ハローグッバイの作品情報・感想・評価 - 18ページ目

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

3.9

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

演技が吸い込まれた。表情とか綺麗に撮る。

まさか泣くとは思っていなかった。
ユーモラスな作品から一転の衝撃でした。
ant

antの感想・評価

3.0
序盤は、ちょっともさっとした進みでJKの乾いた友だち関係性から入り 、呆けの老婆をめぐる関わりから、世代を超えた孤独から刻む歩み、手紙と音楽が絡んだ終盤の一点には、ぐさっとやられた。(>︿<。) 台詞少なめJK役の二人の心情の変化の演技は、一本の映画としての成立に寄与してたな。+トークショー、片桐はいりのもぎりTalkは絵になるね。
ササ

ササの感想・評価

4.5
正直途中までキツかったけど、良い映画だった。
菊池監督、もたいまさこ、久保田紗友、片桐はいりのトークショー込みで楽しめた。
鮭

鮭の感想・評価

3.8
瑞々しい女優2人を邪魔せず、それでいて存在感たっぷり、さすがのもたいまさこ。貫禄。安定感。
主人公の2人、とてもとても良かったです。

菊池監督の映画は、ディアーディアーディアー以来2作目の観劇で、前作は詰め込み過ぎ感があって、観ていて少ししんどかったのが正直。
でもこのハローグッバイには、シンプルですっきりした、観やすさがありました。

だって今までもありそな設定。
学生生活にクサクサしている女子高生2人が、学校の中では関わらないけど、あるおばあさんと出逢ったことで距離を縮めていく。
王道。わたしの好きな少女漫画・女性漫画にありそうな雰囲気のはじまり。ベタ〜とは思いつつ、案の定引き込まれる。
さりげなさが強い脚本に、監督のクドさが入ったことで、すごく良い具合に、登場人物の感情の動きが表現されている感じがしました。

シュローダーヘッズ好きとしては、ワタナベシュンスケさんのピアノのシーンはたまりません。
音楽、とても良かった。

あの頃、早く大人になりたかったのに、今は思い出にしがみついている自分を、少し進ませようと思わせてくれる映画でした。
niino0217

niino0217の感想・評価

4.5
思い返す度、切なくもほっこりもさせられる。そして目頭熱くなる。素敵な映画と音楽に出会えて大満足。
kyoco

kyocoの感想・評価

5.0
音楽と思い出は切っても切れない仲だなぁと、良くも悪くも。
いくらボケても聴いた瞬間蘇る力がほんとにあるんだろうな。
エンドロールもしっかり号泣。
ありがちな設定をいくつか重ねることで、巧くリアリティに昇華させてた。
1時間そこそこの尺で程よく登場人物の心情を描き切ってる。
主人公女の子二人とも可愛くて、1人でどっちの子が可愛いか、鑑賞中ずっと競争させてた。引き分けた。
mmm

mmmの感想・評価

5.0
やっと福岡で上映してくれた!1週間限定は短すぎるけど観られてよかった〜〜

なんてったって、もたいまさこさん。
音楽も、テンポも、間も、映像も、終わり方も好みだった。

主演のお二人。ドラマで観て、注目はしていたけど、こんな素敵な演技ができるなんて!
涙とまんなかった〜〜

そして、
女子高生って大変。
SNSって怖い。


はづき。あおい。
ハローグッバイ。
keeko

keekoの感想・評価

3.5
2人のJKの言動と心の内のギャップ
もたいさん演じるおばあちゃんの苦悩

JK2人とおばあちゃんの珍道中
互いの心に寄り添えば…
3人の姿は
温かく、愛おしく、透明感が漂う

劇中にも何度も登場する主題歌がとても心地よかった


菊池監督に直接感想を伝えることがが出来た。
MoMiJi

MoMiJiの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

女子高生だった時を思い出した
こんな関係嫌だって、あおいとはづきのお互いの普段の人間関係で出せない2人が
どうでもいいただのクラスメートにありのままの感情をぶつけ合っていることでお互いに相手を認識するところがリアルだった

女の子の嫌なところ、人として優しいところ、なんともいえない押し付けられていない不自由さがリアル
それでもその人として最大限の寄り添いや思いやりがもがきながら行動に移されていて、ほっとしたし、2人ともしっかり者、凛としてるなと思った

おばあちゃんの大きな長い間の苦しみや辛さが年月を経て想いのある大切な宝物になっていたところに、この2人の若さが救われている