ハローグッバイの作品情報・感想・評価

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

4.0

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

3.8
レイトにもかかわらず、結構お客さんが入っていた。若い女性が多め。鑑賞後知ったところによると、人気音楽グループのメンバーがキャストの一人だったことが大きな理由なのかな?

優等生だけど友達がなく忙しい両親も放任で、寂しさを紛らわすため万引きをする葵。クラスの中で目立つ存在ながらも子どもができてしまったと悩んだことで友達の本音を知るみのり。孤独な2人が、家族が持て余している認知症の悦子と知り合い、初恋の人にラブレターを渡したいという悦子の願いをかなえようと協力することで、距離を縮めていく。

悦子の“ラブレター”の内容が切なく、葵とはずきはお互いの関係に向き合わざるを得なくなる。楽曲もストーリーと上手くハマっていて、なかなかやるなって感じ。

伝えなければならないことを伝えることの大切さ。それは自分を偽らないことと言い換えることができるのかもしれない。そして友達とは、自分を偽らない者同士の関係なのかもしれない。

「女同士の関係って大変」と我が家でもよく聞くけれど、この映画を女性が見たらより共感できるのかもしれない。

●物語(50%×3.5):1.75
・はじめ自分にはピンこなかったけれど、じんわり響く物語だったかな。

●演技、演出(30%×4.0):1.20
・芯が強いがゆえに孤独に陥る葵、弱いからこそ仲間を求めるはずき。そんな2人が“ラブレター”で知る人間関係を目の当たりにし、どうしていくのか。劇的ではあるけれど、自然な感じ。

●映像、音、音楽(20%×4.0):0.80
・楽曲、良かったです。
striker

strikerの感想・評価

3.9
② I-5 21:00
1300円
FumikaToda

FumikaTodaの感想・評価

3.9
自分が幸せに生きてこれたからこそ、人の幸せを願える。たしかに自分が幸せな時って人の幸せを自然と喜べるなってこの歳になって私も感じられるようになった気がする。
学生の時って、周りの目とかどういう立ち位置にいるかが全てなっちゃうけど、はづきは本当に大切な事に気づけたんじゃないかなって思う。勇気を持って欲しい。
KKMX

KKMXの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

甘酸っぱい小品かな、と思って観に行きましたが、いい意味で裏切られました。しなやかで強い、観応えある素晴らしい作品。

一番印象に残っているのは、おばあちゃんの手紙の真実が明かされるクライマックスの場面です。ラブレターかと思いきや、友情を伝える恩讐を超えた赦しの手紙!ある意味最高のラブレターとも言えます。
シュローダーヘッズのピアノ、もたいまさこの朗読が相まって、本当に特別なシーンでした。深く深く心に刻まれ、震えるほど感動しました。

友情の描写も真を突いているように感じました。
はづきと葵の2人はつるむような友人関係にはならないけれど、その瞬間は確実に友情が存在していました。それは2人にとって確かな手応えがあり、かけがえのない体験になったはず。
特にはづきにとって、妊娠検査後に葵が寄り添ってくれたことは宝物となるでしょう。それが例え一瞬の交錯であっても、遊び仲間とは一線を画した関係です。
また、成長した葵が魅力的。ポニーテールにして自首し、停学後もビシッと登校する葵には誇り高く凛とした美しさがあります。

友情の話なので、はづきと葵の友情の対比として、はづきの友人グループが描かれています。
このようなグループのつきあいは、友人関係というよりも学校生活に適応するための仕事のように見えました。場の空気によって友人的振る舞いを強いられる印象で、義務に近いのでは。義務といってもかなり狭い世界への適応なので空虚なものですが。
SNSの言葉が音声となりはづきを押し潰そうとするシーンは、無意味な仕事をし続けて参ってしまったような印象。葵との友情と友人的グループの対比は、友情の厚さ・薄さではなく、意味の有無・価値の有無を表しているように感じました。

セピアがかった映像と、極上のピアノの旋律。
(テーマ曲『手紙が届けてくれたもの』は、菊次郎の夏のSummer に匹敵する名曲!)
実に品のある美しい傑作でした。主演の2人も美しい。時間も比較的コンパクトで、間延びも感じませんでした。短いけど、無駄がなく映画としてとても洗練されている印象です。
そして、シュローダーヘッズの音楽は以前から聴いていましたが、姿は初めて見ました。あまりにも男前でビックリ。今後も俳優イケますね。
女子高生配役ピッタリ。
全編通して女優さんたちがしっかり。
和夏

和夏の感想・評価

4.5
SNS、性の早熟化、ひとり暮らしの認知症など現代社会の特徴の一部を映している。
その中で、時代関係なく共通していると感じたのは、人間関係の難しさ。伝えたいけど勇気がなかったりタイミングにこだわり過ぎたり何と言えばいいかわからなかったりして話ができず、正解がわからない。そんな壁に苦しんでいる女子高生2人がリアルでお見事。そんな2人が、認知症になる前のおばあちゃんの想いを伝えようと頑張る姿も素敵だった。性格というかタイプが違うけど、お互いの弱いところや心の叫びをさらけ出し、最終的にはお互いを受け入れて協力し合うところも目には見えない絆を感じた。
淡々とストーリーが進むけど、考えさせられるし、なんだかグッときた作品。想像以上によかった。女性の方が人間関係が複雑化しやすいので、女性にオススメかも。
マリコ

マリコの感想・評価

4.0
ものすごくヒリヒリするあの上滑りした女子特有の空気感を久しぶりに目の当たりにして、少々苦々しい気分になってしまいました。女子怖いわ…
一人になるのが怖いはづきと、一人でいるのが辛いあおいを、えつこさんが繋いでくれたんだろうな。ラストシーンの、何かすっきりしたようなはづきの表情がいいです。
popepo

popepoの感想・評価

4.5
女子高生の繊細さが瑞々しく描写されていて、出ている役者さんも味わい深かった。音楽も絶妙だった。
これは単館で細々やるレベルの映画ではないと思う、というかそれじゃいけない。
主演の子二人の演技が見事だし、何より醸し出すオーラが凄い。
それだけで多くの人に見られるべきだし、この二人はもっと多くの人に見つかるべき。
嫌らしい部分も隠さず、人物描写が非常に上手くて、ストーリーに特段目新しい事は無いが映画としてもほぼ文句はない。
一つだけ、“思い出の曲”がちょっと悪いダサさというか、妙にこなれたプロっぽい作りの曲なのにめちゃくちゃありきたりで覚えにくい曲だったのが無理があったな。
それ以外は完璧な映画だったと思う。
普通に泣いたし、周りもみんな泣いてたし、「今年見た中でおすすめの映画は?」ってきかれたら一番教えてあげたい映画かも。
こんな若手がゴロゴロいる日本映画の将来は本当に明るいと思う。
ほその

ほそのの感想・評価

5.0
主題歌聴いただけで泣く
お決まりじゃないとこが良かった
>|