サンチャイルド

ハローグッバイのサンチャイルドのレビュー・感想・評価

ハローグッバイ(2016年製作の映画)
3.7
シュローダーヘッズ・渡辺シュンスケファンとして、役者のシュンちゃんを参観日に行く気持ちで、音楽のみに期待しての鑑賞。それが意外にこんなに心に打たれるとは。女子版「スタンドバイミー」的というか。

優等生ぽい子と大人びた子という、ありがちだけど、リアルには難しい組合せの成長バディものに、認知症やスクールカーストなどのリアルな社会性のあるサブテーマをまとわせて、話としてコンパクトに仕上げてある。
メインストーリーがベタとも言えなくは無いが、それをシラケさせないくらいのテンポの良さ、細かい部分の描き方の良さがあった。(オリジナリティは細部に宿る)
それでか、あの「手紙が届けてくれたもの」が、ライブで聞いた(シュンちゃんが歌った)以上に心に響いてきた。それはこの物語の力といえよう。
この歌、シュンちゃんにしては、ちょっと野暮ったいかなぁと思ってたら、こういう理由によるものだったのね。

女の子でも、スタンドバイミーのような小さな冒険に対峙し、自分なりに成し遂げれば、自分を大きく出来るんだろう、男なんぞに頼らなくても。それをラストに描けており、後味も良い。その機会を大人は奪っちゃいけない。