和夏

ハローグッバイの和夏のレビュー・感想・評価

ハローグッバイ(2016年製作の映画)
4.5
SNS、性の早熟化、ひとり暮らしの認知症など現代社会の特徴の一部を映している。
その中で、時代関係なく共通していると感じたのは、人間関係の難しさ。伝えたいけど勇気がなかったりタイミングにこだわり過ぎたり何と言えばいいかわからなかったりして話ができず、正解がわからない。そんな壁に苦しんでいる女子高生2人がリアルでお見事。そんな2人が、認知症になる前のおばあちゃんの想いを伝えようと頑張る姿も素敵だった。性格というかタイプが違うけど、お互いの弱いところや心の叫びをさらけ出し、最終的にはお互いを受け入れて協力し合うところも目には見えない絆を感じた。
淡々とストーリーが進むけど、考えさせられるし、なんだかグッときた作品。想像以上によかった。女性の方が人間関係が複雑化しやすいので、女性にオススメかも。