ハローグッバイの作品情報・感想・評価 - 17ページ目

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

3.9

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

これは単館で細々やるレベルの映画ではないと思う、というかそれじゃいけない。
主演の子二人の演技が見事だし、何より醸し出すオーラが凄い。
それだけで多くの人に見られるべきだし、この二人はもっと多くの人に見つかるべき。
嫌らしい部分も隠さず、人物描写が非常に上手くて、ストーリーに特段目新しい事は無いが映画としてもほぼ文句はない。
一つだけ、“思い出の曲”がちょっと悪いダサさというか、妙にこなれたプロっぽい作りの曲なのにめちゃくちゃありきたりで覚えにくい曲だったのが無理があったな。
それ以外は完璧な映画だったと思う。
普通に泣いたし、周りもみんな泣いてたし、「今年見た中でおすすめの映画は?」ってきかれたら一番教えてあげたい映画かも。
こんな若手がゴロゴロいる日本映画の将来は本当に明るいと思う。
miyabi

miyabiの感想・評価

4.0
泣かせてくれました。
女子高生の 表面上だけの 仲良し4人組?前の彼氏は 友達の彼氏?少し浮き始めてる はづきと、学校では 優等生で 委員長で 友達はいない、家でも父は海外 母は医者の葵、絶対に接点の無い二人。ひょんなことから 徘徊中のボケ老人と知り合う。
若い娘二人を 上手に導き、ボケ老人を 演じる もたいまさこさんが 流石に 良いわ!
みほし

みほしの感想・評価

3.5
思い立って久しぶりにミニシアターで観た!

好きな感じかなーと思ってたから期待しすぎたのか、思ったより普通だったかな。。
交わることのなかった彼女たちは、これから親友になるのだろうと思いながら帰った。

主演の萩原みのりちゃん、初めて観たけどめちゃくちゃ可愛い。好きな顔だ…
namuge

namugeの感想・評価

-
普段は交わらないスクールカーストの異なる女子高生2人が認知症のおばあちゃんとの出会いをキッカケに交流を深めてく話。80分と短い作品ながらも内容が凝縮されていて良かったです。中高生の生徒間での人間関係ってホントにメンドくさいなあっていう印象で、自分の中高生の時にLINEがなくて良かったなと思いました。
わちゃ

わちゃの感想・評価

3.8
女子高生のきわどい関係性が苦しい、えつこさんと周りの関係も苦しい。でも各々の問題を越えた先のあたたかさ。とても良かったです。

今回も諸事情によりアメブロ復活!'`,、('∀`) '`,、

https://ameblo.jp/bionic-a/entry-12319705336.html

よろしくお願いいたします。
slv

slvの感想・評価

4.0
あれ?私何でここで泣くんだ?…って何度も思いながら、どうにも涙が止まらない。

二人の少女と認知症のおばあさん。言葉にしなくても伝わってくるそれぞれの心情が、心の大事な部分に触れてくる。
リアルで痛くて、ファンタジーのようにやさしい作品でした。
Karen

Karenの感想・評価

3.7
別に中学、高校でいじめられてたりとかそういうことがあったわけじゃないけど、あの学校という独特の嫌〜な雰囲気を思い出してなんとも苦い感じがして、それでも世界はここだけではないと、垣間見た希望に懐かしい感じとわたしも大人になったんだと思いました
菊地監督の前作「ディアーディアー」は、良かったのですが
今回は期待したのとは違って、優しい映画でした。
前日、たけしのアウトレイジみてたから余計そう感じた 笑
女子高生って面倒くさそう。
新作「望郷」に期待。
わたしは4回泣きました。

木野花さんに泣かされ
もたいまさこさんに泣かされ
渡辺真起子さんに泣かされ
久保田紗友ちゃん、萩原みのりちゃんに泣かされ

映画を観て、あんなふうに泣いたの久しぶりだ。
アタマよりココロにぐぅときた。


ぐにゃぐにゃした思春期の中であおい、はづきのなんとも言えないザラザラした感覚。

久保田紗友ちゃん、萩原みのりち
ゃんがあの女優たちの中でとても自然にあおいとはづきをやりきっていてとてもよかった。

自分の中高生時代と重なったり、
いい意味でとても引きづる映画。

そして、たくさんの人にオススメしたくなる映画。