たつかわ

ハローグッバイのたつかわのレビュー・感想・評価

ハローグッバイ(2016年製作の映画)
3.7
先日観た韓国映画「わたしたち」を観て、小学生のころは、小学校から半径1,2km以内の世界がすべてであるということを思った。しかし、本作のように高校生になると視野が広がっていく。

その視野が広がっていく中で二人の主人公が出会ったのが、認知症のお婆ちゃん。高校生になってもやはり精神的な部分では幼いし、経験もないので、全くの他人に接することで気づくことがある。水と油のような正反対な主人公二人だが、最終的に学校での友情関係ではなく本物の友情を得る。

ということで、女子高生向けなのかと思いきやそうではない、どの世代にも向けた作品になっています。

音楽は画面を観ながら、即興でピアノを弾いている感じがとても自然で、撮影も素晴らしい。キャスティングも映画が作られる前から主演が決まっているというありがちな邦画の制作スタイルではあるが、どの人物も全く違和感がなく集中してみることができた。

残念だったのが、階段を上るシーンがやたら多く、途中で何がやりたいのか解ってしまったこと。