YossyHOMME

ハローグッバイのYossyHOMMEのレビュー・感想・評価

ハローグッバイ(2016年製作の映画)
5.0
昨日も今日も明日も"ハローグッバイ"

世界ってのは幾重にも重なった交わることのない高速道路みたいなもので、人はそこを走る車であり、並走する車は家族、友人、恋人、恩師…etcだったりする。そして途中にあるいくつもの分岐点を選びつつ、並走する車を変えていく。だからこそ何度も並走する車もいれば、決して並走する(出会う)ことのない車もいるのだ。それが人生なのだろう。

この映画では2つの事物(女子高生と老人、LINEと手紙、理科室と花壇…etc)が対置して描写される。そして象徴的に何度も描写される階段。言うまでもなく階段は上と下をつなぐものだ。言いかえれば、交わることなかった二つの世界、人、事をつなぐもの。この映画はある意味でパラレルワールド映画だ。交わることのなかった者同士が階段で出会い、悩み、もがいた階段の先に進むべき道が開かれている。