ハローグッバイの作品情報・感想・評価 - 17ページ目

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

3.9

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

ぺしん

ぺしんの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

女の子映画

良くも悪くも「邦画」って感じだ
劇的なシーンは少なく、
ゆったりと観ることができた
(おばあちゃん歩かせ過ぎなのはちと残酷ではあるが)

すぐ既読になるLINEと渡せなかった手紙
そんな対比を表現したかったのかな
それでこのタイトルなのかな
なんてことを考えている
うーむ
スタ

スタの感想・評価

3.7
書こうと思っても、見つからない。それでも何か満たされる。無理に感想を言わないと、という映画でもない気がする、とてもささやかな映画でした。

いろんな人がすれ違う階段。路地よりも特別な場所のような。
かよこ

かよこの感想・評価

4.6
秀作。
素晴らしい。

「いま」を生きる女子高生たちと、「過去」を生きるおばあちゃん。
そのやり取りや違いがなんとも素敵でした。

女子高生同士のあの関係性が、痛い。ひりひりする。
ごく狭い未熟な世界だ。経験した。

もたいまさこが凄い。
ふわふわ〜とした役柄の印象だったけど、こんなに凄い女優さんなんだね。
最後のピアノ青年の説明セリフが違和感あったので、そこだけ。マイナス0.4です。
dita

ditaの感想・評価

3.0
@第七藝術劇場
役者さんをこれからもその作品の役名で呼びたくなる作品がいくつかあって、どっちが久保田さんで萩原さんかも知らなかったけど、この二人のことは葵とはづきと呼び続けると思う。瑞々しくて可愛くて危うくて、この映画全体で二人の今を見守っている気がした。
古い青春映画の雰囲気と今の高校生のリアリティが上手く融合されていてよかったな。光の使い方も素敵で、葵を映すのに逆光が多かったのは彼女の心の影を表現したかったのかなと思った。主題曲は日本人の琴線に触れる旋律でこういうのを聴くとまたピアノ弾きたいなぁと思う。
個人的には階段ムービー。
映画のシーンに映る階段とか坂ってすごい魅力的だと思うんです。
これでもかってあるし、使われ方も印象的で素敵でした。
第七藝術劇場にて鑑賞
登場人物の描き方というか設定がステレオタイプ過ぎて、中身が薄くなってしまってるのは残念。まぁ、だからこそサクっと観るタイプの映画に仕上がっているという側面はありますが。
撮影時間はあまりなかったんだろうなって思いますが、その割にはいいショットが多くて、視覚的には楽しませていただきました。
下高井戸シネマにて。

作品全体が一曲で綺麗にラッピングされてて、おばあちゃんとその曲が出会うシーンがとても素晴らしかった。

1つ筋が綺麗に通ってる映画は、見てて気持ちがいい。

女のあっちとこっちで顔変えたりとか、外堀から埋めてく感じとか、やっぱりこわい。
「友達だよね」の一言のプレッシャーたるや。
楽しみに待っていた上映。
主演の若い2人が瑞々しく浮きがちになりそうなところを、ベテラン勢( もたいまさこさん・木野花さん・渡辺真起子さん)がグッと重りになって良いバランスだった。
渡辺シュンスケさんが演奏されてた、あのシーンがとても好き。
Rei

Reiの感想・評価

4.5
久々に「出会った」と思えた作品。
対称的な二人の女子高生も、大好きなもたいまさこさんも、みんな愛らしい。
素晴らしい監督にも出会え、感無量。
17/09/18 元町映画館にて

涙を堪える、
渡辺真起子の横顔に
涙しそうで。。

はづきちゃんと呼ばれた時の
照れ演技凄い。。
『丁寧な映画』でした..