ハローグッバイの作品情報・感想・評価 - 17ページ目

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

3.9

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

まここ

まここの感想・評価

3.8
とりとめて、何が残ったかって言われると難しいんだけど、ラストのあおいとはづきの表情はとても印象的で綺麗だった。

伝えることの難しさや苦しさ、時に感情的になるけど優しさが静かに溢れている。
本音を言えるということ、受け止めて理解してくれる相手がいるということ、それがどれだけ幸せに繋がるか。想いを打ち明けるのは怖いけど、どんな形でも届けることに意味があるのだとヒシヒシと感じた時間でした。
nonzk

nonzkの感想・評価

4.4
夏の鬱々した暑さを感じない、なんて過ごしやすくて涼しい映画なんだろう

身体に溶け込んでいくような満足感。
沁み渡っていく音楽は勿論、棘ついた精神でさえ高校生の時の自分を思い返してユラユラと微睡んでいく心の感覚。


花壇に埋めるくだらない仕返しと埋められない孤独
逃げられない遅れる生理と追いつかない心広がる噂

認知症のおばあさんの過去を通して紡ぎ出されていく人生メロディ
選ぶのは自分、導き出すのは未来

ふんわりと優しい空気感の中
少女達の煌びやかさを映像に綴じ込ませつつ、ドキリとさせられる主演2人の喧嘩シーン。
10万円を葵に投げつける冷徹な殺意がとても良かった。反撃の妊娠検査薬を投げつける葵もこれまた、お互い本当痛い所をほじくり合って若さ特有の生きてるエネルギーを感じた。。


風鈴の音が遠くで聞こえるおばあさんを通して本当の友達を探り合ったような気がするハローグッバイ
makkon

makkonの感想・評価

3.4
若者と老人という組合せはよくある感じではあるけれども、主演の二人はそれぞれ役にあったタイプの美人さんで、スクリーンで見てて美しく初々しさもあるけど、まだ不安定さもあってその未完成さがいい感じに映画にはまってた。二人に入るもたいまさこさんの認知症のおばあさん役の演技がとてもよかった。
劇中曲も印象的で、カーテンとか屋上とかベランダのシーンの影響かなんかそよ風が吹いている感じのする映画だった。
なつき

なつきの感想・評価

4.3
無防備にめちゃくちゃ良い映画を観てしまった。サラサラ淡々としてるのに最後は泣いてた。行動動機が唐突とか女の子を美化しすぎとか斜に構えたツッコミが最後には関係なくグッときた。トゲトゲした青春の輝き系オシャレ映画だと思ったら(そういう面もありつつ)、人間の話だった。
わで

わでの感想・評価

3.3
SNSの評判を見て駆け込みで鑑賞。
丁寧に紡がれた作品という印象。とはいえ行動の動機が甘い気がした。パッと見ただけであそこまで強引に他人の過去に入っていこうとするかね。
最後のピアノもまぁまぁあざとかったな。
ゆゆゆ

ゆゆゆの感想・評価

3.7
萩原みのりさんが見たかったのと菊池監督の作品が見たかったので鑑賞。
友達とは。女子高生の頃を思い出すして懐かしかったり、戻りたかったり。通ってる学校が開放感があり、光が入ってとても素敵な学校。

そして、この映画では階段の上り下りが印象的。監督も意図的に階段を多用したそう。2人が階段を上るとき、下りるとき、次はもっと注意深く見たい。

好きなシーンがたくさんあるのでまた見たい作品。
お互い学校では変わらずの関係だけど、大人に一歩近づいた2人の表情の変化にグッとくる。
ノブタ

ノブタの感想・評価

4.1
何気ない日常を女子高生(2人)、老婆が出会うとこらから物語が進んで行く。

大きな事件が起きる訳でもなく、淡々と進んでいくのだが、リアリティがある設定のためか少しずつ引き込まれていく。

女子高生がお互いの心の内を明かしたて、友だちになっていくところ

老婆が持つ手紙の真相がわかるところ

女子高生がまたいつもの日常に戻っていくところ

は特に良いポイントだった。

好きなアーティストのサポートとして参加していた『渡辺シュンスケ』が出演ということで、そこも気になるところでしたが、良かったですね。贅沢な使い方…

もたいまさこの演技は本当に凄かった^_^
Solaris8

Solaris8の感想・評価

4.0
7/8 ユーロスペースでインドの映画 裁きを観た時に、「ハローグッバイ」の映画チラシを斜め見、したのだが、長い間、心に残るメロディーを紡いで来た認知症のお婆ちゃんと学生として正反対の性格を持つ二人の少女が織り成す青春ドラマなのだと云う。

自分の母は4年前の7/20に亡くなったのだが、腎臓病の合併症から認知症気味で亡くなった。自分の母の葬式の時、母の友人が悼辞を読んでくれたが、母が高校を卒業する時の寄せ書きの色紙には山椒は小粒でもピリリと辛いと書いたそうで、多感な女子高時代を過ごしたのだろうと想像している。7/22は母の命日が近く、映画を観てみようと思った。

ユーロスペースでハローグッバイの上映終了後に監督と曲を製作した渡辺シュンスケさんのトークショーが在ったのだが、映画のストーリーを繰り返し推敲しただけでなく、渡辺シュンスケさんの曲もストーリーに合わせて修正を重ねたそうで、作品全体の齟齬は少なく完成度が高い。

自分もジャズ調のピアノの曲は好きなのだが、曲「手紙が届けてくれたもの」が自分の亡くなった母の高校時代に重ね合わせた曲の様にも思えてくる。

インド映画の裁きのようなスケール感は無いが、日本的なスモールムービーの良さを感じ、山椒は小粒でもピリリと辛いという母の言葉を想い出す。
Mi

Miの感想・評価

5.0
2人の女子高生と認知症のお婆ちゃんを軸にして描く物語は3人それぞれの存在感をしっかりと感じさせながら、丁寧に描く物語がとても面白かったな。
蒼くて時に痛々しくて苦いけど、その後味はとてもすっきりしている素敵な映画で、素晴らしい作品だった。


最初に音楽が鳴り響きながら、言葉ではなく表情でさり気なく魅せて行くその展開にどんどん引き込まれて行った。
そして言葉ではない所でのその表情と姿が時に対象的だったその光景が、とても印象的だったりしつつ。

あと序盤で1人が花壇にいて、2人がとある教室で会話する場面があったのだけれど。
その時に学校ならではな音楽の鳴り響き方をしてたのがとても良かったな。
あの場面、音の鳴り方が何だか立体的に感じられた。
何よりも劇中で流れてくる音楽がまた印象的に使われていて、とても素敵で。
手紙の行方が決着つくそのシーンで鳴り響くピアノの音色と、そこで露わになる気持ちに思わず泣けた。

途中、携帯の画面からどんどん言葉が激しく渦巻いて行く所である種のグルーヴを感じながら、そこで場面が切り替わった時のカット割りとその撮り方に思わずグッと来た。
あれは本当に凄かったな。
ふと鈴木清順監督の映画を思い出したりもした。


物語の軸になってる2人の女子高生の距離感の描き方の絶妙ぶりがとにかく見事で、特にはづきの表情が変化して行く後半がまたとても観応えあって面白かった。
あの2人の距離感の変化と、その気持ちが滲む表情や姿がとても深く響いて来るものがある。
それがまた観終わった後にとても深い余韻を残してくれる。

個人的に好きな監督達の映画は90分位でまとめて来る方が多いので、これだけ凄い作品を観たら、菊地監督の映画を追い続けて行きたくなるね。

この作品は登場人物たちとそれを演じる役者さん達の素晴らしさは勿論の事、派手さはないけど、しっかりと丁寧に物語を描いて行く菊地監督のさりげない職人ぶりがとにかく素晴らしい、最高の映画。

そしてもたいさんや川瀬さん、渡辺さんと言ったある種安定の方々を観る楽しさは勿論ですが、萩原さんや久保田さんと言った方の初めて観るその素晴らしい演技や姿を観ていて嬉しくなる。
監督の職人的な素晴らしい演出と共に、俳優さん達それぞれの魅力をしっかりと感じられる素晴らしい作品。
今の所、河瀬直美監督の「光」と共にぶっちぎりで今年のベスト。

出来る事なら、上映期間中にもう一度観たいな。
観たらまた発見もあるのではないかと思うし。
何よりも映画を観る醍醐味がこの作品に詰まってると言っても良い位、文句無しに素晴らしい作品でした。
こころ

こころの感想・評価

4.0
映画館にて鑑賞しました!
人間模様が深いのにさっぱりしている感じがとても観やすかったです笑)
人にはそれぞれ悩みとか辛さがあって、今回は真反対の2人の女子高生がおばあちゃんとの関わりをきっかけに新しい繋がりをもちます。
この映画の良いところは決して観客に媚びてないもところ、良い話でまとめ上げてないところだと思います。ありきたりな日常の断片を一部見た、そんな感じの映画でした。