kam

ハローグッバイのkamのレビュー・感想・評価

ハローグッバイ(2016年製作の映画)
3.7
優等生キャラの委員長と女子高生らしくチャラいはづき。全くキャラの違う2人は、人には言えない心の闇を抱えていて…もたいまさこ演じる痴呆症のおばあさん悦子との出会いをキッカケに2人の交流がはじまる。

主演二人の演技がすごく良かったです!
お互いをちゃんと理解し合える友達になれるかもしれない。でも、打ち解けられない。

はづきがとる葵(委員長)との関係性がもどかしい!高校という閉鎖空間の中での立ち位置を無くしたくないという思いと、いつもの仲間との距離感が開いていく感じ。あーもどかしい!笑

あまり長くない映画ですが、こういった雰囲気の邦画はこれくらい分かりやすく短い方な中だるみなく見れて良いと思います。