループが一緒じゃなかったとしても、2人はきっとどこかで繋がっていると、その歌は教えてくれた。

10代の頃に戻りたいとは思わない。青春は苦しいことばかりだ。そう、だからこそ、今、あの時代に想いを馳せる。
最新作は評判良くないですが、やはり才能ある監督。
ショットが決まってます。
そしてヒロインが可愛く撮られている