ハローグッバイの作品情報・感想・評価

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

3.9

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

3.8
レイトにもかかわらず、結構お客さんが入っていた。若い女性が多め。鑑賞後知ったところによると、人気音楽グループのメンバーがキャストの一人だったことが大きな理由なのかな?

優等生だけど友達がなく忙しい両親も放任で、寂しさを紛らわすため万引きをする葵。クラスの中で目立つ存在ながらも子どもができてしまったと悩んだことで友達の本音を知るみのり。孤独な2人が、家族が持て余している認知症の悦子と知り合い、初恋の人にラブレターを渡したいという悦子の願いをかなえようと協力することで、距離を縮めていく。

悦子の“ラブレター”の内容が切なく、葵とはずきはお互いの関係に向き合わざるを得なくなる。楽曲もストーリーと上手くハマっていて、なかなかやるなって感じ。

伝えなければならないことを伝えることの大切さ。それは自分を偽らないことと言い換えることができるのかもしれない。そして友達とは、自分を偽らない者同士の関係なのかもしれない。

「女同士の関係って大変」と我が家でもよく聞くけれど、この映画を女性が見たらより共感できるのかもしれない。

●物語(50%×3.5):1.75
・はじめ自分にはピンこなかったけれど、じんわり響く物語だったかな。

●演技、演出(30%×4.0):1.20
・芯が強いがゆえに孤独に陥る葵、弱いからこそ仲間を求めるはずき。そんな2人が“ラブレター”で知る人間関係を目の当たりにし、どうしていくのか。劇的ではあるけれど、自然な感じ。

●映像、音、音楽(20%×4.0):0.80
・楽曲、良かったです。
つーーーん
としてる映画。

ギャルっぽい女の子の演技上手かった。
お婆ちゃんたちと女子高生の組み合わせ。
 
渡辺シュンスケさんって??

勝手にふるえてろと二本立て
nagisa

nagisaの感想・評価

3.8
180716 キネカ大森 キネカ2
「勝手にふるえてろ」と併映
ys

ysの感想・評価

4.0
その2
いじめる女子高生といじめられる女子高生と、認知症のおばあさんが、妊娠、万引きなどに悩みながら、心を通わせるお話。
音楽で救われる。
音楽がないとただの暗い話。
認知症って、昔の事は覚えているというので、昔聴いた音楽、メロディは忘れないのでしょう。
音楽、出演の渡辺シュンスケは
演技はさておき、ピアノうまい。
プロなので。
今年のアラバキで観ました。
この映画のこと話してたので、
クリップしておいた。
これもご縁なので、名画座で鑑賞。
以下抜粋です。
ARABAKI ROCK FEST.2018
堂島孝平がプロデュースするスペシャルステージ「蔵王山麓みんなのやまびこ音楽隊」のゲストも発表。堂島のほか田島貴男(ORIGINAL LOVE)、YO-KING(真心ブラザーズ)、渡辺シュンスケ(cafelon、Schroeder-Headz)、上中丈弥(THE イナズマ戦隊)、片平里菜、チャラン・ポ・ランタンが出演。

そしてタイトルはビートルズの名曲♬
木村カエラやシギーJr.もカバーをリリース。
高橋幸宏のフェス、ワールドハピネスに3回行った。
YMOがコーネリアスをサポートに入れて出た時、ハローグッバイ♬のカバーを演ってくれた。感動!
スチャダラパーも同年出て、
ブギーバック♬をやったけど、
オザケンはいません。
オザケンとコーネリアスいたら
フリッパーズですね。
コーネリアスという名前は、
もちろん猿の惑星🎬から。
ワールドハピネス、通称ワーハピ。
2017で終わってしまった。
原田知世、モンパチ、サカナクション、コッコ、チャラ、ラブサイケデリコ 、筋肉少女帯、相対性理論、野宮真貴 with カジヒデキ、プラスチックス、ライムスター、ムーンライダース、ポリシックスなど観た思い出。
何というか、スクリーンの中の風とか匂いとか、この世界の空気がそのまま感じ取れるような映画でした。音楽もとても綺麗で、心地良かった。登場人物の心情が手に取るように分かって少し切ないけど、優しくてあたたかくて、観てよかったなあ。
tk33220

tk33220の感想・評価

3.8
風で揺れる理科室のカーテンによってスリリングに内と外が露わになる感覚だったり、花壇にある手鏡に反射した光、階段の使い方などアイデアが良い。手紙を渡すシークエンスでピアノの音から入れてくるところや、決して交わらない切り返しで締める辺りは流石。
クソ真面目でお手本みたいな映画。
AKIRA

AKIRAの感想・評価

3.9
ウルっとくるシーンいくつかあるんだけど葵が3人で食事したのが本当に楽しかった(T_T)っていうセリフがなんかやけに感動した。。。。
nccco

ncccoの感想・評価

3.0
ディアーディアー監督の2作目。
優等生的な女子高生のお話で、前作に比べるとだいぶ大人しくマス向け?になった印象。

主人公二人がそれぞれにタイプの違う美少女で、ハッとするほどのきらめきを見せる。この二人を眺めるだけでも価値はあるとは思うもののストーリーはなんとも、普通でラストまで単調に感じた。おばあさんの昔の恋人を探しに行く下りは去年観たPARKSとダブったな。

私はもたいまさこがやっぱあんまり好きになれなくて、観ててイライラしてしまったから彼女が好きかどうかでも好みが分かれそう。

渡辺シュンスケさんのメロディーは美しく、素敵でした。
>|